News

2014年5月27日(火)

『ガルパン 戦車道、極めます!』で西住みほを演じる渕上舞さんにインタビュー! 早くも続編について渕上さんから要望が!?

文:伊藤誠之介

『ガールズ&パンツァー 戦車道、極めます! ライバルは宝物BOX』の購入はこちらから

Amazon.co.jp

 バンダイナムコゲームスから6月26日に発売されるPS Vita用ACT『ガールズ&パンツァー 戦車道、極めます!』で西住みほを演じる渕上舞さんのインタビューをお届けする。

『ガールズ&パンツァー 戦車道、極めます!』
▲渕上舞さん

 本作は、TVアニメ『ガールズ&パンツァー』を原作としたドラマチック戦車アクションゲーム。3DCGによって街並みが再現された茨城県大洗町などのステージで、迫力の戦車戦を楽しめる。メインの“ストーリーモード”では、ミッションクリア形式で原作ストーリーを追体験できる。

『ガールズ&パンツァー 戦車道、極めます!』 『ガールズ&パンツァー 戦車道、極めます!』

 このインタビューでは、ゲームの音声収録時のエピソードや実際にゲームを遊んでみた感想など、さまざまな話を伺っている。また、“Side-BN倶楽部”では、この記事とは異なる内容のインタビュー記事が公開されているので、合わせてチェックしてもらいたい。

■1人きりで“みほ”を演じるのは、新鮮な体験でした

――ゲームの収録はどのような雰囲気でしたか?

 みほは普通のセリフだけではなく説明ボイスなどもあり、分量が多かったので、2日にわけて収録させていただきました。TVアニメの時はキャストの人数がすごく多くて、まるで女子校さながらの現場で収録していたんです。でもゲームの場合は1人でブースにこもって、淡々とセリフを収録していくんですよ。誰もいない空間でみほを演じるのは、さみしい気持ちもある一方で、とても新鮮でした。

――ゲームのストーリーは、アニメの流れを再現しているそうですが?

 そうなんです。『ガールズ&パンツァー』はみんなで頑張って一緒に勝利を目指していく物語なので、TVアニメの収録では誰かの言葉を受けて言うセリフや、みんなで協力するようなセリフが多かったんです。でもゲームの収録は先ほどもお話ししたように1人きりなので、そういうやりとりの部分では、若干やりづらいと感じることもありました。

 その一方で、アニメ本編のアフレコの時は主人公を演じるのが初めての経験だったので、とにかく必死だったんですよ。それまでは、こんなにたくさんのセリフをしゃべったことはありませんし、先輩方もたくさんいらっしゃって、“見られる”ことの緊張もあって、1回1回を必死にこなそうと思いながら収録に臨んでいました。

 今回のゲームでは、TVアニメと同じ場面を改めてお芝居させていただくことになったので、前回は上手くできなかったところや、「もっと上手にやれたのでは?」と感じていたところに、もう一度チャレンジできました。そういう意味ではアニメ本編よりも、セリフがよりクリアに言えていたり、落ち着いた演技を求められるシーンでは、より落ち着いて演じることができたと思います。

――具体的には、どんなセリフが大変だったのですか?

 『ガールズ&パンツァー』ではすごく多いセリフなんですけど、“撃破”っていう単語がとても言いづらくて(笑)。TVアニメだと物語の流れに沿って会話が成り立っているので、終始難しいセリフを言っているわけではありませんでした。

 ところがゲームの収録だと、1つの場面のセリフを何パターンも録るので、言いづらいセリフが固まっている場合があるんですよ。負けた時や勝った時で微妙にニュアンスを変えて何度も収録するので、苦手なセリフの時は大変でしたね(笑)。

■ゲームでは大洗の町がすごくリアルに再現されています!

――実際のゲームがあるので、ぜひプレイしてみてください。

 実は、先日限定版の特典DVDを撮影した時に、ゲームを少しだけ遊ばせてもらったんです。その時はまだ敵の戦車がいなかったので、大洗の町を走るだけだったんですよ(笑)。今回はちゃんと敵の戦車もいるんですね。

 弾の装填に時間がかかるので、ガンガン撃つことができないんですよね。だから「早く、早く!」ってあせりました(笑)。

『ガールズ&パンツァー 戦車道、極めます!』
▲本作には、遠くの敵を狙うためのスコープモードなども用意されている。渕上さんの言う通り、砲弾の装填はちょっと時間がかかるので、外さないよう慎重に攻撃しよう。

――実際に敵戦車と戦ってみていかがでしたか?

 砲弾を装填する時間を考えつつ、敵との距離を考えつつ、しかも自分は隠れつつと、いろいろな要素を考えなければいけないので、かなり難しいゲームだと思いました(笑)。でも、自分で戦車を動かせるのは、やっぱり楽しいですね! 特に、自分で戦車を操作して大洗の町を自由に移動できるのは、ゲームならではの楽しさだと思います。

――このゲームではストーリーモードだけでなく、自由にチームを編成できる“バトルロイヤルモード”もありますが、渕上さんがIV号戦車(※西住みほたち“あんこうチーム”が操縦する戦車)以外で操作してみたい戦車はありますか?

 個人的には、黒森峰女学園のドイツ戦車が好きなんです。他には、プラウダ高校のカチューシャたちが乗る冬期迷彩バージョンの戦車もイイですね。

■『ガールズ&パンツァー 戦車道、極めます!』第3弾プレイ動画 VSプラウダ高校

『ガールズ&パンツァー 戦車道、極めます!』 『ガールズ&パンツァー 戦車道、極めます!』
▲こちらはプラウダ高校が使用する冬季迷彩バージョンの戦車。ゲームには迷彩を施していないバージョンの戦車も登場する。

■『ガールズ&パンツァー 戦車道、極めます!』第4弾プレイ動画 VS黒森峰女学園

『ガールズ&パンツァー 戦車道、極めます!』 『ガールズ&パンツァー 戦車道、極めます!』
▲黒森峰女学園が使用するドイツ戦車はこちら。アニメでは、戦車の性能だけでなく圧倒的な物量でみほたちを苦しめた。

――渕上さんは何度も大洗町(※茨城県大洗町)に行っていると思いますが、ゲーム内の大洗町はいかがでしたか?

 とてもリアルに再現されていて、大洗町に行ったことがある人なら、マップを見なくてもきっと迷わずに遊べると思います。まだ大洗に行ったことがない人も、ゲームをきっかけにして大洗に興味を持っていただけるとうれしいですね。現地に出かけていってゲームをプレイするというのも、おもしろいと思います。

『ガールズ&パンツァー 戦車道、極めます!』
▲こちらはPVの1シーン。大洗町のランドマークでもある大洗マリンタワーもしっかり再現されている。

――渕上さんは、大洗町に対してどんな印象をお持ちですか?

 うーん、ひと言では言えない不思議な感じですね。私は『ガールズ&パンツァー』に携わるまで、大洗町どころか茨城県そのものに訪れたことがなかったんです。でも、アニメの中で再現されている大洗の景色が実際の風景そのままなので、大洗の町を訪れると「ここも知ってる! あそこも!」と、うれしい気持ちでいっぱいになるんです。ファンの皆さんもきっと、そういう気持ちで大洗町を訪れてくださっているんだろうなって思います。

 最初に大洗を訪れたころは、車での移動ばかりで、ホテルとイベント会場を移動する車の中から大洗町の様子を見ていたんです。その後、自分の足で町の中を歩く機会があったのですが、車から見る景色とはまったく違っていて、大洗町の魅力をしっかりと感じることができました。その後、お店で美味しい食事をいただいたのですが、ファンの皆さんと同じ場所や同じ食事を共有した感覚は、私にとってすごく大事なものなんです。

――大洗町に住んでいる地元の皆さんの反応は?

 地元の皆さんもお仕事として、というよりは、楽しみながらいろんな企画を立てていただいている感じです。きっと大変なこともあると思うのですが、とてもうれしいですね。撮影などでお邪魔した際も、どこに行っても温かく笑顔で迎えてくれるんですよ。初対面のはずなのに、ぜんぜんそんな感じじゃなくて。最近は実家に帰るよりも、大洗町に行く回数のほうが多くなっています(笑)。

■ゲームの続編に“舞デザイン”の戦車を登場させてほしい!?

『ガールズ&パンツァー 戦車道、極めます!』

――OVA、そしてゲームに劇場版と続きますが、『ガールズ&パンツァー』に対して、渕上さんから今後の希望はありますか?

 アニメの放映が終わるぐらいのころから、そういう質問に何度か答えてきたんですけど、その時にお話ししていた希望が今までにほとんどかなっているんですね。作品の中に出てきたような戦車カフェをやりたいとか、本物の戦車に乗って写真を撮りたいとか。本物の戦車に乗ってというのは、無理を承知で言っていたお話なんですけど、それが実現した時はビックリしました。

 作品としては今、OVAと劇場版が決定していますが、個人的には『ガールズ&パンツァー』がずっと続いてほしいと思うので、“定期的に劇場版があればいいな”と“TVアニメの第2期があればいいな”が今の希望ですね(笑)。

――その希望もぜひかなってほしいところですね。その他には何かありますか?

 あります! 大きな夢としては、以前、私がオリジナル戦車のデザインをしたことがあるんですが、そのマイ戦車の本物バージョン……は無理かもしれませんが、実物大のものができたらいいなと思っています。実物大のマイ戦車の前で、その戦車に合わせた専用の衣装を着て写真を撮ることが、個人的な夢ですね。

――ちょっと気の早いお話ですが、ゲームの続編が発売されれば、その中に渕上さんがデザインした、“マイデザイン”というか“舞デザイン”の戦車が登場するかもしれませんよ。

 そのためにも多くの皆さんに、今回のゲームを手に取ってもらえたらうれしいですね。『ガルパン』の世界にのめり込んで、その中に入り込むことのできるゲームですから、皆さん自身で戦車を操作して、ぜひ新しい『ガルパン』の物語を作りだしてください!

(C)GIRLS und PANZER Projekt (C)BANDAI NAMCO Games Inc.
※画面は開発中のもの
※限定版の内容・仕様は予告なく一部変更となる場合がございます。

データ

イメージ
▼『ガールズ&パンツァー 戦車道、極めます! ライバルは宝物BOX』
■メーカー:バンダイナムコゲームス
■対応機種:PS Vita
■ジャンル:アクション
■発売日:2014年6月26日
■希望小売価格:9,980円+税

Amazon.co.jp で詳細を見る

イメージ
▼『ガールズ&パンツァー 戦車道、極めます!』
■メーカー:バンダイナムコゲームス
■対応機種:PS Vita
■ジャンル:アクション
■発売日:2014年6月26日
■希望小売価格:6,640円+税

Amazon.co.jp で詳細を見る

関連サイト

関連記事

注目記事

アイコン別記事一覧

※クリックすると、ソートされた記事一覧に移動します。