News

2014年10月7日(火)

『アイドルマスター』9thライブ東京公演2Days詳細レポート。最強アイドルの乱入で熱気が超“加速”!

文:千駄木和弘

 9月21日~22日、東京体育館にて『アイドルマスター』のライブイベント“THE IDOLM@STER 9th ANNIVERSARY WE ARE M@STERPIECE!!”が開催された。この『アイマス』9周年ライブツアーは8月2日~3日の大阪公演、8月16日~17日の名古屋公演から続き、今回の東京公演2Daysがツアーの最終公演となる。

【出演者】※敬称略
 中村繪里子(天海春香役)、今井麻美(如月千早役)、釘宮理恵(水瀬伊織役)、平田宏美(菊地真役)、 下田麻美(双海亜美・真美役)、浅倉杏美(萩原雪歩役)、原由実(四条貴音役)、沼倉愛美(我那覇響役)

【スペシャルゲスト】※敬称略
滝田樹里(音無小鳥役/1日目)、茅原実里(玲音役/2日目)

■初日公演

 東京公演のオープニングは『READY!!』からスタート! ツアー全体を通しての衣装は『ワンフォーオール』のパッケージでもキャラクターたちが着用してる“チェックMYノート”風のもの。『ワンフォーオール』発売後に開催された大規模ライブというのをビジュアル面でも感じられる。

“THE IDOLM@STER 9th ANNIVERSARY WE ARE M@STERPIECE!!” “THE IDOLM@STER 9th ANNIVERSARY WE ARE M@STERPIECE!!”

 『READY!!』曲の後に行われた出演者からの挨拶は、まずキャラクターを演じてから本人の挨拶を行なうスタイルで行なった。東京公演は8名でのライブとなり、全公演に参加したのは今井さんと下田さんの2名となる。

 3曲目の『START!!』を歌い終わった中村さんから、“1人が連続して歌うソロパート”が9thライブツアーの大きな仕掛けであることが告げられた。たしかに従来の大規模ライブはソロで歌うことはあっても連続して歌うことは少なく、続けて歌う場合はユニットを組んでいることが多い。このスタイルを今回は崩していくというのだ。

 この“ソロで1曲歌う→MC→2曲続けて歌う”という、MCパートをじっくり取ったセットリスト構成が面白い。歌う前に曲への思い入れや、前回までの公演で感じたことなどを伝えることで、プロデューサーに“歌に対する思いを感じてほしい”というのをより鮮明に伝えることに成功している。4曲目の『私はアイドル』も、“生バンドで歌うのが9年目にして初めてになる曲”だという。

“THE IDOLM@STER 9th ANNIVERSARY WE ARE M@STERPIECE!!”
“THE IDOLM@STER 9th ANNIVERSARY WE ARE M@STERPIECE!!” “THE IDOLM@STER 9th ANNIVERSARY WE ARE M@STERPIECE!!”

 前半のソロパートは中村さん、下田さん、平田さん、浅倉さんの順で続き、“『迷走Mind』は久しぶり”(平田さん)、“ソロ後半は思い入れのある2曲。参加したころには歌えなかった”(浅倉さん)などとMCを行った。

“THE IDOLM@STER 9th ANNIVERSARY WE ARE M@STERPIECE!!”
“THE IDOLM@STER 9th ANNIVERSARY WE ARE M@STERPIECE!!” “THE IDOLM@STER 9th ANNIVERSARY WE ARE M@STERPIECE!!”
“THE IDOLM@STER 9th ANNIVERSARY WE ARE M@STERPIECE!!”
“THE IDOLM@STER 9th ANNIVERSARY WE ARE M@STERPIECE!!” “THE IDOLM@STER 9th ANNIVERSARY WE ARE M@STERPIECE!!”
“THE IDOLM@STER 9th ANNIVERSARY WE ARE M@STERPIECE!!”
“THE IDOLM@STER 9th ANNIVERSARY WE ARE M@STERPIECE!!” “THE IDOLM@STER 9th ANNIVERSARY WE ARE M@STERPIECE!!”

 再び全員がステージに上がった後は、東京公演に出演できなかったメンバーの曲を歌うカバーコーナーに突入。カバーコーナーでは“誰がどの曲を歌うのかな?”という楽しみだけでなく、2人ユニットによる組み合わせの楽しさを見出すことができる。

 披露された曲目はアーケード版の名曲『9:02pm』、『アイマス2』発売直前にリリースされた『チクタク』、そして平田さんと浅倉さんがメガネを着用して歌った『livE』だ。どの時期の曲を取り入れても色褪せを感じさせず、演出でも各キャラと演者へのリスペクトを忘れない。出演できなくても一緒にライブを盛り上げていくことを感じさせる、そんなコーナーと言えた。

“THE IDOLM@STER 9th ANNIVERSARY WE ARE M@STERPIECE!!”
“THE IDOLM@STER 9th ANNIVERSARY WE ARE M@STERPIECE!!” “THE IDOLM@STER 9th ANNIVERSARY WE ARE M@STERPIECE!!”
“THE IDOLM@STER 9th ANNIVERSARY WE ARE M@STERPIECE!!” “THE IDOLM@STER 9th ANNIVERSARY WE ARE M@STERPIECE!!”
“THE IDOLM@STER 9th ANNIVERSARY WE ARE M@STERPIECE!!” “THE IDOLM@STER 9th ANNIVERSARY WE ARE M@STERPIECE!!”
“THE IDOLM@STER 9th ANNIVERSARY WE ARE M@STERPIECE!!” “THE IDOLM@STER 9th ANNIVERSARY WE ARE M@STERPIECE!!”
“THE IDOLM@STER 9th ANNIVERSARY WE ARE M@STERPIECE!!” “THE IDOLM@STER 9th ANNIVERSARY WE ARE M@STERPIECE!!”

 ここでステージ上のスクリーンに高木社長が登場し、東京公演1日目のスペシャルゲストが発表される。“『空』、『花』、『光』の3曲をツアーで歌ってきたら、あと1曲歌わないと締まりが悪い”というヒントの後にステージに登場したのは、音無小鳥役の滝田樹里さん! 滝田さんは前回の名古屋公演が自身の9thライブツアーの千秋楽だったのだが、東京公演にも“電話をもらったから”くらいの非常に軽いノリで参加したという。

“THE IDOLM@STER 9th ANNIVERSARY WE ARE M@STERPIECE!!”
“THE IDOLM@STER 9th ANNIVERSARY WE ARE M@STERPIECE!!” “THE IDOLM@STER 9th ANNIVERSARY WE ARE M@STERPIECE!!”
“THE IDOLM@STER 9th ANNIVERSARY WE ARE M@STERPIECE!!” “THE IDOLM@STER 9th ANNIVERSARY WE ARE M@STERPIECE!!”
“THE IDOLM@STER 9th ANNIVERSARY WE ARE M@STERPIECE!!”

 ソロパート後半戦は沼倉さんから。22曲目『Rebellion』では“曲にあわせてペンライトの色を変えてくれると考え、勝手に振り付けを変えてみた”とのことだが、前もって打ち合わせずとも察して“真実の赤”を捧げていたプロデューサーたちには、さすがの一言。22曲目『KisS』も原さんにはすごく思い入れのある曲で、実は『オーバーマスター』CD発売記念イベントぶりの曲。当時、ダンスが得意なプロジェクトフェアリー組の2人と振り付けを考えて練習したことを思い出したとのことだ。

“THE IDOLM@STER 9th ANNIVERSARY WE ARE M@STERPIECE!!” “THE IDOLM@STER 9th ANNIVERSARY WE ARE M@STERPIECE!!”
“THE IDOLM@STER 9th ANNIVERSARY WE ARE M@STERPIECE!!” “THE IDOLM@STER 9th ANNIVERSARY WE ARE M@STERPIECE!!”
“THE IDOLM@STER 9th ANNIVERSARY WE ARE M@STERPIECE!!” “THE IDOLM@STER 9th ANNIVERSARY WE ARE M@STERPIECE!!”
“THE IDOLM@STER 9th ANNIVERSARY WE ARE M@STERPIECE!!” “THE IDOLM@STER 9th ANNIVERSARY WE ARE M@STERPIECE!!”
“THE IDOLM@STER 9th ANNIVERSARY WE ARE M@STERPIECE!!”
“THE IDOLM@STER 9th ANNIVERSARY WE ARE M@STERPIECE!!” “THE IDOLM@STER 9th ANNIVERSARY WE ARE M@STERPIECE!!”
“THE IDOLM@STER 9th ANNIVERSARY WE ARE M@STERPIECE!!” “THE IDOLM@STER 9th ANNIVERSARY WE ARE M@STERPIECE!!”
“THE IDOLM@STER 9th ANNIVERSARY WE ARE M@STERPIECE!!” “THE IDOLM@STER 9th ANNIVERSARY WE ARE M@STERPIECE!!”

 ライブのラストソングは、ゲストを含めた全員での『M@STERPIECE』。最期のあいさつにおける、中村さんの「『アイドルマスター』はずっとずっと皆さんと走り続ける」という言葉を受け止め、会場全体が一体となる最大の盛り上がりを見せた。

“THE IDOLM@STER 9th ANNIVERSARY WE ARE M@STERPIECE!!” “THE IDOLM@STER 9th ANNIVERSARY WE ARE M@STERPIECE!!”
“THE IDOLM@STER 9th ANNIVERSARY WE ARE M@STERPIECE!!” “THE IDOLM@STER 9th ANNIVERSARY WE ARE M@STERPIECE!!”

 アンコールを求めるシーンでは、本公演に参加できなかった765プロ4名(仁後さん、たかはしさん、長谷川さん、若林さん)がビデオレターでスクリーンに登場し、プロデューサーと一緒にアンコールの呼びかけを手伝ってくれた。一緒にコールし続けてると、再びステージに9人のアイドルが戻ってきた。

“THE IDOLM@STER 9th ANNIVERSARY WE ARE M@STERPIECE!!”

 再び大歓声に包まれた観客を前に、アンコールで歌われたのはライブでは初披露となる『虹色ミラクル』、そして定番曲『THE IDOLM@STER』を歌い、初日の東京公演を締めくくった。

“THE IDOLM@STER 9th ANNIVERSARY WE ARE M@STERPIECE!!” “THE IDOLM@STER 9th ANNIVERSARY WE ARE M@STERPIECE!!”
“THE IDOLM@STER 9th ANNIVERSARY WE ARE M@STERPIECE!!” “THE IDOLM@STER 9th ANNIVERSARY WE ARE M@STERPIECE!!”

■東京公演 初日セットリスト※出演者敬称略
01.『READY!!』/全員
02.『ラムネ色 青春』/原、今井、釘宮、沼倉
03.『START!!』/中村
04.『私はアイドル▽(※▽の正しい表記は白抜きハートマーク)』/中村
05.『キラメキ進行形』/中村
06.『おとなのはじまり』/下田
07.『黎明スターライン』/下田
08.『YOU往MY進!』/下田
09.『迷走Mind』/平田
10.『tear』/平田
11.『おもいでのはじまり』/平田
12.『ALRIGHT*』/浅倉
13.『Kosmos, Cosmos』/浅倉
14.『あの日のナミダ』/浅倉
15.『Day of the future』/中村、沼倉
16.『9:02pm』/下田、原
17.『チクタク』/今井、釘宮
18.『livE』/平田、浅倉
19.『ONLY MY NOTE』/全員
20.『幸』/滝田(スペシャルゲスト)
21.『待ち受けプリンス』/中村、下田、平田、浅倉
22.『Rebellion』/沼倉
23.『オーバーマスター』/沼倉
24.『shiny smile』/沼倉
25.『キミはメロディ』/釘宮
26.『プライヴェイト・ロードショウ』/釘宮
27.『フタリの記憶』/釘宮
28.『KisS』/原
29.『ふたつの月』/原
30.『恋花』/原
31.『Blue Symphony』/今井
32.『眠り姫』/今井
33.『蒼い鳥(M@STER VERSION)~TV ARRANGE~』/今井
34.『M@STER PIECE』/全員+滝田
E1.『虹色ミラクル』/全員+滝田
E2.『THE IDOLM@STER』/全員+滝田

■2日目公演

 東京公演2日目は大型で強い台風18号が関東に接近しているという厳しい天候だったが、予定通り定刻で開催された。悪天候でも関係なくライブに駆けつけるプロデューサーたちのガッツは感嘆するばかりだ。

“THE IDOLM@STER 9th ANNIVERSARY WE ARE M@STERPIECE!!”

 2日目も基本的なライブ構成は1日目と同じでソロパートを中心に進行していくが、セットリストは大幅に変更されている。基本1人3曲のうち、2曲ないし全曲が入れ替わるという大胆な変更が加えられていたため、連続して東京公演に参加したプロデューサーでも新鮮に感じられたはずだ。

 3曲目『太陽のジェラシー』は昨年の8thライブで久しぶりに歌われた初期の名曲。中村さんの思い入れも相当なもので“最初にレコーディングした運命の曲を今日まで歌い繋げられた”ことを語り、改めて『アイマス』とプロデューサーとの関わりの長さを実感していた。

“THE IDOLM@STER 9th ANNIVERSARY WE ARE M@STERPIECE!!” “THE IDOLM@STER 9th ANNIVERSARY WE ARE M@STERPIECE!!”
“THE IDOLM@STER 9th ANNIVERSARY WE ARE M@STERPIECE!!” “THE IDOLM@STER 9th ANNIVERSARY WE ARE M@STERPIECE!!”
“THE IDOLM@STER 9th ANNIVERSARY WE ARE M@STERPIECE!!” “THE IDOLM@STER 9th ANNIVERSARY WE ARE M@STERPIECE!!”

 6曲目『Honey Heartbeat』の後、下田さんが公演場所・東京体育館からインスパイアした小ネタ“TOKYOオリンピック招致のマネ”を披露した。この小道具のパネルをステージ上に置きっぱなしにしたことで、他の演者のMCパートでもそれぞれがパネルを使った小ネタを披露していくという面白い連携に発展。突発的なギャグも難なくこなせるアイマスチームの瞬発力の高さを見せつけた。

“THE IDOLM@STER 9th ANNIVERSARY WE ARE M@STERPIECE!!”
“THE IDOLM@STER 9th ANNIVERSARY WE ARE M@STERPIECE!!” “THE IDOLM@STER 9th ANNIVERSARY WE ARE M@STERPIECE!!”
“THE IDOLM@STER 9th ANNIVERSARY WE ARE M@STERPIECE!!” “THE IDOLM@STER 9th ANNIVERSARY WE ARE M@STERPIECE!!”

 前半ソロパートとユニットで歌うカバーコーナーの後、高木社長が恒例のゲスト紹介を行った。社長からのヒントは「765プロの実力を買っているトップアイドル」。社長ですらベタ褒めのトップアイドルとは『ワンフォーオール』で登場したライバルキャラの玲音のことだった!

 『アクセルレーション』の始まりとともにステージに登場した茅原実里さん。玲音と同じようにゴールド基調で、胸にあった蝶の意匠を髪飾りにあしらったステージ衣装の姿に会場は一気にボルテージ最高潮に! 登場しただけでこの盛り上がり、圧倒的な歌唱力、ゲーム同様にキレ味抜群のダンス。ああ、これがオーバーランクのアイドルか……。ゲーム中の冗談にならないほどの強さが脳裏に浮かんでしまうような、すさまじい大興奮を会場に巻き起こしていた。

“THE IDOLM@STER 9th ANNIVERSARY WE ARE M@STERPIECE!!” “THE IDOLM@STER 9th ANNIVERSARY WE ARE M@STERPIECE!!”
“THE IDOLM@STER 9th ANNIVERSARY WE ARE M@STERPIECE!!” “THE IDOLM@STER 9th ANNIVERSARY WE ARE M@STERPIECE!!”
“THE IDOLM@STER 9th ANNIVERSARY WE ARE M@STERPIECE!!” “THE IDOLM@STER 9th ANNIVERSARY WE ARE M@STERPIECE!!”

 歌い終わった茅原さんからは、“最終公演日に突然出演しても受け入れてもらえるか不安があった”と語られたが、プロデューサーたちは一番の盛り上がりで迎え入れてくれた。茅原さんのもとに集まった765プロメンバーも、今井さんを中心に大喜び。ゲーム中の玲音は強大なライバルキャラでもあり、今井さんいわく“倒すべき存在なんだけどイイ奴”という存在だが、茅原さんと765プロメンバーはすっかり打ち解けてる様子で、茅原さんはそのまま『待ち受けプリンス』の冒頭にも参加していた。

“THE IDOLM@STER 9th ANNIVERSARY WE ARE M@STERPIECE!!” “THE IDOLM@STER 9th ANNIVERSARY WE ARE M@STERPIECE!!”
“THE IDOLM@STER 9th ANNIVERSARY WE ARE M@STERPIECE!!” “THE IDOLM@STER 9th ANNIVERSARY WE ARE M@STERPIECE!!”

 後半戦のソロパートも公演初日とは異なる演出でプロデューサーを驚かせる。調理器具を持って歌う『しあわせのレシピ』で響のカワイイ面を見せた沼倉さん、MCで伊織の生アドリブ“変態大人”を披露した釘宮さん、猛ダッシュでステージを走りハイキックを連発する“激アツ”の千早を観せた今井さんなど、緩急自在なパフォーマンスでソロパートを盛り上げていた。

“THE IDOLM@STER 9th ANNIVERSARY WE ARE M@STERPIECE!!”
“THE IDOLM@STER 9th ANNIVERSARY WE ARE M@STERPIECE!!” “THE IDOLM@STER 9th ANNIVERSARY WE ARE M@STERPIECE!!”
“THE IDOLM@STER 9th ANNIVERSARY WE ARE M@STERPIECE!!” “THE IDOLM@STER 9th ANNIVERSARY WE ARE M@STERPIECE!!”
“THE IDOLM@STER 9th ANNIVERSARY WE ARE M@STERPIECE!!” “THE IDOLM@STER 9th ANNIVERSARY WE ARE M@STERPIECE!!”
“THE IDOLM@STER 9th ANNIVERSARY WE ARE M@STERPIECE!!”

 ラスト前、全員が集合してのMCでは9thライブツアーを総括するトークが出演者全員から語られ、ライブの締めのあいさつとされた。口々に出てきたコメントは、9年間続けてきた中やツアーの最中に辛かったこともあったが頑張れた、今でもみんなで成長できてる、これからも前に進んでいけることが嬉しいなど、とても前向きかつ未来を感じさせる挨拶だった。

“THE IDOLM@STER 9th ANNIVERSARY WE ARE M@STERPIECE!!” “THE IDOLM@STER 9th ANNIVERSARY WE ARE M@STERPIECE!!”

 アンコールの『THE IDOLM@STER』では再びゲストの茅原さんが登場。「改めてアイマスの凄さを感じました、愛が伝わってきた」と初参加のツアーの感想をのべ、また出演前にステージ裏で中村さんが手を握りエネルギーをくれたというエピソードも披露した。今回はゲストとして初参加を果たした茅原さんだが、今井さんが今後の再参加について尋ねると、茅原さんは快諾の声で返答。ツアー最後に最高の歓声を会場に巻き起こして全公演を締めくくった。

“THE IDOLM@STER 9th ANNIVERSARY WE ARE M@STERPIECE!!” “THE IDOLM@STER 9th ANNIVERSARY WE ARE M@STERPIECE!!”
“THE IDOLM@STER 9th ANNIVERSARY WE ARE M@STERPIECE!!” “THE IDOLM@STER 9th ANNIVERSARY WE ARE M@STERPIECE!!”
“THE IDOLM@STER 9th ANNIVERSARY WE ARE M@STERPIECE!!” “THE IDOLM@STER 9th ANNIVERSARY WE ARE M@STERPIECE!!”
“THE IDOLM@STER 9th ANNIVERSARY WE ARE M@STERPIECE!!” “THE IDOLM@STER 9th ANNIVERSARY WE ARE M@STERPIECE!!”
“THE IDOLM@STER 9th ANNIVERSARY WE ARE M@STERPIECE!!”

■東京公演 2日目セットリスト※出演者敬称略
01.『READY!!』/全員
02.『ラムネ色 青春』/原、今井、釘宮、沼倉
03.『太陽のジェラシー』/中村
04.『Vault That Borderline!』/中村
05.『I Want』/中村
06.『Honey Heartbeat』/下田
07.『黎明スターライン』/下田
08.『ジェミー』/下田
09.『迷走Mind』/平田
10.『自転車』/平田
11.『チアリングレター』/平田
12.『何度も言えるよ』/浅倉
13.『Kosmos, Cosmos』/浅倉
14.『First Step』/浅倉
15.『Day of the future』/中村、沼倉
16.『9:02pm』/下田、原
17.『チクタク』/今井、釘宮
18.『livE』/平田、浅倉
19.『ONLY MY NOTE』/全員
20.『アクセルレーション』/茅原(スペシャルゲスト)
21.『待ち受けプリンス』/中村、下田、平田、浅倉
22.『Rebellion』/沼倉
23.『しあわせのレシピ』/沼倉
24.『初恋~一章 片思いの桜~』/沼倉
25.『キミはメロディ』/釘宮
26.『Sentimental Venus』/釘宮
27.『my song』/釘宮
28.『Princess Snow White』/原
29.『風花』/原
30.『ふたつの月』/原
31.『Fate of the World』/今井
32.『蒼い鳥(M@STER VERSION)』/今井
33.『約束』/今井
34.『M@STER PIECE』/全員
E1.『虹色ミラクル』/全員
E2.『THE IDOLM@STER』/全員+茅原

■改めて東京公演を振り返ってみよう

“THE IDOLM@STER 9th ANNIVERSARY WE ARE M@STERPIECE!!” “THE IDOLM@STER 9th ANNIVERSARY WE ARE M@STERPIECE!!”

 『シンデレラガールズ』組や『ミリオンライブ!』組がゲスト参加しない、765プロだけで構成する大規模ライブは昨年2月の“THE IDOLM@STER MUSIC FESTIV@L OF WINTER”以来だろうか。劇場版での登場や来年のTVアニメ化など、今では当たり前の存在となった関連ゲーム作品からのゲスト組は今回の9thライブツアーには参加していない。新ゲストとして登場したのは『ワンフォーオール』に登場したライバルキャラだけだった。

 筆者は“プロデューサーならアイマス関連作品を全部追うのが当然だろう”というのは酷だと考えている。最近の765プロの新曲はゲームのDLCや『ミリオンライブ!』のCDシリーズでリリースされる。スマホの派生ゲームも(ランキング上位を狙うでもなければ)無料で遊べるとはいえ、カードを集めてフレーバーテキストを把握するためには時間がかかる。無理せずともアイマス関連作品は追っていけるとはいえ、すべてを網羅するには努力が必要になるものだ。

 だが、プロデューサー全員が努力家なわけではない。関連作品を全部を追い切れず何かを取捨選択するなら、765プロが中心となってお話が進む“ゲーム機のタイトル”だけでも追おうと考えるのが自然な発想だろう。最新作『ワンフォーオール』なら派生作品からのキャラも登場してる点もありがたい。

 そうした“アイマス関連作品を全部押さえておかないとダメなのかな?”、“最新のアイマスを知らないPではライブについて行けないのかな”と思わせる風潮に待ったを掛けたのが、今回の9thライブツアーだったのではないかと、改めて感じている。

 もちろんライブではゲーム未収録曲も歌われているのだが、『ワンフォーオール』からの新曲ですら2日間で4曲までに留まるなど、ゲーム初期から最新作まで偏りなくセットリストが作られていたのが印象的だった。初代『アイマス』を遊んでいれば懐かしさを感じることができ、『ワンフォーオール』まで遊んでいれば「この曲知ってる、新しいのだよね」と楽しめた。ゲーム機で遊んでいればついていきやすいライブ構成だったのではないかと思う。

 また、ソロパートの合間のMCもセットリストに合わせたものとなり、レコーディング当時の思い出や久しぶりにやる演目への愛着など、昔から熱心にアイマスを追うプロデューサーなら共感できるものとなった。

 10週年を来年に控え、広大に広がっていく『アイマス』ワールド。9thライブは後輩の面倒を見る先輩アイドルとしてではなく、プロデューサーと二人三脚でトップアイドルを目指していく、765プロアイドルの“原点回帰”を感じさせるような懐かしさを感じさせるツアーだった。これから先のライブもどういう観せ方をしてくれるのか非常に楽しみだ。

(C)窪岡俊之 (C)BANDAI NAMCO Games Inc. (C)BNGI/PROJECT iM@S

データ

▼『アイドルマスター ワンフォーオール 765プロ 新プロデュースセット』
■メーカー:バンダイナムコゲームス
■対応機種:PS3
■ジャンル:SLG
■発売日:2014年5月15日
■希望小売価格:11,880円+税

Amazon.co.jp で詳細を見る

▼『アイドルマスター ワンフォーオール』
■メーカー:バンダイナムコゲームス
■対応機種:PS3
■ジャンル:SLG
■発売日:2014年5月15日
■希望小売価格:7,600円+税

Amazon.co.jp で詳細を見る

▼『アイドルマスター ワンフォーオール(ダウンロード版)』
■メーカー:バンダイナムコゲームス
■対応機種:PS3
■ジャンル:SLG
■配信日:2014年5月15日
■価格:7,600円+税

関連サイト

関連記事

注目記事

アイコン別記事一覧

※クリックすると、ソートされた記事一覧に移動します。