News

2014年5月27日(火)

【Ameba声優インタビュー】『ガールフレンド(仮)』 夏目真尋役 茅原実里さん

文:電撃オンライン

▲電撃オンライン声優インタビューのまとめはこちら

■人気声優へインタビューを行う連載コーナー

 Ameba×電撃オンライン×ファミ通Appで贈る、『ガールフレンド(仮)』&『ボーイフレンド(仮)』に出演する声優陣にインタビューを行う長期連載コーナー。

 今回は、『ガールフレンド(仮)』で夏目真尋役を演じる茅原実里さんのインタビューをお届けしていきます。

【Ameba声優インタビュー】『ガールフレンド(仮)』
【Ameba声優インタビュー】『ガールフレンド(仮)』

Q1.声優を目指したキッカケは?

 子どもの頃からいろんな夢を持っていましたが、高校生の頃から本気で歌手を目指していました。しばらく独学でオーディションを受けたりしていたのですが、基礎的な歌の勉強がしたくなって養成所に入ったんです。でも、あまりチャンスに恵まれず、もうすぐ卒業という時期に、養成所に声優コースが開講されることになって。お世話になっていたスタッフの方から「茅原の声質やキャラクター性は声優に向いているかもしれない」と言われたんです。お芝居の勉強をしたらもっと表現の可能性が広がるかもしれないよと、背中を押していただいたんです。最初はすごく迷いましたが、せっかくのチャンスだし、挑戦してみよう! という気持ちになりました。それから3年ほど歌と声優の勉強を続けていき、「もうこれに落ちたら諦めよう」と心に決めて受けたTVアニメ『天上天下』のオーディションに合格して、声優デビューすることになったんです。今思うと、きっと運命だったんだろうなって思います。私自身も子どもの頃はかなりのアニメ好きで、放送されているものは何でも見たり、キャラソンを買ったりもしていました。聴き手がキャラクターの歌声に感動する気持ちをよく知っているので、キャラソンを歌えることは声優としての喜びの1つですね。

Q2.さまざまなキャラを演じる時に心掛けていることは?

 原作があったら、まず読み込みますね。作品の世界観や、自分が演じるキャラクターのヒントがたくさん描かれているので、その1つ1つを噛み砕きながら自分なりに解釈していくところからスタートします。それから、アフレコの現場に行ったら、監督をはじめ制作にかかわっている方々が何を求めているのかを知ろうとします。基本的に自分からいろいろなことを提案するというよりは、求められているものに沿えるように、というスタイルでやっていますね。あとは、そのキャラクターの幸せが何なのか? それは大切にしなければいけないな、といつも思っています。真尋ちゃんの場合は、自分との共通点もあって演じやすかったです。私はパッと見、天真爛漫な感じに映るタイプだと思うんですけど、実際はすごくシャイで不器用なので、その辺が真尋ちゃんと似ているなぁ……って思っていました。それと、きなこもち! 真尋ちゃんの好きな食べ物がきなこもちで、私もチロルチョコのきなこもち味が大好きなんですよ~(笑)。それともうひとつ! 真尋ちゃんは春宮つぐみちゃんと仲よしなんですけど、つぐみちゃんを演じている(高垣)彩陽と私も仲よしなので、それがすごくうれしくて! だから自然に感情移入できるし、真尋ちゃんは演じていて楽しいです。

Q3.もし声優じゃなかったら何をしていたか?

 うーん、普通に結婚してお母さんになっているような気がしますね。もう子どもも2、3人いて(笑)。昔から家族を持つことにすごく憧れていたんですよ。だから、このくらいの年になったら結婚して、子どもがいて……って、大体自分のお母さんと重ね合わせながらイメージしていたので……。あと、小学生の頃はずっとマンガ家になりたかったんです。3年生くらいからマンガを描き始めて……当時は交換日記が流行っていたんですが、“交換マンガ”を友だちとやっていました。高学年の頃になるとノートにマンガを描くのにもだんだん飽きて、文房具屋さんでGペンとか丸ペンとかの画材をいろいろそろえて。おこづかいは全部スクリーントーンにつぎ込んでいました(笑)。ホント、中学3年生までずーっとマンガばっかり描いていましたね。内容は恋愛モノでしたが、大人になって読み返すと、もうワケがわからないストーリーなんですよ!(笑) でも当時はこれでデビューできると思って投稿していましたからね。落選した時はかなりショックを受けました……。もし今マンガを描くならほのぼの系の動物モノかな? ……その理由は“トラウマ”にあるんです。この仕事をしているとイラストを描く機会が多いんですよ。それで他の声優さんの絵がうますぎて驚愕したことがあるんです。それ以来自信を喪失してしまって、もう人物は描きたくないんです(笑)。

Q4.【サイコロトーク】はまっていること

⇒この話の続きは、Ameba声優ページで!

Q5.ファンに向けたメッセージ

 かわいいキャラクターが数えきれないほど登場するゲームなので、きっと誰を選ぼうか悩んでしまいますよね? どの子を選んでいいか迷ってしまったら、ぜひ真尋ちゃんをよろしくお願いします! これから先もいろいろなカードが増えて、新しいボイスも聴けると思いますので、引き続き楽しんでいただけたら幸いです。Amebaさんのページを見ればすぐにわかるんですが、私は今ある物にハマっていまして。そのうち真尋ちゃんも私と同じようにハマっていたらおもしろいな、と思っています(笑)。でも、真尋ちゃんには必要はないかなぁ……。もしかすると、つぐみちゃんに誘われて一緒にスポーツでも始めているかもしれませんね! 仲よしのつぐみちゃんとの絡みもいろいろ出てきたらすごく楽しそう。新たな展開が見られるように、これからも応援していただけたらうれしいです。

【Ameba声優インタビュー】『ガールフレンド(仮)』

(C)Cyber Agent,Inc.All Rights Reserved.

データ

関連サイト

関連記事

注目記事

アイコン別記事一覧

※クリックすると、ソートされた記事一覧に移動します。