News

2014年4月2日(水)

G-Tuneちゃんの音声収録現場に突撃! 南條愛乃さんと小山剛志さんの生ボイスを堪能してきましたよ!

文:くろあん

 手頃な価格で購入できるマウスコンピューターのゲーミングPC・G-Tuneシリーズ。その10周年を記念して、壁紙やスクリーンセーバー、システム音声などを“G-Tuneちゃん”仕様にカスタマイズした新製品が計画されています。このシステム音声ですが、なんとGちゃん(じーちゃん)とTuneちゃん(ちゅーんちゃん)のオリジナルボイスが2種類ずつ収録されるんです!

 Gちゃんを演じるのは、ダンディでいぶし銀の渋さが魅力の小山剛志さん。そしてTuneちゃんのボイスは、卒倒しそうなほど声がかわいい、ナンジョルノの愛称でおなじみの南條愛乃さん! どちらも超有名&実力派のお2人です。この企画にかけるマウスコンピューターさんの本気度がうかがえますね。

 今回の記事では、このオリジナルボイスの収録現場を密着取材。さらに小山さんと南條さんへのインタビューも敢行しましたので、最後までお見逃しなく!

『G-Tune』 『G-Tune』
▲パソコン・パーツマニアで新製品に目がないGちゃん。▲ゲームが大好きなTuneちゃん。コンプレックスは低い身長と小さい胸。

■小山さんのダンディボイスに女性スタッフが大はしゃぎ!

 まずは小山剛志さんの収録現場に突撃です。小山さんと言えば、最近だと『ビーストサーガ』のキラーシャークや『銀の匙』の御影豪志(御影アキの父親)などが有名な役どころ。ちょっとコワモテな雰囲気にマッチした、ダンディでよく通る渋い声は、女性ファンの心をわしづかみにしているとか。そのためか、同席したマウスコンピューターのスタッフも女性が多かったような……?

『G-Tune』
▲小山さんの収録風景。セリフに合わせて表情も変化するほど熱が入っています。

 小山さんが演じるのは、もちろんGちゃん! Gちゃんは、マッチョで渋い見た目とは裏腹に、気弱で優しい性格なのです。演じるのがなかなか難しそう……。

 収録するGちゃんの声は、ノーマルバージョンのGちゃんと、テンションが上がって若返ったGちゃんの2パターン。最初にいくつかのセリフをテストで読み上げ、その後に本番となります。セリフテストではあまりの完璧さに、スタジオの女性スタッフから「カッコいい……」と感嘆の声が上がりました。男性の私もキュンとしちゃうくらい、本当にかっこよかったです。小山さんのような渋い声なら、女性だけでなく男性も虜にしてしまいますよネ!

■小山さんにG-Tuneちゃんの魅力を語ってもらった!

――最初に、Gちゃんを演じた感想をお聞かせください。

小山剛志さん(以下小山):ビジュアル的な面などを含めて、僕が「将来はこうなりたい」という雰囲気だったので、わりと自分っぽさを前面にだした感じですかね。あまり役作りとかはせずに、「自分が爺ちゃんになったらどんな感じなんだろう」という風にやりました。こんなお爺ちゃんになれたら、カッコいいですよね。

『G-Tune』

――今回の収録で、特に気をつけた点はありますか?

小山:いつものGちゃんと、若返ったGちゃんの演じ分けですかね。Gちゃんは、ある意味で達観したところにいるのを意識した感じですかね。僕もいずれ、こんなお爺さんになりたい(笑)。

――GちゃんはPCパーツマニアで、新製品に目がないという設定があるのですが、小山さんご自身は何か新しいものに目がないものってありますか?

小山:特にこだわりはないですね。ただ、ケータイとかは変えるかなぁ。

――ケータイとかのガジェットはお好きですか?

小山:いやぁ、そういうことはないのだけれど。でも、今までコレ(ケータイ)がない世界で生きてきたんですよね。この便利さを知ってしまったから、失ったときの不自由さとか、空しさを若干感じますね(笑)。

――ご自分のiPhoneで、ゲームなどをやられる機会はありますか?

小山:基本はTwitter用ですね。それと調べ物ですとか。あとは、よっぽど時間が空いたときにアプリで麻雀とか、花札はやってますけど(笑)。

――麻雀がお好きなんですね。

小山:そうですね。最近ですと『桃色大戦ぱいろん+』なんかも遊びました。まあ、ほぼリアルの麻雀をやってますが。

――小山さんは、何かゲームにまつわる昔の思い出などはありますか?

小山:『スペースインベーダー』が出た頃、僕はまだ小学生か中学生ぐらいでしたが、もうくそハマりましたね(笑)。少しずつゲームセンターが出来始めた頃で、いろんなのがありました。『ギャラガ』とか『ギャラクシアン』、『ディグダグ』、『マッピー』とか、もちろん『パックマン』も。あの頃が、一番ゲームを遊んだ時期じゃないかな。駄菓子屋の隣に筐体が置いてあったりして、よく行ってましたよ。あとは、プレステでも結構遊んでたかな。

――PSだと、どんなゲームをよく遊んでいましたか?

小山:アクションゲームが多かったですね。『三國無双』とか、最近だと『龍が如く』だとか。昔は『スペースインベーダー』が最高でしたけれど、最近のゲームは本当にリアルになってすごいですよね。これからも、画面から飛び出してくるとか、どんな進化を遂げていくか楽しみにしたいところです。

――今回の収録で、印象に残ったセリフはありましたか?

小山:「今日は月曜日じゃ」みたいに、曜日を知らせてくれるセリフがいいですね。Gちゃんのシステム音声を使う人は、毎日違うセリフを聞くことになるんだなと。これはなかなか親切じゃないかな。

――次にPC関連の質問です。初めてPCに触ったのはいつ頃でしょうか?

小山:最初は、15年以上前に発売されたディスプレイ一体型のiMACだったんですよ。なので、パソコン歴は長いですね。

――今でもMACを使っていらっしゃるのでしょうか?

小山:今はWindowsです。

――PCに慣れるまでに苦労された点はありますか?

小山:キーボードの打ち方が本当に苦労しました。最初は、指1本で1つずつキーを押していましたね。もう20年近く経ったので、今ではだいぶマシになったと思いますが。

――こんな機能があったらいいな、こんなPCがあったらいいなといった希望はありますか?

小山:今はPCでいろんなことができるから、そんなに不自由を感じたことはないですね。うーん、難しい。なんか今以上に未来へ進むと、それこそ自分の意思を持ったコンピューターとか出てきちゃうかもしれない。そうなると怖いので今のままでいいかなと(笑)。

――最後に、ファンの皆さんにメッセージをお願いします。

小山:この素敵なGちゃん、そして可愛い南條さんのやっているTuneちゃん。このナイスなコンビで、ゆくゆくはアニメ化、そして劇場版(笑)。そういう壮大な夢を描きつつも、皆さまに愛されるキャラになっていければ幸いです。

――ありがとうございました。

→続いて、南條愛乃さんの収録現場へ!(2ページ目へ)

Copyright (C) MouseComputer CO.,LTD. All Rights Reserved.

1 2

データ

関連サイト

関連記事

注目記事

アイコン別記事一覧

※クリックすると、ソートされた記事一覧に移動します。