News

2014年9月20日(土)

“東京ゲームショウ2014”人気タイトル待ち時間まとめ。各社ブースの概要や会場の様子とあわせて紹介【TGS2014】

文:電撃オンライン

 千葉・幕張メッセで開催中の東京ゲームショウ2014。この記事では、一般日初日となる本日9月20日の模様をまとめてお届けする。

 混雑状況などにスポットを当ててレポートしていくので、会場のマップと合わせて2日目参加の参考にしてほしい。

“東京ゲームショウ2014”
“東京ゲームショウ2014”
▲入場の際に受け取ることができる整理券。入場開始直後になくなるものも。

■Hall 1~3

●SCEブース(ホール3:S1)

 25タイトル以上の試遊を楽しめるSCEブースは今年も盛況。iOS/Android向けアプリ“PlayStation App”では、出展タイトルや試遊の待ち時間ナビ、ステージイベントのスケジュールなど、SCEブースの攻略に役立つ情報を確認できる。事前にダウンロードして活用しよう。

“東京ゲームショウ2014”
“東京ゲームショウ2014”
“東京ゲームショウ2014”
▲Morpheus(モーフィアス)の体験コーナーは人気。会場の入場口で整理券の配布が行われているが、すぐに規定枚数分が終了していた。
“東京ゲームショウ2014” “東京ゲームショウ2014” “東京ゲームショウ2014”
▲PlayStation Appで確認できる待機列の一例。SCEタイトルや、発表されたばかりの新規タイトルが注目されているのが見て取れる。

●ディースリー・パブリッシャーブース(ホール3:C3)

 『お姉チャンバラZ2 ~カオス~』のド迫力なブースデザインで注目を集めているディースリー・パブリッシャーブース。同タイトルの他、先日のSCEカンファレンスで発表された『地球防衛軍4.1 THE SHADOW OF NEW DESPAIR』や、『地球防衛軍2 PORTABLE V2』のプレイアブル出展が行われている。

“東京ゲームショウ2014”
“東京ゲームショウ2014”
▲神楽の胸に頭を突っ込んでプレイする『お姉チャンバラZ2 ~カオス~』の試遊待ち時間は、11時の段階で約90分ほど。

●カプコンブース(ホール3:N1)

 カプコンブースは、大きなセルレギオスのオブジェが目印。『モンスターハンター4G(MH4G)』と『バイオハザード リベレーションズ2』の試遊、『大逆転裁判 ‐成歩堂龍ノ介の冒險‐』の特別シアターを楽しめる。

 『モンスターハンター4G(MH4G)』の試遊台では、“ドスジャギィ討伐”、“ダイミョウザザミ討伐”、“セルレギオス討伐”の3つからクエストを選択してプレイできる。プラットフォームに10月11日に発売される新モデル『Newニンテンドー3DS』と『Newニンテンドー3DS LL』を使用しているので、本作で重要となる操作感を確かめられるはずだ。なお整理券の配布は、会場入り口で行われているので注意してほしい。

“東京ゲームショウ2014”
“東京ゲームショウ2014”
“東京ゲームショウ2014”
▲『バイオハザード HDリマスター』のコーナーでは、ガンメーカー・東京マルイとのコラボレーションでシューティングレンジが設置されており、こちらも盛況。待ち時間は、10時半の時点で約60分となっていた。
“東京ゲームショウ2014” “東京ゲームショウ2014” “東京ゲームショウ2014”
▲『バイオハザード リベレーションズ2』は残念ながら入場規制。またパートナータイトルとして、マーベラスの『幕末Rock 超魂(ウルトラソウル)』と『禁忌のマグナ』の試遊会も行われている。

●セガブース(ホール2:S1)

 フォトスポットの設置などアミューズメント要素の強いセガブースでは、『ファンタシースター ノヴァ』や『電撃文庫 FIGHTING CLIMAX』、『初音ミク Project mirai でらっくす』などのプレイアブル出展も行われている。

 MAGES.やアトラスなど、他メーカーのタイトルの映像も数多く用意されているので、気軽に立ち寄るだけでも新作タイトルの雰囲気を満喫できるはずだ。

“東京ゲームショウ2014”
“東京ゲームショウ2014”
“東京ゲームショウ2014”

●スクウェア・エニックスブース(ホール2:N1)

 『ファイナルファンタジー 零式 HD』の電撃発表で話題のスクエニブースは、同作の試遊がやはり一番人気。注目している人は、ホールに入ったらスライムとスライムベスの大きなバルーンを目指そう!

“東京ゲームショウ2014”
“東京ゲームショウ2014”
“東京ゲームショウ2014” “東京ゲームショウ2014”
“東京ゲームショウ2014” “東京ゲームショウ2014”

●KONAMIブース(ホール1:S3)

 KONAMIブースは、『METAL GEAR SOLID V: GROUND ZEROES』の最新映像が話題に。コンシューマータイトルでは、『実況パワフルプロ野球2014』と『ワールドサッカー ウイニングイレブン 2015』といった新作スポーツゲームがメインで、どちらも15分程度の待ち時間でプレイできる。またパートナータイトルとして、日本ファルコムの『英雄伝説 閃の軌跡II』試遊台も設置されている。

“東京ゲームショウ2014”
“東京ゲームショウ2014”
“東京ゲームショウ2014” “東京ゲームショウ2014”
▲モバイルゲームも多くラインナップされており、アイテムコードが記載されたうちわの配布の他、ミニゲームコーナーが設けられている。

●アークシステムワークスブース(ホール1:S1)

 新キャラクター“シン=キスク”と“エルフェルト”を世界最速で遊ぶことができるPS3/PS4版『GUILTY GEAR Xrd ‐SIGN‐』の試遊が人気! 対戦台の他にシングルプレイ台も用意されているので、じっくりとキャラクターの動きを確認したい人も楽しめるはずだ。

“東京ゲームショウ2014”
“東京ゲームショウ2014” “東京ゲームショウ2014”
“東京ゲームショウ2014” “東京ゲームショウ2014”

●エレクトロニック・アーツブース(ホール1:N1)

 『バトルフィールド ハードライン』を大きくフィーチャーする中、『ドラゴンエイジ:インクイジション』の重厚なファンタジービジュアルを生かした展示も目を引くエレクトロニック・アーツのブース。

 『FIFA15』、『EA SPORTS UFC』とったスポーツタイトルの試遊も人気な中、『FIFA15』はミニトーナメント大会も開催されている。先着順となっているので、参加希望者はスタッフに声を掛けてみよう。

“東京ゲームショウ2014”
“東京ゲームショウ2014”
“東京ゲームショウ2014”

■Hall 4~6

●マイクロソフトブース(ホール5:S1)

 『Forza Horizon 2』や『Sunset Overdrive』など、25を超える試遊タイトルがラインナップされる中、特に注目されていたのは24人の同時対戦を体験できる『コール オブ デューティ アドバンスド・ウォーフェア』だ。

 『RYSE END OF LINE』など、発売済みのXbox Oneタイトルは比較的待ち時間少なくプレイできるので、Xbox Oneの持つパワーを感じたい人は訪れてみては?

“東京ゲームショウ2014”
“東京ゲームショウ2014”
“東京ゲームショウ2014” “東京ゲームショウ2014” “東京ゲームショウ2014”
“東京ゲームショウ2014” “東京ゲームショウ2014” “東京ゲームショウ2014”
“東京ゲームショウ2014” “東京ゲームショウ2014” “東京ゲームショウ2014”
▲なお、上記待ち時間は11時時点のもの。

●バンダイナムコゲームスブース(ホール4:S5)

 バンダイナムコゲームスは、『GOD EATER 2 RAGE BURST(ゴッドイーター2 レイジバースト)』や『テイルズ オブ ゼスティリア』、『ドラゴンボール ゼノバース』、『ガンダムブレイカー2』など人気タイトルを多く出展。

 『GE2 レイジーバースト』と『テイルズ オブ ザ ワールド レーヴ ユナイティア』は試遊するとオリジナルグッズがもらえることもあり、入場規制が設けられるほどの盛況ぶりだった。試遊コーナーはブースの裏手になるので、真っ先に遊びに行きたい人は覚えておこう。

“東京ゲームショウ2014”
“東京ゲームショウ2014”
“東京ゲームショウ2014” “東京ゲームショウ2014”
“東京ゲームショウ2014” “東京ゲームショウ2014”
“東京ゲームショウ2014” “東京ゲームショウ2014”

●コーエーテクモゲームスブース(ホール5:N1)

 『討鬼伝 極』のイミハヤヒが来場者を襲撃!? 大迫力のオブジェが素敵なコーエーテクモゲームスブースでは、『討鬼伝 極』のタイムアタックコーナーや『戦国無双』10周年コーナー、コスプレコンテストなど、ゲームの試遊の他にもさまざまな催しが行われている。

 試遊コーナーでは、『ブレイドストーム 百年戦争』や『戦国無双 Chronicle 3』、『ゼルダ無双』などが並び、どのタイトルも11時半の時点で規制は行われるほど。

“東京ゲームショウ2014”
“東京ゲームショウ2014”
“東京ゲームショウ2014”
“東京ゲームショウ2014”
“東京ゲームショウ2014” “東京ゲームショウ2014”
“東京ゲームショウ2014” “東京ゲームショウ2014”

●グリーブース(ホール6:S1)

 グリーは、『クロスサマナー』や『城姫クエスト』など、25以上のタイトルをプレイアブル出展。試遊するごとにその場でポイントが付与され、そのポイントごとにオリジナルグッズをもらえたり、抽選に参加できたりといったキャンペーンが実施されている。

 どのタイトルも比較的並ばずに遊べるので、この機会に気になるタイトルに挑戦してみては?

“東京ゲームショウ2014”

●DMMゲームズブース(ホール6:N1)

 本イベント初出展となるDMMゲームズでは、『スカイ・ロア』や『俺タワー』、『戦国闘檄(バーニングスピリッツ)』などの美少女満載のタイトルを楽しめる。

 試遊コーナーは並ばずにプレイできるが、『艦隊これくしょん ~艦これ~』のグッズ展示コーナーは入場の列が伸びていた。また一般日2日目となる21日は、『HOUNDS』の大会がブース中央のステージで開催されるとのこと。

“東京ゲームショウ2014”

●ウォーゲーミングジャパンブース(ホール6:S2)

 ウォーゲーミングジャパンブースでは、新作『World of Warships』を主とし、『World of Tank』 や Xbox360版『World of Tanks Xbox:360 Edition』、iOS版『World of Tanks Blitz』がプレイアブル出展されている。なお、『World of Warships』をプレイするには、会場入り口や、他3タイトルを試遊することでもらえる“『World of Warships』特別試遊券”が必要となるので注意しよう。

 また、TVアニメ 『ガールズ&パンツァー』 や『蒼き鋼のアルペジオ ‐アルス・ノヴァ‐』とのコラボグッズが貰えるキャンペーンも行われている。

“東京ゲームショウ2014”
“東京ゲームショウ2014”
“東京ゲームショウ2014” “東京ゲームショウ2014” “東京ゲームショウ2014”

■東京ゲームショウ2014 開催概要
【開催期間】
 ビジネスデイ……2014年9月18日~19日 各日10:00~17:00
 一般公開日……2014年9月20日~21日 各日10:00~17:00
【会場】幕張メッセ
【入場料】一般(中学生以上)1,200円(税込)/前売1,000円(税込)
 ※小学生以下は無料

関連サイト

注目記事

アイコン別記事一覧

※クリックすると、ソートされた記事一覧に移動します。