News

2014年6月3日(火)

『電撃文庫 FIGHTING CLIMAX』トッププレイヤー4人によるトーナメントの対戦動画を公開! この日一番強かったのは!?

文:電撃オンライン

 全国のアミューズメント施設で稼働中の2D対戦格闘ゲーム『電撃文庫 FIGHTING CLIMAX』。そんな本作のトッププレイヤーによる対戦動画企画の第2回をお届けします。

『電撃文庫 FIGHTING CLIMAX』

 『電撃文庫 FIGHTING CLIMAX』は、電撃文庫のキャラクターたちが集結し熱い戦いをく広げる格闘ゲーム。実際に動かすメインキャラクターと、バトル中に呼び出せるサポートキャラクターをそれぞれ1人ずつ選んで対戦する点が特徴です。

 電撃オンラインでは、稼働に先駆けて現在使用可能な全8キャラクターの攻略記事を展開してきましたが、前回はその特別企画として関東に住む本作のトッププレイヤーの方々にご協力いただき、対戦動画を収録させていただきました。

→トッププレイヤーによる対戦動画企画第1回はこちらから!

 この日収録に協力してくださったのは、にがさん(使用キャラ:高坂桐乃)、ジンさん(使用キャラ:アスナ)、ぼぶさん(使用キャラ:黒雪姫)、OZさん(使用キャラ:シャナ)の4名。熱い対戦が繰り広げられ、見応えのある動画も収録できたのですが、強豪プレイヤーが集まったこの機会に、もっと熱い対戦を見てみたい! という欲求が出てしまいました。

 そこで収録の最後に勝ち抜きのトーナメント戦を提案してみたところ……なんと、急なお願いだったにもかかわらず、快諾していただけました! この日“イチバン波に乗っていた”のは誰だったのか!? ハイレベルな真剣勝負の模様をお届けします。

【1回戦 第1試合】ぼぶ(黒雪姫/リーファ) VS ジン(アスナ/リーファ)

 サポートキャラは、両者ともリーファを選択。前回の対戦動画でもあった組み合わせですね。ジンさんのアスナは、ガードを固めながらダッシュで接近を狙います。1ラウンド目では、黒雪姫が切り札“オーバードライブ”を発動させ、切り札効果中はゲージ消費なしで呼び出せるサポート攻撃を絡めた連続技からパワーブラストを当て、続けてジンさんのアスナもEX版“フラッシング・ペネトレイター”から空中でパワーアップブラストをヒットさせます。

 パワーアップブラストは一定時間キャラクターがパワーアップして体力が自動回復するだけでなく、発動した瞬間にゲージを1本回復させ、衝撃波が相手にヒットしていた場合は更に追加で1ゲージ増加する効果があります。クライマックスアーツを使って大ダメージを奪うためにはゲージが必要になるので、皆さん3種類のブラストの中でもパワーアップブラストを多く使用しているようでした。

 試合のほうは、1ラウンド目の接戦をぼぶさんが制したかと思いきや、2ラウンド目は画面端に追い詰めた相手を逃がさずに攻めきったジンさんが勝利。1対1で迎えた最終ラウンドですが、クライマックスゲージ、切り札、ブラストアイコンのすべてが上回っているのは黒雪姫。懸命に追いかけるアスナでしたが、切り札“オーバードライブ”をラウンド中に2回発動させた黒雪姫が逃げ切る形で決着を迎えました。

【1回戦 第2試合】OZ(シャナ/リーファ) VS にが(高坂桐乃/キノ)

 前回の対戦動画でも多く見られた“開幕で一瞬ダッシュしてからガードを固める”行動に対して、いきなりダッシュ投げという勝ち抜き戦ならではの大胆な選択肢を見せたのはOZさんのシャナ。にがさんの桐乃は起き上がった瞬間にパワーアップブラストを発動させて切り返し、展開の早い立ちAを中心とした固めや“アスリートダッシュ”を駆使して攻め立てますが、クライマックスアーツを2回立て続けに決めたシャナがラウンドを先取します。

 2ラウンド目は、クライマックスゲージが不足し、まったダメージを取りきれないシャナに対して、桐乃はポテンシャルが発動してパワーアップした状態で“アスリートダッシュ”をヒット。サポート攻撃、EX必殺技、コンボバースト、切り札アイコンで強化したクライマックスアーツをぜいたくに使用した連続技を決め、シャナの体力の5割を一気に奪って勝利します。

 最終ラウンドはEX必殺技を組み込んだ威力の高い連続技を立て続けに決めたシャナが、最後は起き上がりに“紅蓮の大太刀”という予想外な選択肢を見せて勝ちをもぎ取りました。他にもOZさんは、この試合だけでインパクトブレイクを3回もヒットさせるなど、1度きりの勝ち抜き戦ならではの図太い選択肢を通す度胸を見せてくれました!

【3位決定戦】にが(高坂桐乃/キノ) VS ジン(アスナ/リーファ)

 惜しくも1回戦で敗れてしまったにがさんとジンさんによる3位決定戦。開幕から相手の動きたくなるタイミングに刺すように、細かいダメージを取り合う両者でしたが、試合が大きく動いたのはアスナの固めに対して桐乃が“通販アッパー”で割り込もうとした時。

 アスナの立ちCと桐乃の“通販アッパー”が相殺した瞬間、画面が暗転してアスナのカットインへ。繰り出されていたのは、無敵時間の無い“マザーズ・ロザリオ”……衝撃の展開に、観戦しながら思わず「嘘ぉっ!?」と声を上げてしまいました。

 ところがどっこい、これは現実。“マザーズ・ロザリオ”が直接ヒットした桐乃の体力が一気に4