News

2014年6月18日(水)

『BOXER’S ROAD』ボクサー人生のシミュレートに特化した異色のボクシングゲーム【電撃PS×PS Store】

文:電撃PlayStation

 PS Storeの注目コンテンツを、電撃PSの編集&ライター陣が平日(ほぼ)毎日紹介していく特集企画、“電撃PlayStation×PlayStation Store”。話題のDL販売ゲームをはじめ、ゲームアーカイブス、追加DLC、ベスト版、PV・体験版など、ゲームを深く愛する電撃PSスタッフが、ゲーマー視点でコンテンツをピックアップしていきます。


 本日紹介するのは、1995年9月8日に初代PSで発売された、究極のボクサー育成ゲーム『BOXER’S ROAD』のゲームアーカイブス版。

■一見地味ながら、底知れない奥深さが秘められた名作
・初代PSゲームアーカイブス:『BOXER’S ROAD』

『BOXER’S ROAD』

 初代PlayStation(R)で発売された1995年当時、ボクシングゲームにおける1つの究極の形を体現した意欲作。アクション要素ももちろんあるが、それ以上に“ボクサー人生のシミュレート”に重点が置かれているのが特徴的だ。

『BOXER’S ROAD』 『BOXER’S ROAD』

 ゲームシステムは大きく分けて、プレイヤーの分身となるボクサーを育成するパートと、実際に試合を行うパートの2部で構成。育成パートではトレーニングメニューを組むだけでなく、食事のメニューまで設定することに! スキルアップと同時に体重管理にまで気を配る必要があり、万一にも契約した試合の規定ウエイトをオーバーしたり、逆に軽すぎたりすると“不戦敗”になってしまうという仕様が個性的だ。

 また、アクションゲーム形式で展開する試合は、最初こそスローな動きに地味な印象を受けるが、やり込むとしっかりした手ごたえに気づかされる。ゆったりした展開だからこそ、1発1発のパンチを正確に放ち、そして回避するゲーム性がしっかりと表現されており、操作テクニックに加え、試合運びをめぐる頭脳戦も楽しめる。

『BOXER’S ROAD』 『BOXER’S ROAD』

 ちなみに、本作では“RETIRE(引退)”のコマンドを選べば、次の試合を消化した後、いつでも(!)エンディングを迎えられるし、プレイヤーキャラがキャリアを積んで規定年齢に達した場合も、原則的に引退(エンディング)の運びとなる。チャンピオンを目指すのが王道だが、それ以外の幕引きまで用意された仕様は、当時他に類を見ないものだった。

 全体的に地味なゲームだが、やり込むほどに増す味わい深さは今遊んでもおもしろい。“拳で殴り合うゲーム”にとどまらない、“ボクサーの歩みを体験する”作品に興味がある人に、強くオススメしたい。(ライター:城イドム)

『BOXER’S ROAD』 『BOXER’S ROAD』
『BOXER’S ROAD』 『BOXER’S ROAD』

(C)1995 NEW Corp.



データ

▼『BOXER’S ROAD』
■メーカー:Collavier
■対応機種:PS3/PS Vita/PSP(ダウンロード専用)
■ジャンル:スポーツ
■配信日:2007年7月26日
■価格:617円(税込)
 
SENオンラインストアへ

関連サイト

関連記事

電撃PlayStation

最新号紹介

  • 電撃PlayStation Vol.576

    電撃PlayStation Vol.576表紙画像

    2014年10月16日発売
    特別定価:676円+税

    巻頭特集:SAO -ロスト・ソング-
     /魔法科高校の劣等生 Out of Order
    攻略特集:英雄伝説 閃の軌跡II
    総力特集:シェルノOFFLINE/アルノPLUS
    新作情報:エスカ&ロジーのアトリエ Plus
    電撃PUSH:Destiny
     /絶対絶望少女 ダンガンロンパ AE
    特別企画:PlayStation 20周年インタビュー
    特別付録:電撃PS文庫(第2弾)
    データ付録:SAO -ホロウ・フラグメント-
     /シェルノOFFLINE/チェンクロV
     /チェンクロ/ダービーオーナーズクラブ
      (iOS/Android)

    (C)2014 川原 礫
    /KADOKAWA アスキー・メディアワークス
    /SAOII Project
    (C)BANDAI NAMCO Games Inc.

    >> 詳細はこちら