News

2014年9月19日(金)

DMMゲームズステージで新作王道ファンタジー系ブラウザゲーム『神刻(とき)の娘』が発表【TGS2014】

文:電撃オンライン

 本日9月18日より千葉・美浜区の幕張メッセで開催中の東京ゲームショウ2014。本記事では、DMMゲームズの新作ゲームの情報をお届けする。

『神刻の娘』

 9月18日行われたステージイベントで、2015年初頭に正式サービスが開始予定の新作ブラウザゲーム『神刻(とき)の娘』の発表が行われた。

 本作はキャラクター及び世界観のデザインに『魔法戦記リリカルなのはForce』や『武装中学生2045』などで有名なイラストレーターの黒銀(くろぎん)氏、ゲーム内BGMに『ロマンシング・サガ』シリーズや『パズル&ドラゴンズ』などで知られる作曲家の伊藤賢治氏を起用している。

 “RPG Renaissance(ルネサンス)”というキーワードとともに制作されている本作は、かつてスクウェア・エニックスでゲーム開発を担当していたスタッフを結集して開発されており、基本プレイ無料のブラウザゲームにしてはめずらしく、非常にゲーム性の強い作品に仕上がっているという。

『神刻の娘』

 ゲームはダンジョンのマスを進んでいくマップ探索型のS・RPGとなっており、宝箱や敵などのシンボルが配置されたマスに止まることで様々なイベントが発生する。戦闘はチェス盤のような模様の横4マス×縦5マスの盤上で、3Dキャラクターたちがプレイヤーの選択した陣形変更や、それに伴う“ユニオンアタック”と呼ばれる連携攻撃など、戦略性を重視した迫力のバトルがアニメーションで展開する。

『神刻の娘』
『神刻の娘』

 メインシナリオはサービス開始時点で100種類以上のシナリオが用意されており、1つ1つのシナリオに応じてマップが変化。さらに、“神格者”と呼ばれるプレイヤーの仲間たちが持つ特殊能力は戦闘への影響だけでなく、マップ上でもさまざまな効果を発揮するため、攻略にはさまざまな適性を考慮した綿密な戦略が求められるゲームとなっている。

『神刻の娘』
『神刻の娘』

 また、神話を題材にした奥深いストーリーの他にも、田村ゆかりさん、植田佳奈さん、中原麻衣さん、下野紘さん、前野智昭さん、江口拓也さんといった人気声優を起用したビジュアル&ボイスの面の演出にも注目。本作は現在、2015年初頭の正式サービス開始に向けて調整を行っており、今後はCBTや事前登録などを行う予定とのことなので、興味のある人は引き続き続報を楽しみに待っていてほしい。

『神刻の娘』
『神刻の娘』

■東京ゲームショウ2014 開催概要
【開催期間】
 ビジネスデイ……2014年9月18日~19日 各日10:00~17:00
 一般公開日……2014年9月20日~21日 各日10:00~17:00
【会場】幕張メッセ
【入場料】一般(中学生以上)1,200円(税込)/前売1,000円(税込)
※小学生以下は無料

関連記事

関連サイト

注目記事

アイコン別記事一覧

※クリックすると、ソートされた記事一覧に移動します。