News

2014年9月20日(土)

電撃オンラインブースで未知の3D体験! VRヘッドマウントディスプレー『Oculus Rift』で3つのコンテンツが試遊できる【TGS2014】

文:チョロ松

 東京ゲームショウ2014の“電撃オンライン”ブース(3-N3)では、マウスコンピューターのゲーミングPCブランド“G-Tune”の協力により、バーチャルリアリティー・ヘッドマウントディスプレー『Oculus Rift(オキュラスリフト)』の体験コーナーが用意されている。

『G-Tune』

 『Oculus Rift』とは、3Dで表現されるCGの世界に入り込むことができる夢のようなデバイス。ゴーグルを付けると、自分の視界がすべてCG映像に覆われ、正面だけでなく、右も左も、上も下も、背面もすべてという、360×180度の全周パノラマで仮想世界を楽しめる。

『G-Tune』

 同ブースにて体験できるのは、『Oculus Rift』の最新バージョンとなるDK2(Developers Kit 2)。従来のモデルより高解像度になっているのに加え、G-Tuneから販売されているOcuFes推奨PCの高い性能により、60fps以上の細やかな画面描写で迫力たっぷりの臨場感を味わえる。

『G-Tune』

 用意されているコンテンツは、セクシー女優のボディを3Dスキャンで再現した『PLAYGIRLS』と、スリリングなスピード感が味わえる『スキージャンプ』および『ジェットコースター』の3種類。特に『ジェットコースター』の人気が高いようだ。順番待ちの列は数十人規模となっているので、『Oculus Rift』をぜひ体験してみたいという方はなるべく早く、電撃オンラインへ向かおう!

『G-Tune』
『G-Tune』
『G-Tune』
『G-Tune』
『G-Tune』 『G-Tune』
▲『とある魔術の禁書目録』のインデックスさんと、『俺の妹がこんなに可愛いわけがない』の高坂桐乃ちゃんが『Oculus Rift』の特製冊子を配布中!

Copyright (C) MouseComputer CO.,LTD. All Rights Reserved.

関連サイト

関連記事

注目記事

アイコン別記事一覧

※クリックすると、ソートされた記事一覧に移動します。