News

2014年7月31日(木)

『魔法科高校の劣等生』佐島先生が放つ最新作はSFメカアクション『ドウルマスターズ』!【電撃文庫新作紹介】

文:電撃オンライン

 佐島勤先生が執筆する電撃文庫『ドウルマスターズ』の紹介記事をお届けしていきます。

『ドウルマスターズ』
▲tarou2(タロウツー)先生が描いた『ドウルマスターズ』の表紙はこちら。

【ストーリー】

『魔法科高校の劣等生』の佐島勤と、稀代の実力派イラストレーター・tarou2が放つSFシリーズ!

――『ドウル』。

 それは、パイロットの“思念の力”を拡張させ、物理的な戦闘力へと変換する人型機動兵器“タイタニック・ドウル”の略称である。

 新米ドウルマスター・早乙女蒼生は地球の貧しい都市機構“オートン”に所属し、姉の朱理とともに横浜ポリス軍と交戦していた。

 強力な敵機体から最期の一撃を喰らいかけたその時、蒼生の類い希なるサイキック能力が覚醒、“エクサー”として目覚める。

 それを契機に、ドウルの最強最新鋭部隊『ソフィア』へ入隊を果たした蒼生は、宇宙(そら)へと向かう。そこでは、純白の専用機“ミスティムーン”を駆る最強のドウルマスター・玲音との運命の出会いが待っていた――。

 壮大な近未来宇宙を舞台に、少年と少女の『世界』を賭けた闘いが、今始まる。

『ドウルマスターズ』

【物語のここに注目!】

ドウルマスターに選ばれた少年の成長と戦い! メカアクションを“読む”楽しさに気づく1冊

 電撃文庫『魔法科高校の劣等生』が人気を博している佐島勤先生の新シリーズは、近未来の宇宙を舞台にしたメカアクション。

 人型機動兵器――通称“ドウル”のパイロットに選ばれた主人公・早乙女蒼生(さおとめあおい)の戦いと青春模様が描かれていきます。アニメやマンガと違い、メカアクションを“読む”ことに抵抗を感じる人もいるかもしれません。しかし、そこは細部にまでこだわった世界観設定と状況描写に定評がある佐島作品。

 ドウルの性能はもちろん、軍事情勢や市民生活まで深く知ることができ、まるで25世紀を生きる蒼生と同じ空気を吸っているような感覚に……。ぜひ、物語を読み進めて『ドウルマスターズ』の世界にどっぷりハマってください。そして、やがてスゴ腕のドウルマスターたち集う高等訓練校へ入学し、運命の少女と出会う蒼生と一緒に学園生活を楽しんでください!!

【登場人物のここに注目!】

早苗と洋平は理想のパートナー!? 恋をしている女の子は本当にかわいい!!

 国家が消滅し、最強のドウル部隊を持つ“太陽系連盟”が、世界各地に散らばる自治都市を管理している近未来の地球――。荒廃した世界だからこそ輝くのが、戦う女の子の存在です。

 第1巻では、はかなげな風貌と美しい黒髪が魅力的な玲音(れいね)に注目!! 蒼生が一目ぼれしてしまう彼女は17歳のお嬢様で、世界中から選ばれた実力派ドウルマスターだけが所属するエリート部隊“ソフィア”の一員でもあります。そんな玲音と未知数の実力を持つ新米ドウルマスター・蒼生の関係がどうなるのかも注目したいポイントです。お姉さん好きの読者には、不器用な蒼生の世話を焼くセクシーな実姉の朱里(あかり)がいるので、こちらもチェック!

(C)佐島勤/KADOKAWA CORPORATION 2014
イラスト:tarou2

データ

▼『ドウルマスターズ』
■著:佐島勤、イラスト:tarou2
■プロデュース:アスキー・メディアワークス
■発行:株式会社KADOKAWA
■発売日:2014年7月10日
■定価:本体610円+税
 
■『ドウルマスターズ』の購入はこちら
Amazon.co.jp

関連サイト

関連記事

注目記事

アイコン別記事一覧

※クリックすると、ソートされた記事一覧に移動します。