News

2014年6月17日(火)

TVアニメ『ブラック・ブレット』第11話の先行カット&あらすじをお届け! モノリスが音を立てて崩れ、ガストレアの大群が押し寄せる

文:電撃オンライン

 現在放送中のTVアニメ『ブラック・ブレット』。その第11話“タウルスの心臓、光の槍”の先行カットとあらすじをお届けする。

『ブラック・ブレット』

 『ブラック・ブレット』は、神崎紫電先生が執筆する(イラスト:鵜飼沙樹先生)電撃文庫の人気作品。人類が、ウィルス性の寄生生物“ガストレア”との戦いに敗北した近未来を舞台に、高校生・里見蓮太郎(さとみ れんたろう)や異能を持つパートナーの少女・藍原延珠(あいはら えんじゅ)たちの活躍が描かれていく。第11話の先行カットとあらすじは以下の通り。

第11話“タウルスの心臓、光の槍”

 爆破テロによって跡形もなくなってしまった青空教室。希望が、そしてモノリスが音を立てて崩れていく中、ついに自衛隊とガストレアが激突する。しかし、暗闇から民警の前線基地に現れたのは、ガストレアと化した自衛隊員たちの姿だった。

 蓮太郎たちが何とか挟撃を防いだものの、“光の槍”に薙ぎ払われる民警部隊。バラニウムの灰が空を覆い、太陽の恵みが失われた大地で、辛うじて生き残った者たちの戦いは続く――。

『ブラック・ブレット』 『ブラック・ブレット』 『ブラック・ブレット』
『ブラック・ブレット』 『ブラック・ブレット』 『ブラック・ブレット』
『ブラック・ブレット』 『ブラック・ブレット』 『ブラック・ブレット』

■TVアニメ『ブラック・ブレット』Blu-ray&DVDの発売が決定!

『ブラック・ブレット 1』

[Blu-ray]初回限定版/価格:7,000円+税
[DVD]初回限定版/価格:6,000円+税

2014年7月2日(水)発売

■第1巻初回限定版特典(BD/DVD共通)
原作者・神崎紫電 書き下ろしノベル『ブラック・ブレットZERO ~はじまりの血~』

 天童民間警備会社設立までのエピソードと、里見蓮太郎と藍原延珠がイニシエーターとプロモーターのペアを組むことになって初めての事件を綴った完全書き下ろし小説。『ブラック・ブレット』のプロローグが、ここに今、紐解かれる。

  さらに原作者・神崎紫電、監督・小島正幸、プロデューサー・小倉充俊のメインスタッフを迎えた録り下ろし座談会の他、コミカライズを担当するもりのほん、abuaによる応援コメント付き描き下ろしコミック、原作イラストレーター・鵜飼沙樹による、文庫未収録のイラスト集など、レアなコンテンツを多数掲載。

■毎巻初回限定版特典(BD/DVD共通)
(1)海島千本描き下ろしジャケット【蓮太郎&延珠】
(2)特製スリーブケース仕様
(3)エンディング・イラストカード(2枚)【第1話:serori、第2話クジラックス】
(4)天誅ガールズブロマイド【天誅レッド】
(5)ブックレット

■限定版・通常版共通特典
・映像特典:EP01-05 FIRST-RUN ON-AIR OPENING
 第1話~第5話のオープニングを飾った、限定オープニング映像。
・映像特典:NON-TEROP OPENING / ENDING
 ノンテロップオープニング・エンディング映像。
・音声特典:オーディオコメンタリー【第1話・第2話】
 出演:梶 裕貴、日高里菜、堀江由衣

■TVアニメ『ブラック・ブレット』
【放送情報】
 TOKYO MX……4月8日より毎週火曜24:30~
 tvk……4月8日より毎週火曜25:00~
 サンテレビ……4月8日より毎週火曜24:30~
 KBS京都……4月8日より毎週火曜25:00~
 テレビ愛知……4月8日より毎週火曜25:35~
 BS11……4月9日より毎週水曜24:00~
 AT-X……4月8日より毎週火曜22:30~他
 dアニメストア、ニコニコ動画、GyaO!、バンダイチャンネル、楽天ShowTime、PlayStation Store他にて配信予定
 ※編成の都合により放送曜日、時間、開始日が変更になる可能性がある。

【スタッフ】(※敬称略)
 原作:神崎紫電(電撃文庫刊)
 原作イラスト:鵜飼沙樹
 監督:小島正幸
 副監督:博史池畠
 シリーズ構成:浦畑達彦
 キャラクターデザイン・総作画監督:海島千本
 音楽:鷺巣詩郎
 アニメーション制作:キネマシトラス×オレンジ
 音響監督:山田陽
 OPテーマ:fripSide『black bullet』
 EDテーマ:やなぎなぎ『トコハナ』

【声優陣】
 里見蓮太郎 役:梶裕貴
 藍原延珠 役:日高里菜
 天童木更 役:堀江由衣
 ティナ・スプラウト 役:黒沢ともよ
 蛭子影胤 役:小山力也
 蛭子小比奈 役:悠木碧
 室戸菫 役:甲斐田裕子
 聖天子 役:豊崎愛生

(C)2013 神崎紫電/KADOKAWA アスキー・メディアワークス刊/ブラック・ブレット製作委員会

関連サイト

関連記事

注目記事

アイコン別記事一覧

※クリックすると、ソートされた記事一覧に移動します。