News

2014年7月1日(火)

扇風気周先生の新作『視ル視ルうちに好きになる』を紹介! “視える力”を持った2人が悩みを解決!!【電撃文庫新作紹介】

文:電撃オンライン

 扇風気周先生が執筆する電撃文庫『視ル視ルうちに好きになる』の紹介記事をお届けしていきます。“未来”が視える神崎早苗と“生命”が視える三島洋平が協力して、相談者が持ち込んでくる不思議な事件を解決していきます。

『視ル視ルうちに好きになる』
▲フカヒレ先生が描いた『視ル視ルうちに好きになる』の表紙はこちら。

【ストーリー】

“未来”が視える早苗と“生命”が視える洋平。これは2人が紡ぐ救済のコンチェルト――

 夕日が落ちていく放課後。誰もいなくなった教室で、1人たたずむ神崎早苗には誰かが訪れる“未来”が視えていた。

「だってあなたは世界に絶望してるもの」

 早苗は訪問者に優しく語りかける。
 その訪問者である三島洋平の目には、“生命”が視えていた。だからこそ身近に感じる『死』に脅えているのだと……。

「お前は絶望しないのか?」

 洋平は早苗に戸惑いながら問いかけた。
 こうして特別な“視える力”を持った2人は出会い、そして――

『視ル視ルうちに好きになる』

【物語のここに注目!】

“未来”が視える女子高生・神崎早苗の悩み相談を一度体験してみませんか……?

 人の“未来”が視える能力を持った女子高生・神崎早苗が、パートナー・三島洋平の力を借りて、相談者が持ち込んでくる不思議な事件を解決する物語。2人のもとには、恋愛の悩み相談から幽霊が起こす怪現象、殺人未遂事件まで、多様な依頼が舞い込んできます。早苗はどんな状況でも絶望せず、悩める者たちを“未来”へ導こうと一生懸命です。その前向きな姿勢を見ていると、不思議と勇気が沸いてきます。

 日常にちょっぴり疲れてしまった時、漠然とした未来への不安を感じて切なくなった時、この物語をひも解いてみてください。早苗と洋平が事件を解決し、誰かの心が救われるたび、温かい気持ちが心の中に沸いてくるはず。喜びのような、安堵のような、希望のような、その気持ち。それがまさに“救済のコンチェルト”なのです!

【登場人物のここに注目!】

早苗と洋平は理想のパートナー!? 恋をしている女の子は本当にかわいい!!

 心が通じ合う誰かに出会いたい。そのためにこの世界へ生まれてきた……と感じる時はありますか? 1人でいることが“欠けている”と感じるような存在――。本作の主人公・早苗と洋平の出会いのシーンを読むと、2人はまさに心がつながった恋人同士なんだと実感します♪ とても感動的なエピソードなので、ぜひ実際に本のページをめくって体験してください。

 普段は凛とした表情を崩さない早苗が、洋平の前では女の子らしく甘えたり、ふいに抱きしめられてドキドキしたり。恋人にしか見せない素顔が本当にかわいいんです! 事件が解決していくのももちろん楽しみですが、2人きりのシーンで見せる、ささやかだけど、確実に恋人モードの早苗にも注目ですよ!!

(C)扇風気周/KADOKAWA CORPORATION 2014
イラスト:フカヒレ

データ

▼『視ル視ルうちに好きになる』
■著:扇風気周、イラスト:フカヒレ
■プロデュース:アスキー・メディアワークス
■発行:株式会社KADOKAWA
■発売日:2014年6月10日
■定価:本体610円+税
 
■『視ル視ルうちに好きになる』の購入はこちら
Amazon.co.jp

関連サイト

関連記事

注目記事

アイコン別記事一覧

※クリックすると、ソートされた記事一覧に移動します。