News

2014年4月17日(木)

選択の過ち=誰かの死。『ハーレム天国だと思ったらヤンデレ地獄だった。』は選択肢の多くがバッドエンドに直結

文:皐月誠

『ハーレム天国だと思ったらヤンデレ地獄だった。』の購入はこちらから

Amazon.co.jp

 日本一ソフトウェアは、4月24日に発売するPS3用ソフト『ハーレム天国だと思ったらヤンデレ地獄だった。』から、ゆるキャラ“いざえもん”に関するイベントや、バッドエンドについての新情報を公開した。

『ハーレム天国だと思ったらヤンデレ地獄だった。』

 『ハーレム天国だと思ったらヤンデレ地獄だった。』は、日本一ソフトウェアが手掛ける完全新作の美少女アドベンチャーゲーム。“郷土歴史研究会”という同好会を行う高校生たちによる、ゆるキャラ製作を中心としたドラマと、そこから始まる惨劇が描かれる。キャラクターデザインは緋色雪さん、シナリオは小林且典さん(企画屋)が担当する。

■いざえもん

 いざえもんは、主人公・如月優也たちが郷土歴史研究会を解体の危機から救うべく、地元の土地神である犬の神さまをモチーフとして製作したゆるキャラ。デザインは神無、作成は佐優理、“中の人”は陽佳が務める。学園祭に向けて絵に描いたような青春を過ごす前半パートも、町内で凄惨な事件が続発する後半パートも、その中心にはいざえもんの姿が存在する。

『ハーレム天国だと思ったらヤンデレ地獄だった。』 『ハーレム天国だと思ったらヤンデレ地獄だった。』
▲優也が副部長を務める郷土歴史研究会。生徒会から「文化祭で何か成果を出さないと部室を取り上げる」と宣告されてしまう。▲“文化祭が始まる前から宣伝を行えば他よりも目立つ”と考えた優也たちは、宣伝用ゆるキャラの製作に着手する。
『ハーレム天国だと思ったらヤンデレ地獄だった。』
▲各位の尽力が功を奏し、徐々に知名度を上げていくいざえもん。
『ハーレム天国だと思ったらヤンデレ地獄だった。』 『ハーレム天国だと思ったらヤンデレ地獄だった。』
▲学園祭本番でも、いざえもんは大いに活躍!▲市役所の職員・夕月香也子は、「地元のために活動してみませんか」と郷土歴史研究会を誘う。さらに活動の幅が広がるかと思われたが……。
『ハーレム天国だと思ったらヤンデレ地獄だった。』
▲いざえもんの着ぐるみを着用した何者かが凶行に走り、物語は急展開を迎える。そして優也は疑心暗鬼の渦へ飲み込まれていく。

~後半パート プロローグ~

最初は、トマトジュースを派手にこぼしたんだと思った。
他の可能性なんて考えられないし、絵の具は置いていない。

だけど、鉄の臭いが違和感としてあった。
トマトとは似ても似つかない生臭さが充満し、思わず鼻を摘まんでしまった。

そして、視線は控え室の奥へと向けられた。

「……そんな……何故……」

日常から逸脱したものは、そうと認識できない。たとえ最悪の事態を想定していたとしても、俺たちには経験が足りない。
人の生き死になんて、物語の中でしか見ていないんだから。

そこにはあった。
血溜まりの中で沈み、物言わぬ亡骸と化した人間が。
服は真っ赤に染まって、まるで最初からその色だったようで。

どうしてか分からないけど、身体が定期的にびくんびくんと跳ねたりしてて。

そして、そして――

その傍らには、包丁を持った着ぐるみが、首をゆらゆらと揺らせて佇んでいて。

何もかも現実味がない。

大勢が行き来していたのにとか、
どうして誰も気づかなかったのかとか、
そんなことは考えられなくて。

着ぐるみの中に誰が入っているとか考える間もなく。
ただ喉が乾いて、何も言葉が出てこなくて、息が荒くなるばかりで。

そして――

『ハーレム天国だと思ったらヤンデレ地獄だった。』
『ハーレム天国だと思ったらヤンデレ地獄だった。』 『ハーレム天国だと思ったらヤンデレ地獄だった。』
▲凶器を振るういざえもん。黒ずんだ身体の血痕からは、最初の事件からの時間経過が伺える。それぞれ鈍器、包丁、ハサミと、凶器の異なる点も気になるが……?
『ハーレム天国だと思ったらヤンデレ地獄だった。』
▲いざえもんは町に古くから伝わる犬の神さまをモチーフとしているが、後半の惨劇はまさか祟りのせいなのだろうか。

■バッドエンド

 学園ラブコメ然とした前半から一転、サイコサスペンス調となる後半では、物語を分岐させる選択肢の多くが誰かの死(バッドエンド)に直結している。今回、以前紹介したイベントCGがバッドエンドのものであること、そして当該シーンの一部シナリオが公開された。

『ハーレム天国だと思ったらヤンデレ地獄だった。』

●有末陽佳の場合

異様な光景が広がっていた。
人が真っ赤に染まった床に倒れ込んでいる。

例外なくその手足は曲がってはいけない方向に折れ曲がり、ぴくりとも動かない。
頭は陥没し、得体の知れない何かが見えている。
時折呻き声が聞こえたものの、徐々にか細くなり、最後には静かになってしまう。

……目の前で何が起こっているのか理解できない。

でも、陽佳の姿は確認できた。
部屋でたった1人、動いている人として。

あちこちが凹んだバットを黙々と振り下ろしている姿で。

「ねえ、見てみて♪ 邪魔者は全員いなくなったよ♪」

『ハーレム天国だと思ったらヤンデレ地獄だった。』

――BAD END


●尊海神無の場合

「ねえ、聞いてもいい?」
連絡しようとした矢先に言われて、俺は小さく頷いた。
そのまま神社から離れるために歩いていると、部長は俺の後ろについてきながら呟いた。

「キミはいつ入れ替わったのかな?」

『ハーレム天国だと思ったらヤンデレ地獄だった。』

身体の中に何かが突き立てられた。
固く、それでいて長い何かが肉を掻き分けて、無遠慮に根元まで突き刺さる。

痛みはない。
だけど、そこから猛烈に強くなる熱があった。

まるで灼けた鉄の棒を突っ込まれたような感覚に悶えて、
ついには立てなくなってしまう。

そして、そこでようやく気づく。
俺の背中に深々と突き刺さった刃物の存在に。

――BAD END


●宮主佐優理の場合

佐優理さんの動きに、戸惑いはなかった。

ごく自然に、ハサミを俺の腹に突き立てる。
痛みよりも、最初はショックが大きかった。

「次の生まれ変わりをお待ちしています。それでは優也さん。また」

『ハーレム天国だと思ったらヤンデレ地獄だった。』

「ずっとずっと、ここでお待ちしています」

もう、佐優理さんの声を聞く余裕はない。
驚きは激痛に塗りつぶされて、俺は叫びを上げた。

「では、さようなら」

親愛の情すら感じる、優しげな言葉。
それを最後に、俺の意識はブツリと途絶えた。

――BAD END

※“ゆるキャラ”という文言について……日本一ソフトウェア

 “ゆるキャラ”という文言は、有限会社みうらじゅん事務所、株式会社扶桑社の登録商標です。本商品では、“ゆるキャラ”という文言を使用しておりますが、特定の商品またはサービスを指すものではありません。

 また、有限会社みうらじゅん事務所、株式会社扶桑社の登録商標とは一切関係ございません。

(C)2014 Nippon Ichi Software. Inc

データ

イメージ
▼『ハーレム天国だと思ったらヤンデレ地獄だった。』
■メーカー:日本一ソフトウェア
■対応機種:PS3
■ジャンル:ADV
■発売日:2014年4月24日
■希望小売価格:6,800円+税

Amazon.co.jp で詳細を見る

▼『ハーレム天国だと思ったらヤンデレ地獄だった。』ダウンロード版
■メーカー:日本一ソフトウェア
■対応機種:PS3
■ジャンル:ADV
■発売日:2014年4月24日
■価格:6,171円(税込)

関連サイト

関連記事

注目記事

アイコン別記事一覧

※クリックすると、ソートされた記事一覧に移動します。