News

2014年9月3日(水)

PS Vita版の『聖剣伝説 RISE of MANA』と『デッドマンズ・クルス』が今冬に登場! TGSではプレイアブル&映像出展も

文:まり蔵

 スクウェア・エニックスは、PS Vita版の『聖剣伝説 RISE of MANA』および『デッドマンズ・クルス』を今冬に配信する。価格は、どちらも基本プレイ無料のアイテム課金制。

『聖剣伝説RoM』 『聖剣伝説RoM』

 『聖剣伝説 RISE of MANA』は、2014年3月よりスマートフォン向けに配信され、登録者数150万人を超える『聖剣』シリーズの最新作。とある事件により1つの体になってしまった天使と悪魔の2人を動かして、多彩なフィールドを冒険できるアクションRPGだ。キャラクターを切り替える“転身”や仲間とリアルタイムで巨大ボスに挑む“レイドバトル”といった、これまでのシリーズにはない新たなシステムをコントローラで楽しめる。さらに、PS Vita版オリジナルのイベントも用意されているとのことだ。

『聖剣伝説RoM』 『聖剣伝説RoM』
『聖剣伝説RoM』 『聖剣伝説RoM』

 『デッドマンズ・クルス』は、スマートフォンで全世界400万ダウンロードを記録したゾンビカードバトルRPG。PS Vita版では、ゲーム内のすべての操作がコントローラ&タッチの両方でプレイできる。終末世界を生きるプレイヤーは、襲い来るゾンビをライフルで狙い撃ち、捕獲。他には類を見ない、歴史上の人物や職業、動物などあらゆる存在がゾンビと化した“デッドマンカード”を駆使して、人々の依頼を解決したりオンラインアリーナで最強を目指したりと、さまざまな遊びが体験できる。公式サイトでは、PS Vita版の配信についてプロデューサーコメントが公開されているので、ぜひチェックしてほしい。

『聖剣伝説RoM』 『聖剣伝説RoM』
『聖剣伝説RoM』 『聖剣伝説RoM』

 なお、両タイトルは9月18日より千葉・幕張メッセで開催される東京ゲームショウ2014に出展される。『聖剣伝説 RISE of MANA』は映像出展、『デッドマンズ・クルス』は映像およびプレイアブル出展となっている。両作品が気になる人は、TGSのスクウェア・エニックスブースに足を運んでみてはいかがだろうか?

(C) 2014 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.

データ

▼『聖剣伝説 RISE of MANA(無料ダウンロード版)』
■メーカー:スクウェア・エニックス
■対応機種:PS Vita
■ジャンル:ARPG
■配信日:今冬
■価格:基本無料/アイテム課金
▼『デッドマンズ・クルス』
■メーカー:スクウェア・エニックス
■対応機種:PS Vita
■ジャンル:RPG
■配信日:2015年2月24日
■価格:基本無料/アイテム課金

関連記事

関連サイト

注目記事

アイコン別記事一覧

※クリックすると、ソートされた記事一覧に移動します。

ゲーム実況エクストリーム
再生数ランキング(04/15~04/21)

  1. 1

    【MHW】神修正!歴戦イビルジョーが超楽に狩れる!龍結晶の地へマップ変更した「脈打て、本能」【モンハンワールド】

  2. 2

    【MHW】新モンスター「マム・タロト」は期間限定クエストだった!有利に戦える方法や環境利用、肉質や弱点属性など【モンハンワールド】

  3. 3

    【MHW】歴戦個体に閃光弾が一部無効に!?ツタの葉の増殖や調査クエストのソートが可能に「第二弾大型アップデート」に伴う仕様変更【モンハンワールド】

  4. 4

    【MHW】アステラ祭No.1の神クエスト!HR、痕跡、装飾品、竜玉、紅玉、宝玉が同時に収集できる「丘の上の雪見桜」【モンハンワールド】

  5. 5

    【MHW】先取情報!期間限定で竜玉救済イベントクエスト登場か?「暴動とは斯くの如し」と第二弾大型アップデート実装内容アンケート結果【モンハンワールド】

  6. 6

    【Minecraft】青鬼でコラボしてみた#4【らっだぁ×我々だ!】

  7. 7

    【MHW】新要素16人で討伐!新モンスター「爛輝龍 マム・タロト」の実機プレイはカプコンTVで【モンハンワールド】

  8. 8

    【MHW】発掘武器復活か?「鑑定武器」やマム・タロトの武器や防具、重ね着が生産可能に【モンハンワールド】

  9. 9

    【モンスト】もう引き際が分からない!再びラミエル狙いでガチャ!

  10. 10

    【モンスト】出るか出ないかはある種50%!新限定ラミエル狙いでガチャ!