News

2014年10月7日(火)

『電撃文庫 FIGHTING CLIMAX』攻略:司波深雪編 変幻自在の魔法攻撃で中~遠距離戦を支配しよう!

文:AO

 PS3/PS Vita版が11月13日に発売予定の2D対戦格闘ゲーム『電撃文庫 FIGHTING CLIMAX』。電撃オンラインでは、各キャラクターの攻略記事を掲載しています。立ち回りやオススメのサポートキャラ、コンボを詳しく解説しますので、ぜひチェックしてプレイに役立てください!

 深雪はリーチの長いアクションを豊富に持つ、中~遠距離戦が得意なキャラクター。リーチの長い各種エクステンドアクション(以下、タメ)や、前方全体に攻撃判定がある切り札“コキュートス”のプレッシャーで相手の動きを制御して、自分のターンを作っていきましょう。

『電撃文庫 FIGHTING CLIMAX』

※画面はアーケード版のものです。


■ 司波深雪(声優:早見沙織) ■
『魔法科高校の劣等生』
著:佐島 勤
イラスト:石田可奈

『電撃文庫 FIGHTING CLIMAX』

■ コマンドリスト ■

『電撃文庫 FIGHTING CLIMAX』

■ 基本戦術 ■

●C攻撃(タメ)と“フリージング・ゾーン”で攻めの起点を作る!

 リーチの長い攻撃が豊富な深雪ですが、自身の移動と攻撃は少し遅めです。ジャンプorダッシュ攻撃だけでは対処されやすいので、相手に近づきたい時はリーチの長い立ちC(タメ)やしゃがみCなどを相手にガードさせて“フリージング・ゾーン”につなげる連携も便利です。

 “フリージング・ゾーン”はガードorヒット時に深雪が空中行動可能なため、そのままジャンプ攻撃を出して攻め続けることができます。相手が“フリージング・ゾーン”を警戒して対空技を出してくる場合は、通常攻撃を“フローラル・ロック”でキャンセルして仕切り直しましょう。

『電撃文庫 FIGHTING CLIMAX』
『電撃文庫 FIGHTING CLIMAX』
▲立ちC(タメ)は中距離、しゃがみC(タメ)は遠距離のけん制技として有効です。接近戦では発生の速いしゃがみA。空中ではリーチの長いジャンプCをメインに使っていきましょう。

 ガード崩しは下段のしゃがみA、中段のインパクトブレイク、投げを使い分けましょう。しゃがみAをガードされた場合は再度“フリージング・ゾーン”を使って攻めを継続したり、立ちC(タメ)やしゃがみC(タメ)などにつないで相手が動こうとしたところにヒットさせたりするのも有効です。

『電撃文庫 FIGHTING CLIMAX』
『電撃文庫 FIGHTING CLIMAX』
▲“フリージング・ゾーン”をガードさせた後は空中ダッシュ、通常ジャンプ、ジャンプ攻撃を行えるので、多彩な攻めを展開できます。

 体力をリードした時はバックジャンプC(タメ)のけん制が役立ちます。攻撃と同時に“グングニル”を入力しておけばガード時は技が出ず、ヒット時はキャンセルで発動するので覚えておくと便利。画面端に追い詰められても“EXグングニル”を使えば位置を入れ替えることが可能なので、うまく利用して相手のペースを乱していきましょう。

『電撃文庫 FIGHTING CLIMAX』
▲ジャンプC(タメ)はリーチが長く、空中でのけん制技に最適。
『電撃文庫 FIGHTING CLIMAX』
▲“EXグングニル”は一定距離を前進しつつ巨大な氷を設置するため、画面端で使えば相手の反撃を封じつつ位置を入れ替えられます。

●“コキュートス”をヒットさせるのが勝利へのカギ!

 深雪の切り札“コキュートス”は威力が高く、効果範囲がなんと深雪より前方の画面全体! さらにしゃがみガード&空中ガード不能という優秀な性能を持っています。深雪の重要なダメージソースとなるので発動ポイントを押さえて確実にヒットさせていきましょう。

 主な狙いどころは相手が2段ジャンプやクイックフォワード、空中で受け身を取った直後など。当然、相手も警戒してくるので、サポートキャラクターを呼び出して相手が飛びたくなるような状況(※後述)を作り出すことも大事です。

 その他にもガード時の拘束時間が長い“EXフロー