News

2014年3月28日(金)

『ストライク・ザ・ブラッド』第24話“暁の帝国篇II”の先行カットを公開! さらに最終回のアフレコを終えた細谷佳正さんたち声優陣のコメントも

文:てけおん

『ストライク・ザ・ブラッド』

 現在放送中のTVアニメ『ストライク・ザ・ブラッド』。その最終回となる第24話“暁の帝国篇II”のあらすじと先行カット、そしてをアフレコを終えた声優陣のコメントをお届けする。

 本作は、三雲岳斗先生の小説『ストライク・ザ・ブラッド』のアニメ化作品。伝説の中にしか存在しないはずの世界最強の吸血鬼“第四真祖”である少年・暁古城(あかつき こじょう)と、その監視および抹殺の任務を帯びた“剣巫(けんなぎ)”の少女・姫柊雪菜(ひめらぎ ゆきな)を軸にした“学園アクションファンタジー”だ。第24話のあらすじは以下の通り。

第24話“暁の帝国篇II”

 雪霞狼を失った雪菜の元に、獅子王機関からの帰還命令が届いたのも束の間、竜脈を食らう魔獣によって絃神島の崩壊が進んでいた。

 1人魔獣の元に駆けだす古城。そして雪菜は自分の気持ちを押し殺したまま、古城の元に向かえずにいた。そんな雪菜の背中を押したのは、雪菜にそっくりのあの少女だった。

 絃神島の運命は。そして雪菜の想いは古城に届くのか? “暁の帝国”篇、ここに完結――!

『ストライク・ザ・ブラッド』 『ストライク・ザ・ブラッド』
『ストライク・ザ・ブラッド』 『ストライク・ザ・ブラッド』 『ストライク・ザ・ブラッド』
『ストライク・ザ・ブラッド』 『ストライク・ザ・ブラッド』

■『ストライク・ザ・ブラッド』アフレコを終えた声優陣からのコメントをお届け!

『ストライク・ザ・ブラッド』

<コメントをいただいた声優陣>

■暁古城 役:細谷佳正さん
■姫柊雪菜 役:種田梨沙さん
■藍羽浅葱 役:瀬戸麻沙美さん
■矢瀬基樹 役:逢坂良太さん
■暁凪沙 役:日高里菜さん
■煌坂紗矢華 役:葉山いくみさん
■南宮那月 役:金元寿子さん
■叶瀬夏音 役:伊藤かな恵さん

――『ストライク・ザ・ブラッド』のアフレコを終えたご感想をお願いします。

細谷さん:さびしくなりました。楽しい時間が1つ終わったのだなと、さびしくなりました。

種田さん:全24話、長いようでアっという間でした。ストーリーが進むにつれてキャラクターたちが親密になっていくと同時に、キャストのチームワークもどんどんよくなっていき、本当に最後まで心地よい緊張感と楽しさの中でアフレコをさせていただけました。

 雪菜は、バトルシーンなど今まであまり挑戦することのなかったシーンも多く、役者として勉強になることもとても多かったです。正直なところ、今はまだ雪菜を演じ続けたい気持ちでいっぱいです!

瀬戸さん:素敵なメンバーに囲まれて、とても楽しい収録でした。2クールがアっという間のように感じますが、しっかり深い時間を過ごせたと思います。

逢坂さん:他のキャストの方と最終話まで一緒に走ることができて、本当にうれしいです。和気あいあいとした現場だったのでいい思い出しかありません。

日高さん:アっという間でしたね。そしてとにかく楽しい現場でした! ただキャスト陣が仲よしなだけではなく、学ぶことの多い現場でもありました。

葉山さん:本っ……当にアっという間でした! 現場の雰囲気がすごくよく、チームワークもバッチリだったので、もうアフレコがないのかと思うとさびしい気持ちでいっぱいです。紗矢華を演じる機会がまたあればと、心から思います!

金元さん:毎回、学校みたいなにぎやかな雰囲気の現場で、本当に楽しかったです。約半年間、作品と関わっていられて、幸せな時間でした。その分、終わってしまうことがとてもさびしく感じています。

伊藤さん:キャスト・スタッフともに仲がよくてとても居心地のいい現場でした。終わってしまうのですね。もっと夏音を演じていたかったです。

――最終回を終えて、あらためてご自身が演じたキャラクターについての感想(またはキャラクターへのメッセージ)をお願いします。

細谷さん:古城くんにもですが、この作品に対して、自由と楽しさを教えてくれてありがとうと思っています。ありがとう。

種田さん:雪菜は特殊な境遇で育った女の子でありながら、本当に純粋でまっすぐな性格の、理想のヒロインでした。戦うかっこいいヒロインというだけでなく、不器用で感情がすぐ表に出てしまうカワイイ一面もあって、演じているうちにどんどん好きになってしまいました。私が古城くんだったら間違いなく恋しちゃってると思います(笑)。

瀬戸さん:彼女は、乙女心と技術者としてのかっこよさの両面を持ち合わせているので、その変化を楽しんでいました。アニメをご覧くださった皆様にも伝わっていたらうれしいです。

逢坂さん:監視者という役目だったので表立って活躍することはなかったのですが、陰ながら支える矢瀬は本当にかっこいい男だなと思いました。

日高さん:よく凪沙と似ていると言われますが、わたしは凪沙のように料理はできないので見習って料理がんばります! 凪沙ー! 古城君と仲よくね。大好きです!

葉山さん:紗矢華はとても魅力的なキャラクターで、素直になれないところや、凛々しい姿、かわいらしい部分、いろんな魅力を全部表現したい! という気持ちでアフレコに臨んでいました。誰よりも私が一番紗矢華を愛していると思います!

金元さん:那月先生は、クールで謎めいたキャラクターではありますが、途中から、古城や生徒たちと関わることに楽しみや、暖かい気持ちを持っているのでは? と思うようになりました。ただ、表には出しませんが。そして、なんだかんだいって、面倒見がいい素敵な先生です。

伊藤さん:夏音の最初の印象は“守ってあげたい子”だったのですが、演じていて印象が変わっていきました。とても芯の強い子だと感じました。

――23話・24話はオリジナル回(“暁の帝国”篇)となりますが、見どころや印象深いエピソード等の紹介を、ネタバレにならない範囲でお願いします。

細谷さん:ちょうど、最終回の収録日が自分の誕生日の前日でして、この仕事を始めてから、初めて現場でスタッフ、キャストの方々から誕生日を祝っていただきました。プレゼントと皆さんからのメッセージをいただきまして、本当にありがたく、感動的な誕生日と最終回を迎えることができてうれしかったです。

 大雪に見舞われ、移動もままならない状況でしたが、本当にいい意味で記憶に残る32歳の誕生日を迎えられて、幸せでした。

種田さん:こちらの2話は原作本編にはないオリジナルエピソードなんですが、キャストの間でも話題となった新キャラクターが出てきたり、雪菜に新たな災難が降りかかったりと、今まで見てくださった方にはたまらない展開となっています。エピソードタイトルの“暁の帝国”の意味なんかにも注目して見てください!

瀬戸さん:2話分を使ってオリジナルストーリーとなっておりますが、私は「えっ? どっち?」というのが感想です(笑)。最終話にして新キャラクター登場ですので、お見逃しなく!

逢坂さん:今回は学園内での展開が多いのですが、久々に学生時代を思い出してなつかしい気分になりました。原作に負けないぐらいのおもしろいオリジナル回になっていますので、ぜひ楽しんでください。

日高さん:オリジナル回ということでビックリ! なキャラクターが登場します。かっこいいシーンはもちろん、ドキドキハラハラしてしまうシーンなどもありますので楽しみにしていてください!

葉山さん:『ストライク・ザ・ブラッド』の登場人物は、皆なにかに迷ったり、立ち止まったりということはなく、常に前に進んでいくという印象でしたが、“暁の帝国”篇はそこがいつもと少し違います。あと紗矢華は、やっぱり雪菜が何よりも大事なんです!

金元さん:新しいキャラクターも登場するのですが、えっ、本当? と思うような驚きの設定のあるキャラクターです。皆さんもきっとびっくりするはず! そして、バトルもかっこいいです!

伊藤さん:暁の帝国ってどゆこと!? って見終った後に思うのではないでしょうか。そんな内容です!(笑)

――『ストライク・ザ・ブラッド』ファンの皆様へ、メッセージをお願いします。

細谷さん:最後まで応援していただき、本当にありがとうございました。この作品に関わる、ラジオやイベント、すべての事柄に対してただただ楽しんで関わることができて、本当に幸せでした。

 『ストライク・ザ・ブラッド』ファンの皆様の温かさ、ノリのよさをイベントで感じ、いい現場に関われたなとうれしく思いました。ファンの皆様には、ただただ感謝しかありません。本当にありがとうございました!

種田さん:アニメの収録は終わってしまいましたが、原作はまだ続いていますし、解き明かされていない謎も残っています。私も『ストライク・ザ・ブラッド』の一ファンとして今度の展開に胸をときめかせているので、皆さんも一緒に『ストライク・ザ・ブラッド』を応援し続けてくださるとうれしいです!

瀬戸さん:『ストライク・ザ・ブラッド』、楽しんでいただけていますでしょうか? 迫力の戦闘シーン、女の子たちのかわいいシーンなど、最終回までぜひご覧ください!

逢坂さん:アニメを最後まで応援してくださって、本当にありがとうございます。皆さんのおかげで僕たちは最後まで走ることができたと思っていますので、これからも原作ともども愛してくださるとうれしいです。本当にありがとうございました!

日高さん:いつも応援していただき、ありがとうございます。アっという間に最終回ということでちょっぴりさびしいですが、ぜひ最後まで見てください! 原作もありますし、これからも『ストライク・ザ・ブラッド』の応援をよろしくお願いします。

葉山さん:いつも応援ありがとうごさいます!長かったようでアっという間だった半年間。紗矢華とともに精一杯駆け抜けてきました。最終回がさびしくて仕方ありませんが、最後まで思いっきり楽しんでらえたらうれしいです!

金元さん:今まで、応援してくださって本当にありがとうございます。個人的に、今まで演じたことのない役どころを演じさせていただいたりと、すごく楽しい現場でした。アニメは最終回を迎えますが、原作はまだまだ続いています。謎も残っていますし、この先の展開が楽しみです。また、那月ちゃんを演じられる場があればうれしいです。本当にありがとうございました。

伊藤さん:とても繊細で芯の強い女の子、夏音を演じさせていただきました。放送的には残りわずかなのですが、また皆さんにお逢いできることを信じています。原作ともどもこれからも応援よろしくお願いいたします。

■TVアニメ『ストライク・ザ・ブラッド』
【放送情報】
 TOKYO MX……毎週金曜 24:30~25:00
 MBS……毎週土曜 27:28~27:58
 CBC……毎週水曜 26:38~27:08
 BS11……毎週金曜 24:30~25:00
 AT-X……毎週金曜 23:30~24:00

 ニコニコ生放送……毎週木曜 23:00~
 ニコニコ動画……毎週木曜 23:30~
 dアニメストア……毎週金曜 12:00~
 バンダイチャンネル……毎週木曜 12:00~
 Show Time……毎週金曜 12:00~

【スタッフ】(※敬称略)
 原作:三雲岳斗(電撃文庫『ストライク・ザ・ブラッド』アスキー・メディアワークス刊)
 原作イラスト:マニャ子
 監督:山本秀世
 チーフディレクター:佐野隆雄
 シリーズ構成:吉野弘幸
 キャラクターデザイン:佐野恵一
 アニメーション制作:SILVER LINK./CONNECT

【出演声優】(※敬称略)
 暁古城:細谷佳正
 姫柊雪菜:種田梨沙
 藍羽浅葱:瀬戸麻沙美
 暁凪沙:日高里菜
 矢瀬基樹:逢坂良太
 南宮那月:金元寿子
 煌坂紗矢華:葉山いくみ
 ディミトリエ・ヴァトラー:小野友樹
 叶瀬夏音:伊藤かな恵
 仙都木優麻:内山夕実
 他

■BD/DVD『ストライク・ザ・ブラッド』第1巻&初回生産限定版>収録内容
【収録話】
・第1話~第3話

【初回生産限定版特典】
・アニメ版権描き下ろしイラスト使用特殊ケース(デジパック仕様+三方背クリアケース)
・原作書き下ろし特典小説
・特典CD(オリジナルサウンドトラックvol.1)
・特製ブックレット(12P)

【特典】
・ノンテロップOP&ED
・オーディオコメンタリー(第1話:細谷佳正&種田梨沙)

(C)三雲岳斗/アスキー・メディアワークス/PROJECT STB

データ

▼BD『ストライク・ザ・ブラッド』第1巻
■販売元:ワーナー・ホーム・ビデオ
■発売日:2014年1月29日
■希望小売価格:8,400円(税込)
 
■BD『ストライク・ザ・ブラッド』第1巻の購入はこちら
Amazon.co.jp
▼DVD『ストライク・ザ・ブラッド』第1巻
■販売元:ワーナー・ホーム・ビデオ
■発売日:2014年1月29日
■希望小売価格:7,350円(税込)
 
■DVD『ストライク・ザ・ブラッド』第1巻の購入はこちら
Amazon.co.jp

関連サイト

関連記事

注目記事

アイコン別記事一覧

※クリックすると、ソートされた記事一覧に移動します。