News

2014年9月20日(土)

『地球防衛軍4.1』で巨大怪獣VS巨大ロボが実現! PS4でパワーアップした地球防衛軍の勇姿と新たな敵の恐怖に武者震い必至!【TGS2014】

文:えまぬえる

 千葉は幕張メッセで開催中の“東京ゲームショウ2014”。D3パブリッシャーブースでプレイできたPS4用ソフト『地球防衛軍4.1 THE SHADOW OF NEW DESPAIR』のプレイレポートをお届けします。

『東京ゲームショウ2014』
『東京ゲームショウ2014』 『東京ゲームショウ2014』

 地球防衛軍(通称EDF)の隊員となり、群がる巨大生物やUFOなどと戦う『地球防衛軍』シリーズは、絶望的な難易度によるシビアさと巨大な敵を蹴散らす圧倒的な爽快感で多くのゲーマーの支持を集めてきました。

 今回試遊できる『地球防衛軍4.1』は、PS3で発売された『4』に新要素が加わったバージョンアップ版ともいえる作品です。試遊台では“再召集”“翼の戦姫”“要塞破壊作戦”の3ミッションが遊べます。4つの兵科が選べますが、この記事ではレンジャーを使用して“再召集”をプレイした感想をレポートしていきます。

『東京ゲームショウ2014』
▲地上戦を得意として万能な性能をもつレンジャーや、空爆要請やビーグル輸送要請などで味方をサポートするエアレイダーなど、4つの兵科が使用可能です。

 まずはグラフィック。キャラクターのモデルチェンジなどはありませんでしたが、PS4になったことによる処理能力の向上はめざましく、巨大生物をさらに遠くから鮮明に捉えることができます。

 プレイして細かな点に感動はしましたが、実際のところこのミッションは『4』でも収録されていたもの。同じ展開ではさすがに退屈してしまうな~……なんて思っていたら、突如カメラがイベントアングルに! そこには、高層ビルの倍はあろうかという超巨大な怪生物の姿があるではありませんかッ!

『東京ゲームショウ2014』
▲地響きとともに登場した超巨大な怪生物“エルギヌス”。ラスボスのような存在感があるこの敵が、まさか最初のミッションで登場するとは誰が想像したでしょうか(笑)。
『東京ゲームショウ2014』
▲生身ではとうてい太刀打ちできない相手だ。

 自分がいる地点から遠くに出現した怪生物“エルギヌス”は、周囲のビルを壊しながらじょじょに接近。さらに口からは大ダメージの怪光線まで放ってくる始末。ほかの甲殻巨大生物も迫っていますが、さすがにこちらは無視できないということで応戦を開始します。

 エルギヌスの動きは鈍重なので、予備動作を察知すれば怪光線を回避するのは可能ですが、どうもこちらの攻撃の効果が薄いらしく、なかなか倒れる気配がありません。再びカメラがイベントアングルに。すると巨大ロボットなロボットが数台のヘリコプターによって空輸されてるじゃありませんかッ!

 この巨大ロボットはEDFの新兵器である歩行要塞“バラム”。身の丈はエルギヌスとほぼ同等という、いままでになかった超巨大兵器です。プレイヤーの近くまで運搬されてきたのでさっそく乗り込んでみることに。

『東京ゲームショウ2014』
『東京ゲームショウ2014』
▲全長が50mあるというバラム。しかし、この歩行要塞はまだ小型だということ……。さらに巨大な兵器が登場するということでしょうかね!?
『東京ゲームショウ2014』
▲ちなみに、D3パブリッシャーブースの巨大モニターの脇にバラムの模型が飾られています。記念撮影もできるのでそちらもチェックしてみてください。

 バラムに乗り込むと視点が変更。さきほどまで見上げていたエルギヌスが普通の大きさに感じるなんて……カメラーワークは重要ですな。バラムのスペックですが、耐久力は40,000を超えており、怪光線の直撃にも耐えられる堅牢さを有しております。

 搭載兵器はなく、攻撃方法は両手でのパンチのみ。R1ボタンで右パンチ、L1ボタンで左パンチを繰り出すことができ、右左右や左左右といったパンチによるコンボが可能です。

『東京ゲームショウ2014』
『東京ゲームショウ2014』
▲バラムとエルギヌスの戦いは圧巻の一言! 両者が歩むたびに巻き起こる地響きと土煙やコントローラーの振動、戦闘中バラムにまとわりつく甲殻巨大生物など、あらゆる面から巨大感が演出されておりました。

 パンチコンボに確かな手ごたえを感じつつも、なかなか倒れないエルギヌス。怪光線の直撃を何度もうけ、こちらの耐久力も残りわずかになっていました。おそらくこのコンボが最後の攻撃になるだろう……と、覚悟を決めて踏み込んだそのとき、無常にもプレイ時間が終了! 10分間があっというまに過ぎました(笑)。

 さて、最後にロード時間についてですが、『4』ではステージ選択からゲーム開始までに1分以上かかってしまいましたが、『4.1』マシンパワーの向上もあって約30秒と大幅短縮! まだ開発途中ですから、さらなるロード時間短縮が期待されるところです。

■東京ゲームショウ2014 開催概要
【開催期間】
 ビジネスデイ……2014年9月18日~19日 各日10:00~17:00
 一般公開日……2014年9月20日~21日 各日10:00~17:00
【会場】幕張メッセ
【入場料】一般(中学生以上)1,200円(税込)/前売1,000円(税込)
※小学生以下は無料

(C)2014 SANDLOT
(C)2014 D3 PUBLISHER

データ

▼『地球防衛軍4.1 THE SHADOW OF NEW DESPAIR』
■メーカー:ディースリー・パブリッシャー
■対応機種:PS4
■ジャンル:アクション
■発売日:2015年4月2日
■希望小売価格:6,980円+税

Amazon.co.jp で詳細を見る

関連記事

関連サイト

注目記事

アイコン別記事一覧

※クリックすると、ソートされた記事一覧に移動します。