News

2014年6月10日(火)

『ガルパン』の世界観に浸りたい人はぜひプレイを! 原作ファンが『ガールズ&パンツァー 戦車道、極めます!』をレビュー

文:伊藤誠之介

『ガールズ&パンツァー 戦車道、極めます! ライバルは宝物BOX』の購入はこちらから

Amazon.co.jp

 バンダイナムコゲームスから6月26日に発売されるPS Vita用ソフト『ガールズ&パンツァー 戦車道、極めます!』。原作大好きな担当ライター・伊藤誠之介が本作のレビューをお届けします。ちなみに筆者の好きな戦車は、円筒型の増加燃料タンクがキュートなソ連のT-34/85です。

『ガールズ&パンツァー 戦車道、極めます!』

 本作には大きくわけて、2つのゲームモードが用意されています。まずはTVアニメのストーリーを忠実に追いながら、大洗女子学園の戦車道チームが試合に挑む“ストーリーモード”。そしてもう1つは、アニメに登場した戦車を自由に組み合わせたチームを編成して戦うことができる“バトルロイヤルモード”です。

『ガールズ&パンツァー 戦車道、極めます!』 『ガールズ&パンツァー 戦車道、極めます!』
▲ストーリーモードは、各ミッションごとの目標をクリアしていくことで、アニメの展開を追体験できます。

■ストーリーモードでアニメの戦車バトルを追体験

 まずはストーリーモードから見ていきましょう。このモードでは、大洗女子学園内で行われた模擬戦から始まり、聖グロリアーナ女学院との練習試合、そして全国大会での公式戦と、アニメでおなじみの試合がミッションとしてゲームに落とし込まれています。

 基本的にこのモードでは、主人公の西住みほが隊長を務める大洗女子学園あんこうチームの乗機であるIV号戦車を操作します。“基本的に”というのは、IV号以外の戦車も操作可能な場面があるからなのですが……この点については後で詳しく説明しましょう。

【IV号戦車の操作感覚は?】

 戦車の操作は、左スティックで車体を移動させて、右スティックで砲塔を回転させるというもの。戦車の移動は自動車に近い感覚で、急な角度を曲がる際には切り返しが必要だったりと、多少の慣れが必要です。アニメ同様にスピード感のある走行で、いったん慣れると多少の斜面もなんのその、戦場を軽快に走り回れます。

 移動しながら砲塔を回転させて、車体の横や真後ろにいる敵に射撃できますが、当然ながらプレイヤーの視点は砲塔の向きに連動しているので、そのまま走り続けると壁などの障害物に衝突するのでご注意を。もっとも、ぶつかっても特にペナルティはありませんので、気にせずプレイしてOKです。

 戦車の操縦方法は、ゲームの最初にプレイすることになるチュートリアルミッションで覚えられるでしょう。どんなミッションなのか実際に確認したい人や、戦車の動きを見ておきたい人は、渕上舞さん&吉岡麻耶さんのプレイ動画でご確認ください。

『ガールズ&パンツァー 戦車道、極めます!』 『ガールズ&パンツァー 戦車道、極めます!』
▲移動と砲塔の操作が独立していますが、10分くらい動かせば簡単に操作のコツを覚えられると思います。

 砲塔を動かして敵の戦車にカーソルを合わせたら、Rボタンで射撃です。このゲームには、カーソルが敵戦車を自動で追いかけてくれる“ロックオン機能”はありませんので、手動で照準を行う必要があります。このあたりは、昔の戦車を操縦している感覚を想像できてとてもイイですね(実際はもっと大変なのでしょうが)。

 「今のはずれ具合からして……」と計算しつつ射撃するのは、最初のうちは確かに面倒に感じるのですが、当たるようになると上達が実感できてとても気持ちいいです。このゲームをプレイした後にアニメを見直すと、「やっぱ西住流ハンパない!」と思うこと間違いなしです。

 射撃の際に注意したい点はいくつかあります。まず1つは“基本的に動きながら撃たないこと”。戦車を走らせながら撃つ“行進間射撃”はとても難しく、最初のうちはほとんど命中させられないでしょう。敵を発見する→停止する→照準→撃つという流れが基本になります。

 またLボタンを押すと、遠距離から敵戦車を狙える“スコープモード”に入ることができます。スコープモードは離れた敵にも照準を正確に合わせられる反面、カーソルの移動が遅いので、まず通常の状態で目標の近くに狙いをつけておいてから、スコープモードで微調整するといいでしょう。

 もう1つ注意が必要なのは、砲弾が装填されるタイミング。アニメでも描かれているように、戦車がいったん砲弾を発射した後には、次の砲弾を装填するまでの間、射撃できない時間が存在します。そこで装填中に敵から反撃されないように、射撃後は急いで敵戦車の射線からはずれる必要があります。ですので、余裕があったらマップ内の地形や障害物の位置をある程度把握しておくことをオススメします。ちなみに、砲弾が装填されたかどうかは、画面上部の表示でわかります。行動する際は、射撃可能かどうかをしっかり確認しましょう。

『ガールズ&パンツァー 戦車道、極めます!』
▲HPゲージの右下にある、砲弾の表示に注目。いったん射撃すると、次の弾がゆっくりと下りてきて砲塔の中へと移動していきます。次弾が装填されるまでは、射撃できないのです。
『ガールズ&パンツァー 戦車道、極めます!』
▲スコープモードに切り替えて、遠距離射撃が見事に命中! 行動不能になった戦車が白旗を揚げる、アニメでおなじみの光景も忠実に再現されています。

【“ザッピング”で味方チームを操作!】

 先ほども説明したように、プレイヤーは基本的にあんこうチームのIV号戦車を操縦することになりますが、大洗女子学園には他にも戦車が存在しています。これらの戦車を一時的に操作できるのが“ザッピング”です。HPゲージの左下にあるザッピングゲージが半分以上溜まったら△ボタンを押すと、一緒に戦っている他のチームが表示されます。この名から1つを選択すると、そのチームの戦車を一時的に操縦できるのです。

 しかも、ただ操縦できるだけではなく、ザッピング中はその戦車の攻撃力と防御力がアップするのです! 味方が敵戦車に囲まれてピンチに陥っている場合は、このザッピングを上手く使って敵戦車に反撃したり、敵のいない位置へ脱出させたりするとよいでしょう。

『ガールズ&パンツァー 戦車道、極めます!』 『ガールズ&パンツァー 戦車道、極めます!』
▲ザッピングを使って、カバさんチーム(歴女チーム)のIII号突撃砲を一時的に操縦しているところ。ザッピング中は溜まっていたザッピングゲージが少しずつ減っていき、ゼロになるとIV号戦車に操作が戻ります。

【フルボイスの会話とBGMで、アニメの雰囲気を再現!】

 本作のストーリーモードでは、1つのエピソードを複数のミッションで描いているため、ミッションをクリアするにはただ単に敵を撃破すればよいわけではありません。作戦に従ってマップ上の特定ポイントに移動したり、特定の戦車を狙い撃ったりと、アニメの展開を再現した目標が、ミッションの随所に用意されています。

『ガールズ&パンツァー 戦車道、極めます!』 『ガールズ&パンツァー 戦車道、極めます!』
▲ミッションの途中で、特定のポイントへ移動するよう指示されることがあります。その時は赤い矢印のある場所へと向かいましょう。もし位置が分からない場合は、マップを開いて確認できます。
『ガールズ&パンツァー 戦車道、極めます!』 『ガールズ&パンツァー 戦車道、極めます!』
▲サンダース高校のフラッグ車を、一発の砲弾で狙い撃つ! アニメの名場面を自分自身の手で再現するイベントも登場します。▲プラウダ高校との対戦では、待ち伏せされて大ピンチに。その際、大洗チームが逃げ込む廃墟も、CGでしっかりと再現されています。

 さらに試合の前後や途中には、会話イベントや、アニメーションムービーがふんだんに挿入されており、原作のストーリーを楽しめます。また戦車を操縦しているあいだにも、あんこうチームをはじめとするキャラクターたちが、にぎやかな掛け合いによる会話を繰り広げてくれます。これらの会話がすべて、オリジナルキャストの新録によるフルボイスとなっているのは、ファンには嬉しいポイントでしょう。

 そして何より気分を盛り上げてくれるのは、アニメでおなじみのマーチ曲が、ゲームでもそのままミッションのBGMとして流れる点です。中でも必聴なのは、雪原で行われるプラウダ高校戦です。アニメの放映時にも話題となったロシア語による「カチューシャ」の歌声を、ゲームでも堪能できるのです! 

『ガールズ&パンツァー 戦車道、極めます!』 『ガールズ&パンツァー 戦車道、極めます!』
▲あんこうチームはもちろん、他のチームのメンバーや敵チームに至るまで、多数のキャラが登場してフルボイスの会話を繰り広げてくれます。おかげでプレイ中は、かなりにぎやかな雰囲気が味わえますよ。
『ガールズ&パンツァー 戦車道、極めます!』
▲各ミッションのクリア後には、このようにプレイに対する評価をチェックできます。ミッションの中には、最高のSランクを取るのはかなり大変そうなものもあるようですが……。

【あんこうチーム以外でも戦車道を極められる!?】

 プレイを進めていくと、あんこうチーム以外のチームでも、ストーリーモードのミッションに挑戦できるようになります。それぞれのチームの戦車をメインにして戦うのですが、当然ながらIV号戦車とは操作感が異なります。

 特にカバさんチーム(歴女チーム)のIII号突撃砲と、ウサギさんチーム(1年生チーム)のM3リーは、砲塔をほとんど動かすことができない仕様の戦車。そのため、敵戦車に射撃を命中させるのはかなり大変だと感じました。あんこうチームでのバトルが余裕だと思った人は、こちらをプレイしてみてもらいたいです。

『ガールズ&パンツァー 戦車道、極めます!』 『ガールズ&パンツァー 戦車道、極めます!』
▲アニメでは早々に撃破されてしまったアリクイさんチームの三式中戦車で、黒森峰女学園との決勝戦を最後まで戦うこともできます。アニメではほとんど聞くことができなかった、メンバー同士の会話も楽しめますよ!

■“バトルロイヤルモード”で夢の対決が実現!

 これまで紹介してきたストーリーモードはアニメの展開を忠実に再現したものでしたが、もう1つの“バトルロイヤルモード”では、アニメでは実現しなかった夢の対決を実現することが可能です。バトルロイヤルモードはさらに“フリーバトル”と“チャレンジミッション”という、2つのモードが用意されています。

『ガールズ&パンツァー 戦車道、極めます!』

【“フリーバトル”で敵味方の戦車チームを自由に編成!】

 フリーバトルはその名のとおり、敵味方の戦車チームや対戦ルール、そして戦場となるステージを自由に設定できるモードです。

 フリーバトルでは、大洗女子学園だけでなく、聖グロリアーナ女学院のチャーチルやサンダース高校のM4シャーマン、黒森峰女学園のティーガーIなどライバル校の戦車も操作できます。もちろんライバル校の戦車を操作する際には、ダージリンや西住まほといったライバルたちが他の生徒と交わす会話も楽しめますよ。

 戦車にはその性能に応じたコストが決められており、チームを編成する際にはコストの合計がマックスコスト以下になるようにする必要があります。ちなみにマックスコストは、プレイを通じて獲得した経験値によって少しずつ増えていくので、やり込めばやり込むほど、より多くの戦車をチームに加えられるようになります。

 選択可能な戦車は八九式中戦車からマウスまで、アニメに登場した車種が勢ぞろいしている他、IV号戦車のバリエーションや、大洗チームのカラーリングの違いなどもしっかりフォローされています。ただし、同じキャラが搭乗している戦車は(たとえ敵チームでも)重複して選択できない点に注意してください。ちなみに同じ戦車でも、搭乗者が異なるとその性能が変化する場合もあるようですが……。

『ガールズ&パンツァー 戦車道、極めます!』
▲OVA『これが本当のアンツィオ戦です!』で活躍するアンチョビが搭乗しているP40重戦車は、バトルロイヤルモードでのみ使用できます。アンチョビ搭乗のP40は初回生産分の同梱特典ですので、ぜひゲットしてください!
『ガールズ&パンツァー 戦車道、極めます!』 『ガールズ&パンツァー 戦車道、極めます!』
▲あんこうチームのIV号戦車は、アニメに登場した全バリエーションが用意されています。▲大洗の市街をはじめ、ストーリーモードに登場したステージを自由に選べます。
『ガールズ&パンツァー 戦車道、極めます!』 『ガールズ&パンツァー 戦車道、極めます!』
▲アンチョビの乗ったP40重戦車が大洗市街で戦うという、アニメにはないシチュエーションが実現。アンチョビの会話も、ちゃんとフルボイスで用意されています。

【“チャレンジミッション”で強敵チームに挑め!】

 フリーバトルでは味方だけでなく敵チームも自由に編成できましたが、“チャレンジミッション”では敵チームの編成やステージ、対戦ルールがあらかじめ決められています。これに対して、決められたコストの範囲内でどのように立ち向かうのかというのが、このモードの醍醐味になっています。

 大洗女子学園を含めた各学校のチームはもちろんのこと、各校のリーダーが集結したチームが敵となるものから、ドイツが誇る超重量級戦車マウスに立ち向かうものまで、全10種類の多彩なバリエーションが用意されています。ステージ上での戦いぶりもさることながら、チーム編成の時点から大いに頭を悩ませることになるはずです。

『ガールズ&パンツァー 戦車道、極めます!』
▲練習試合仕様の大洗チームも、チャレンジミッションの敵チームとして登場します。戦車の性能だけで見るなら、そんなに強くはないはずですが……!? 
『ガールズ&パンツァー 戦車道、極めます!』 『ガールズ&パンツァー 戦車道、極めます!』
▲カモさんチーム(風紀委員チーム)のルノーB1bisを中心とした、新生(?)大洗チームで勝負を挑んでみたところ。コストや台数は同数ですが、はたしてどんな結果になるでしょうか?

■『ガルパン』の世界観にどっぷりと浸れるところが魅力

 本作を実際にプレイして強く感じたのは、“『ガルパン』の世界観にどっぷりと浸れる作品である”ということです。緻密な戦車のCGモデルやステージ、そして印象的なBGMによって、アニメの雰囲気が実にていねいに再現されていますが、特に注目したいポイントがプレイ中に挿入されるキャラクター同士の会話です。これが実に“『ガルパン』らしい”んですよ。物々しい戦車でバトルしつつも、どこかほんわかした気分にさせてくれる女の子たちの会話は、『ガルパン』ならではの魅力だなぁ、と再認識させられました。

 アニメのファンはもちろんのこと、「タイトルだけはよく聞くけど、戦車とかあまり詳しくないし……」という人にも、『ガルパン』入門編としてオススメできる作品です!

『ガールズ&パンツァー 戦車道、極めます!』 『ガールズ&パンツァー 戦車道、極めます!』
▲キャラクターの紹介や戦車のCGモデル、イベントシーン用のイラストを鑑賞できる“ギャラリー”も用意されています。
『ガールズ&パンツァー 戦車道、極めます!』
▲アニメでおなじみのステージを、戦車で自由に走り回ることができるのも、本作の大きな魅力でしょう。特に大洗の市街地は、現実さながらの印象的な風景が再現されています……って、実際にはこんなに巨大な学園艦は停泊していませんが(笑)。

(C)GIRLS und PANZER Projekt (C)BANDAI NAMCO Games Inc.
※画面は開発中のもの
※限定版の内容・仕様は予告なく一部変更となる場合がございます。

データ

▼『ガールズ&パンツァー 戦車道、極めます! ライバルは宝物BOX』
■メーカー:バンダイナムコゲームス
■対応機種:PS Vita
■ジャンル:アクション
■発売日:2014年6月26日
■希望小売価格:9,980円+税

Amazon.co.jp で詳細を見る

▼『ガールズ&パンツァー 戦車道、極めます!』
■メーカー:バンダイナムコゲームス
■対応機種:PS Vita
■ジャンル:アクション
■発売日:2014年6月26日
■希望小売価格:6,640円+税

Amazon.co.jp で詳細を見る

関連サイト

関連記事

注目記事

アイコン別記事一覧

※クリックすると、ソートされた記事一覧に移動します。