News

2014年7月15日(火)

全世界のゲーマー大絶賛のリアル5.1chヘッドセット『X-Tatic Pro』がPS4に対応! サウンドが生み出す究極の臨場感!!

文:電撃オンライン

 FPSなどのゲームプレイに特化したリアル5.1chヘッドセット『X-Tatic Pro』。ゲーミングヘッドセットとして世界中から絶大な支持を得ている本ヘッドセットが、ついにPlayStation4に対応した。ここでは『X-Tatic Pro』を実際に使ってみて判明した本ヘッドセットの特徴や魅力を、詳しく紹介していこう。今回は、毎週金曜21時からニコニコ生放送で配信している電撃PSゲーム番組“電撃プレイステーション Live”に出演中のタレント、高槻かなこさんに本ヘッドセットを体験してもらった。

『X-Tatic_Pro』
▲ヘッドセットとして本格的な作りでありながらも、軽量かつ設定が簡単であるなどユーザーフレンドリーな側面も合わせ持つ『X-Tatic Pro』。

■『X-Tatic Pro』がPlayStation4でも使えるように!

 『X-Tatic Pro』は、GATE(ゲート)より、2012年10月19日に発売されたリアル5.1chヘッドセット。ドイツを拠点に全世界30カ国をこえる地域で製品を展開しているデバイスメーカー、Sharkoon社製の本ヘッドセットには、2014年4月からPlayStation4対応の専用ケーブルが付属。これにより、PS4がもたらす圧倒的なゲーム体験を、サウンド面でもより深く楽しめるようになった。なお、価格はオープンで、実勢20,000円前後となっている。

『X-Tatic_Pro』 『X-Tatic_Pro』
▲X-Tatic Pro 5.1 サラウンドヘッドセットとインラインコントローラーケーブル、着脱式マイク、Dolby(R) Digital対応デコーダー搭載X-Tatic サウンドコントロールユニット(SCU)に加え、PS4専用ケーブルをはじめとする各種ケーブル類が同梱されている。
『X-Tatic_Pro』 『X-Tatic_Pro』
▲『X-Tatic Pro』をPS4で楽しむ際に使用するケーブル類(写真左)と接続方法(写真右)。ケーブルは他にも複数同梱されているが、基本的には使用しないと覚えておこう。
『X-Tatic_Pro』 『X-Tatic_Pro』
▲PS4専用ケーブルはDUALSHOCK4とインラインボリュームコントローラーに接続。▲DUALSHOCK4に接続するケーブルの先端にはタグが付いている。
『X-Tatic_Pro』
▲PS4本体に接続するケーブルは光接続ケーブルのみ。もう一方の先端はSCUに接続すればOKだ。

【ヘッドセット部仕様】
センタースピーカー:2×27 mm
フロントスピーカー:2×30 mm
リアスピーカー:2×30 mm
サブウーファー:2×40 mm
インピーダンス:32 Ohm
マイク:6×5mm (L×W)/単一指向性
コネクタ:1×9-pin アナログプラグ
ケーブル長さ:約410 cm
重量:約350 g

【SCU部仕様】 パススルー機能を持つ光オーディオ出力(S/PDIF)×1
光オーディオ入力(S/PDIF)×1
同軸オーディオ入力×1
3.5 mmアナログオーディオ入力×1
X-Taticヘッドセット用出力×2 (G9コネクター)
3.5 mmアナログオーディオ出力(フロント、サラウンド、センター/サブウーファー)×3
PS3とPCマイク用USBコネクター(USB B)×1
電源コネクタ
寸法:24×130×65 mm(H×L×W)
重量:約125 g

【互換性】
PS4、PS3、Xbox 360、PC、タブレットPC、DVDプレイヤーに対応

【パッケージ内容】
X-Tatic Pro 5.1 サラウンドヘッドセット
インラインコントローラーケーブル(G9 コネクター>G9 コネクター)
着脱式マイク
Dolby(R) Digital対応デコーダー搭載X-Tatic SCU
電源アダプター、旅行用変換アダプター含む(UK、US、 EU)
PS4専用チャットケーブル
PS3、PC用USBマイクケーブル
Xbox 360 用チャットケーブル(3.5 mm ジャック>2.5 mm ジャック)
光接続ケーブル(S/PDIF)
同軸接続ケーブル
3.5 mm アナログ接続ケーブル

『X-Tatic_Pro』 『X-Tatic_Pro』 『X-Tatic_Pro』
▲黒をベースとしたデザインにワンポイントのグリーンが映える。起動中はグリーンが鮮やかに発光するのがとてもクール!

 普段もよくゲームをプレイするという高槻かなこさんに、『X-Tatic Pro』でPS4タイトル『コール オブ デューティ ゴースト』をプレイしてみてもらったところ、「まるでゲームの世界に入り込んでいるみたい! サウンドでゲームの迫力が何倍にもなりますね!!」と大興奮。ちなみに、『X-Tatic Pro』は、Dolby(R) Digitalデコーダー(豊かなサラウンドサウンドを最大5.1chで効率的に実現する高度な音声エンコード/デコード技術)を搭載。これにより、PS4やPS3、PCなど、各プラットフォームに最適なゲームサウンドが実現でき、より臨場感あふれるゲーム体験を楽しめるようになっている。

『X-Tatic_Pro』 『X-Tatic_Pro』
▲すっぽりと耳を覆うイヤカップが、外部ノイズを遮断してゲームへの没入感を高めてくれる。見た目以上に軽量なので長時間使用しても疲労がたまりにくいのも◎。※画面はハメ込みです。

 また、ボイスチャット機能にも対応しているので、他のプレイヤーとのコミュニケーションが重要となるFPSなどのマルチプレイタイトルなどをより濃密に堪能できるように。自分のボイス音量を調整可能なマイク音声モニタ(MVM)機能や、PCやタブレットPC、DVDプレイヤーなどの機器とも接続可能であるなど、プレイスタイルやゲーム環境に応じて使い分けられるのも魅力的だ。

『X-Tatic_Pro』 『X-Tatic_Pro』
▲着脱式のフレキシブルマイクは、プラグを差し込んで回すだけと取り付けも非常にカンタン。

 さらに、『X-Tatic Pro』は左右4つずつ合計8つのスピーカーを内蔵しており、ヘッドセットでありながら大迫力のリアルサラウンドサウンドを楽しむことができる。高槻かなこさんも「スピーカーが8つあるおかげで、背後から攻撃された時など周囲の状況が分かりやすい!」と大絶賛。

『X-Tatic_Pro』
▲片側に4つのスピーカーを搭載することで、サウンドに立体感が生まれる!

 インラインボリュームコントローラーで各スピーカーごとの音量調節ができるのも、サウンドによるリアリティを重視するゲームユーザーにはうれしいところだ。また、サウンドコントロールユニット(SCU)は、Dolby(R) Digital 5.1、Dolby(R) Digital 2.0、Dolby(R) Pro Logic(R) II信号に対応したデコーダボックスで、幅広い規格の音声を忠実に再生することが可能となっている。

『X-Tatic_Pro』 『X-Tatic_Pro』
▲インラインボリュームコントローラーでは、チャット音声も個別に調節が可能だ。

 SCUの接続オプションが豊富なのも重要なポイントだ。音声入力は、3.5mmジャック、同軸入力、光(S/PDIF)接続に対応している他、SCUに装備している3つのアナログオーディオ出力端子により、マルチチャンネルスピーカーに接続することもできる。光オーディオ出力から外部アンプに接続すれば、音声データをデコードせずにSCUを通して外部へ出力することも可能だ(オーディオパススルー)。

 そして、複雑な設定を必要とせずにPS4に接続して使用できるので、普段周辺機器をあまり使わないという人にも優しい。以下に、PS4での設定方法を紹介するので、ぜひ参考にしてほしい。

●PS4の設定方法

 メニューの“設定”から“サウンドとスクリーン”→“音声出力設定”→“主に使用する出力端子”へと移動する。その後は、“光デジタル出力”を選択し、“Dolby(R) Digital 5.1ch”にチェックを入れよう。その後、“音声出力設定”の“音声フォーマット(優先)”で“ビットストリーム(Dolby(R))を選択すればOKだ。マイク音量は“設定”→“周辺機器”→“オーディオ機器”で細かく調節できる。

『X-Tatic_Pro』 『X-Tatic_Pro』 『X-Tatic_Pro』 『X-Tatic_Pro』
『X-Tatic_Pro』 『X-Tatic_Pro』 『X-Tatic_Pro』 『X-Tatic_Pro』
『X-Tatic_Pro』 『X-Tatic_Pro』 『X-Tatic_Pro』 『X-Tatic_Pro』

 従来のヘッドセット以上に、より深い没入感や激しい臨場感をゲームに与えてくれる『X-Tatic Pro』。ゲームのさらなる魅力を引き出してくれる本ヘッドセットを体験しないのは本当にもったいないことだ、と自信を持って断言できる。サウンドがもたらす最高級のゲーム体験を、ぜひ味わってみてほしい。

(C) 2014 Activision Publishing, Inc. ACTIVISION, CALL OF DUTY, and CALL OF DUTY GHOSTS are trademarks of Activision Publishing, Inc. All other trademarks and trade names are the properties of their respective owners.

データ

▼『X-Tatic PRO』
■型番:SGH-XTP
■JANコード:4517832826051
■販売:GATE(ゲート)
■開発:Sharkoon
■発売日:2012年10月19日(2014年4月以降のモデルよりPS4に対応)
■希望小売価格:オープン価格(実勢20,000円前後)
■販売問い合わせ先:株式会社ゲート

関連サイト

関連記事

注目記事

アイコン別記事一覧

※クリックすると、ソートされた記事一覧に移動します。