News

2014年5月26日(月)

『PlayStation』が中国市場に進出へ。SCEが上海企業との合弁会社設立契約を締結

文:電撃オンライン

 SCEは、中国・上海にて現地企業との合弁会社を2社設立することに合意し、PlayStationを中国市場に投入する計画であると、提携先である“上海東方明珠”の25日公示で発表した。

 2社のうち1社がゲーム機を、もう1社がゲームソフトの販売を担当することになるという。上海東方明珠は上海市にある政府系企業で、ホテルをはじめとするレジャー事業やメディア事業を手掛ける。

 SCEによると中国市場へのPlayStation事業進出にあたり、SCE(出資:ソニーチャイナ)と東方明珠の100%出資子会社である上海東方明珠文化発展有限公司との合弁会社を設立予定。

 SCE広報部はこの中国市場への進出について、「中国大陸は有望な市場だと思っている。さまざまな可能性を検討していく。(上海東方明珠をパートナーに選んだ理由は)中国でゲームに限らずエンターテインメントのノウハウを持っていること」とコメントしている。

 SCEは巨大な中国市場へと参入することにより、ゲーム事業のさらなる成長が見込まれる。

 中国では政府が若者への悪影響を理由として、2000年からゲーム機の製造と販売を禁止してきたが、今年の1月、上海に開設された自由貿易試験区に進出した企業に限り、製造販売を解禁していた。

(C)2013 Sony Computer Entertainment Inc. All rights reserved.
Design and specifications are subject to change without notice.

関連サイト

関連記事

注目記事

アイコン別記事一覧

※クリックすると、ソートされた記事一覧に移動します。