News

2014年7月27日(日)

『Fate/strange Fake(フェイト/ストレンジ フェイク)』が小説(電撃文庫)&コミックス(TYPE-MOON BOOKS)で今冬始動

文:電撃オンライン

 本日7月27日に行われた“Fate Project 最新情報発表会”で、『Fate/strange Fake(フェイト/ストレンジ フェイク)』が発表された。小説は成田良悟氏、コミックスは森井しづき氏が担当し、小説(電撃文庫)、コミックス(TYPE-MOON BOOKS)ともに今冬同時始動予定。

『Fate/strange Fake(フェイト/ストレンジ フェイク)』

 『Fate/strange Fake(フェイト/ストレンジ フェイク)』は成田良悟氏が2008年のエイプリルフール企画として発表したのち、正式なスピンオフ作品として発表されたもの。当時は序章のみが制作されたが、今回はその先も描くとのこと。

『Fate/strange Fake(フェイト/ストレンジ フェイク)』
▲『Fate/strange Fake(フェイト/ストレンジ フェイク)』のイメージビジュアル

 物語の内容は、アメリカ西部のスノーフィールド市で発生した偽りの聖杯戦争を描くもの。発表会で公開された動画では、“集うは六柱の魔人達。”との言葉とともに、マスターやサーバントを含めた10キャラ以上のラフ画が公開。中には、名前が黒く塗りつぶされているキャラもいた。

 そしてキャラ紹介の最後は、歓喜に満ちたような女性の声での「あぁ、あぁ、臓物が疼く!」というセリフで締めくくられていた。

(C)TYPE-MOON

注目記事

アイコン別記事一覧

※クリックすると、ソートされた記事一覧に移動します。