News

2014年8月29日(金)

新型3DS『New 3DS/3DS LL』の機能まとめ。アナログ操作が可能な“Cスティック”以外に『3DS』からどう変わった?

文:電撃オンライン

 新型の3DS本体『New Nintendo 3DS』と『New Nintendo 3DS LL』が10月11日に発売することが発表された。価格はNew 3DSが16,000円+税、New 3DS LLが18,800円+税。

『newニンテンドー3DS』

 この情報は、本日8月29日20時より配信の“Nintendo 3DS Direct 2014.8.29”で明らかにされたもの。大きな特徴は、繊細なアナログ操作が可能な“Cスティック”が付いていることだ。カラーバリエーションは、『New Nintendo 3DS』はホワイトとブラック、 『New Nintendo 3DS LL』はメタリックブルーとメタリックブラックがある。

『NEW Nintendo 3DS/3DS LL』 『NEW Nintendo 3DS/3DS LL』
▲『New Nintendo 3DS(ホワイト)』▲『New Nintendo 3DS(ブラック)』
『NEW Nintendo 3DS/3DS LL』 『NEW Nintendo 3DS/3DS LL』
▲『New Nintendo 3DS LL(メタリックブルー)』▲『New Nintendo 3DS LL(メタリックブラック)』

 この記事では、『New Nintendo 3DS/3DS LL』ならではの新しい機能や特徴をまとめてお届けする。なお、同本体はこれまでに発売された3DS用ソフトのすべてに対応しているが、動作環境やグラフィックが向上することはない。ただし、既存タイトルで『New 3DS/3DS LL』向けに開発したソフトが今後出てくるという。

『NEW Nintendo 3DS/3DS LL』 『NEW Nintendo 3DS/3DS LL』
▲『モンスターハンター4G』と『New Nintendo 3DS LL』オリジナル本体をセットにした『モンスターハンター4G スペシャルパック』も発表。発売日はソフトと同日の10月11日、価格は25,600円+税。▲11月には『大乱闘スマッシュブラザーズ for Nintendo 3DS』デザインの『New Nintendo 3DS LL』も登場する。
『NEW Nintendo 3DS/3DS LL』 『NEW Nintendo 3DS/3DS LL』
▲本体用のきせかえプレートや充電台の発売も予定されている。

【『New Nintendo 3DS』ならではの機能や特徴】

●Cスティック

 A/B/X/Yボタンの左上に“Cスティック”と呼ばれるアナログスティックが追加された。これは、3DSの周辺機器として発売された『ニンテンドー3DS専用拡張スライドパッド』と同等の機能を果たす入力デバイス。A/B/X/Yボタンとの距離の近さは、快適な操作を可能にする。

『NEW Nintendo 3DS/3DS LL』

 現時点で“Cスティック”によるカメラコントロールに対応しているソフトは、『モンスターハンター4G』『ドラゴンクエストX オンライン』『ファイナルファンタジー エクスプローラーズ』。また、『大乱闘スマッシュブラザーズ for Nintendo 3DS』では“Cスティック”でスマッシュ攻撃を出せるとのこと。

●3Dブレ防止機能

 上画面を3D立体視に切り替えた際、操作中に本体や顔が大きく動いても映像が安定して見えるようになった。この“3Dブレ防止機能”は、本体の内側カメラで顔の位置を認識し、自動調整してくれるものだという。

『NEW Nintendo 3DS/3DS LL』 『NEW Nintendo 3DS/3DS LL』

●NFCのリーダー/ライターを内蔵

 今後発売される“amiibo(アミーボ)”やその対応ソフトが、本体だけで楽しめるようになった。amiiboとは、対応ソフトと連動して遊べるフィギュアのことで、フィギュア内の情報を読み込むNFC機能が本体に内蔵される。

『NEW Nintendo 3DS/3DS LL』

●その他の特徴

 本体性能やボタンレイアウトなど、『Nintendo 3DS/3DS LL』から進化した部分をまとめて紹介する。

『NEW Nintendo 3DS/3DS LL』 『NEW Nintendo 3DS/3DS LL』
▲『New Nintendo 3DS』の画面サイズは、上画面が3.88インチで下画面が3.33インチ。旧型に比べて面積比が約1.2倍に大きくなっている。▲『ニンテンドー3DS専用拡張スライドパッド』にあったZLボタン/ZRボタンも搭載。
『NEW Nintendo 3DS/3DS LL』 『NEW Nintendo 3DS/3DS LL』
▲『New Nintendo 3DS』のA/B/X/Yボタンが、SFCのコントローラと同じ配色でカラフルに。▲一方の『New Nintendo 3DS LL』は、ボタンの文字色が変わった他、操作感を向上させるようボタンの大きさと配置に調整が加えられている。
『NEW Nintendo 3DS/3DS LL』 『NEW Nintendo 3DS/3DS LL』
▲ゲームカードスロット、タッチペンホルダー、電源ボタンは本体下部に移動。レイアウトが大きく変わった。▲上画面の明るさを自動調整する機能を搭載。どの場所でもスクリーンは適切な明るさになり、消費電力の節約にもつながる。
『NEW Nintendo 3DS/3DS LL』 『NEW Nintendo 3DS/3DS LL』
▲バッテリー持続時間も少しだけ増えた。
『NEW Nintendo 3DS/3DS LL』 『NEW Nintendo 3DS/3DS LL』
▲インターネットブラウザーが動画の再生に対応。さらに、ニンテンドーeショップからソフトやDLCをダウンロードする速度も向上している。▲これまでのSDカードに代わり、microSD(4GB)に。スロット位置が本体裏面に移動したため、カードを抜き差しするにはバッテリーカバーを外す必要がある。

(C)2014 Nintendo

関連サイト

注目記事

アイコン別記事一覧

※クリックすると、ソートされた記事一覧に移動します。