News

2014年4月7日(月)

カイムと赤き竜の新たな関係を描く小説『DOD1.3』に秘められた謎とは? 『ドラッグ オン ドラグーン3』 設定資料集を先行公開【電撃DOD3】

文:TDB

『ドラッグ オン ドラグーン3』の購入はこちらから

Amazon.co.jp

 4月10日にKADOKAWA/アスキー・メディアワークスから発売される『ドラッグ オン ドラグーン3 設定資料集+ザ・コンプリートガイド』。その発売カウントダウン特別企画として、本書の内容を先行公開していきます。今回は設定資料集パート“#6:発掘された文献記録”の見どころについて解説!

『ドラッグ オン ドラグーン3 設定資料集+ザ・コンプリートガイド』

■『DOD3』の物語から派生した『DOD1』の異説である『DOD1.3』とは?

 本書のメインコンテンツの1つといえるのが、今回紹介する“#6:発掘された文献記録”です。『DOD3』のクリエイティブ・ディレクターであるヨコオタロウさんと、テーマソング『クロイウタ』を歌い上げた藍井エイルさんの対談から始まるこの企画。対談では『クロイウタ』の誕生秘話やヨコオさんと藍井さんの共通点、開発者とファンによる意見交換など、密度の濃いトークが繰り広げられています。

 おっと、ページをお見せする前にあらかじめご報告を。この対談や小説パートには重大なネタバレが多数含まれているため、ページ中の文字をぼかしたり、モザイクを入れたりしています。『DOD3』のみならず、シリーズ全体に関する情報も詰まっているので、本の発売前には世に出せないことをご了承ください。

『ドラッグ オン ドラグーン3 設定資料集+ザ・コンプリートガイド』
▲『DOD』シリーズの熱狂的なファンである藍井さんだけに、ヨコオさんへの質問も実に的確! ヨコオさんのモノづくりの姿勢から、『DOD3』の物語に秘められた謎まで、ガンガン突っ込んで聞いてくれています。

 小説で語られる『DOD1.3』は、ヨコオタロウ氏がゲーム制作用に構想してあったもの。時系列的にシリーズで最も古い時代を舞台としている『DOD3』では、特異点であるゼロの行動で世界が複数に分岐し、それぞれ異なる結末を迎えました。そして、この分岐現象が発生したことによって、後の世界の流れも大きく変化することになるわけです。

 今回収録した『DOD1.3』は、PS2で発売されたシリーズ1作目『DOD1』と同じ時間軸の物語。登場人物こそほとんど同じですが、各人物の役割や物語の結末そのものはまったく異なるという、文字通りの“異説”となっています。

 『DOD3』から派生した“もう1つの『DOD1』”という位置づけとなる『DOD1.3』の世界を描くのは、ヨコオさんご自身はもちろん、映島巡さん、名取佐和子さん、菊地はなさん、松下彩季さん、白本奈緒さんら『DOD』シリーズに縁の深い実力派作家陣。

 “契約”の存在しない世界で出会うカイムと赤き竜はいったいどのような関係を結ぶのか。そして、フリアエやイウヴァルトといった『DOD1』の重要人物たちにはどのような役割が与えられているのか。結末まで目が離せません。

『ドラッグ オン ドラグーン3 設定資料集+ザ・コンプリートガイド』
▲小説の原案は、すべてヨコオタロウ氏が手掛けてくれています。ヨコオ氏いわく、『DOD3』から連なる物語となるこの『DOD1.3』は、外伝などのあつかいではなく、ナンバリング・タイトルとしてとらえているとのこと。

 もちろん、物語としては完全に独立しているので、『DOD1』を知らない人でもしっかり楽しめる内容に仕上がっています。担当編集者としては、『DOD1』を知らない方がこの『DOD1.3』を読むことで興味を抱き、ゲームを遊ぶといった“逆輸入”現象が起こったりするとうれしいですね。

『ドラッグ オン ドラグーン3 設定資料集+ザ・コンプリートガイド』
▲モザイクまみれでごめんなさい! シリーズ全体を通じた年表なんかもあるので、ちょっとここでは見せられぬ! でも見せたい! そんな葛藤の末のモザイクです。

 作家陣の皆様が熱を込めて執筆してくれたこともあり、当初想定していた以上のボリュームとなったこの『DOD1.3』。いずれも完成度が高く、内容をケズることはしたくなかったため、正直なところ文字はやや小さめにさせてもらいました。その分、ものすごく濃密なコーナーになっていると思います。

 なお、以前の記事でもお伝えしたとおり、この小説の挿絵イラストは藤坂公彦氏の手によるものとなっています。見ればより深く『DOD1.3』の世界観に浸れるかと思いますので、こちらもぜひお楽しみに。

『ドラッグ オン ドラグーン3 設定資料集+ザ・コンプリートガイド』
▲作家陣の皆様は、いずれも締め切りギリギリまで粘りに粘ってクオリティを高めてくれました。ボリュームはかなりのものですので、みなさんじっくりと時間をかけてお読みいただければ。

→設定資料集パートのギャラリーコーナーの内容紹介はこちら!
→設定資料集パートのキャラクター考察コーナーの内容紹介はこちら!
→設定資料集パートの設定用語集やワールドガイドの内容紹介はこちら!
→完全攻略本パートの内容紹介はこちら!


[CHECK]Twitter用パーツなど、『DOD3』特製ファンキットを無料配布中!

 4月10日発売の『ドラッグ オン ドラグーン3 設定資料集+ザ・コンプリートガイド』の特集ページでは、本書の紹介用としてTwitter用パーツや特製バナーがセットになった『DOD3』特製ファンキットを無料配布中。主要キャラクターのイラストを使ったTwitterアイコンやキャラクターバナーも用意しているので、ぜひ気軽にご利用ください!

⇒『DOD3』特製ファンキットを無料配布している特集ページはこちら

『ドラッグ オン ドラグーン3 設定資料集+ザ・コンプリートガイド』
▲Twitter用パーツや特製バナーを無料配布中!

(C)2013 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.
Character Design : Kimihiko Fujisaka.

データ

▼『ドラッグ オン ドラグーン3』
■メーカー:スクウェア・エニックス
■対応機種:PS3
■ジャンル:ARPG
■発売日:2013年12月19日
■希望小売価格:7,600円+税

Amazon.co.jp で詳細を見る

▼『ドラッグ オン ドラグーン2 -封印の紅、背徳の黒-(アルティメットヒッツ)』
■メーカー:スクウェア・エニックス
■対応機種:PS2
■ジャンル:ARPG
■発売日:2008年9月4日
■希望小売価格:2,800円+税

Amazon.co.jp で詳細を見る

▼『ドラッグ オン ドラグーン(アルティメットヒッツ)』
■メーカー:スクウェア・エニックス
■対応機種:PS2
■ジャンル:ARPG
■発売日:2008年9月4日
■希望小売価格:2,800円+税

Amazon.co.jp で詳細を見る

▼『ドラッグ オン ドラグーン3 設定資料集+ザ・コンプリートガイド』
■プロデュース:アスキー・メディアワークス
■発行:株式会社KADOKAWA
■発売日:2014年4月10日
■定価:本体2,300円+税
 
■『ドラッグ オン ドラグーン3 設定資料集+ザ・コンプリートガイド』の購入はこちら
Amazon.co.jp

関連サイト

関連記事

注目記事

アイコン別記事一覧

※クリックすると、ソートされた記事一覧に移動します。