総合 > 電撃App > 記事一覧 > “城姫クエスト-マチ★アソビの陣-”をレポート! 城姫の声優が収録の話などを披露
2014-10-13 20:00

“城姫クエスト-マチ★アソビの陣-”をレポート! 城姫の声優が収録の話などを披露

文:ゲゲン

 10月12日、徳島県徳島市で開催された“マチ★アソビ Vol.13”のクライマックスラン2日目に、GREEでサービス中の擬人化美少女ゲーム『城姫クエスト』のステージ“城姫クエスト-マチ★アソビの陣-”が行われた。

 出演者は声優の加隈亜衣さん、阿久津加菜さん、五十嵐裕美さんで、司会進行をKADOKAWA・宮下知幸プロデューサー、GREE・倉谷一圭プロデューサーが務めた。

城姫クエスト-マチ★アソビの陣-
▲左より宮下プロデューサー、倉谷プロデューサー、加隈さん、阿久津さん、五十嵐さん

 『城姫クエスト』は、KADOKAWA アスキー・メディアワークスBCより刊行中のコミック誌『月刊コミック電撃大王』に連載中の同名作品を原作としたゲームで、城主となったプレーヤーが、全国に存在する(存在した)お城を美少女化した“城姫”たちとともに、激しい戦国の時代を戦い抜くシミュレーションゲーム。

 ステージは城姫たちを演じる声優を迎えて、収録時の話や参加された感想などを伺う形でスタート。ステージへの登場後には、それぞれのキャラクターの紹介で使われる台詞を生で披露するシーンも見られ、阿久津さんと加隈さんは、城姫が開城した際に聴ける色っぽい台詞も披露した。アーケードには一般のお客さんや子どもも通るため、耳を塞いでいてと軽妙なトークで盛り上げつつ、集まったファンを沸かせていた。

城姫クエスト-マチ★アソビの陣-

 1人の声優が複数人の城姫の声を担当する本作だが、共通して苦労話にあがったのが時報の音声。ゲーム内のマイページでは、主城として編成している城姫による時報を聴けるのだが、時代がかった言葉遣いであったり、現代の日常生活ではまず使わない古い日本語が多く、イントネーションなどが分からず苦労したようだ。

 それぞれの収録については、加隈さんは会津若松城のキャラクターを掴むのが特に苦労されたと話した。しかし、その分だけ愛着を持っているキャラクターとなったようだ。他にも、収録の合間にはご褒美イラストである開城絵を見て、元気をもらっていたことも明かした。

 阿久津さんは、名古屋城と城主の距離感を見極めるのが大変だったと語る。当初は親密すぎる演技をして、城主とは恋人ではないとリテイクも出たそうだ。また、阿久津さんはナビゲーターであるメカタ城の声も担当しているのだが、一生懸命感を出そうとしたら左手をたくさん動かしてしまったようで、収録後には肩がいたくなったという苦労話も飛び出した。

 明石城の声を担当することが明らかになった五十嵐さんだが、収録現場では何度もリテイクや演技指導を受けていた他の声優さんの様子を見て、当初は大変な現場なのではと不安に思ったとのこと。しかし、いざ始まってみたら楽しい現場で、安心したとも。明石城は語尾に「~かな?」とつく濃いキャラクターの持ち主だが、他にも未発表の2城姫を演じており、そちらも濃いキャラクターになっていると語った。

城姫クエスト-マチ★アソビの陣-

 続いては、事前に公式サイトでユーザーから募集していた質問について答えるコーナーへ。まずは自分が城姫だったらどんな特技を持っていると思うかというもの。投稿者のイメージでは、阿久津さんがダメージ系、五十嵐さんが状態異常系、加隈さんが癒やし系とのこと。

 これには五十嵐さんから、加隈さんの方が毒(状態異常系)という発言が飛び出したものの、アクションゲームなどでは状態異常効果のついた武器を使うことも多いそうで、自身が状態異常系の特技を持っているというのも、合っている気がするとの回答。阿久津さんは細かい駆け引きが苦手なようで、ストレートに攻撃をしていくことから、自身はダメージ系であるとして、こちらもイメージの通りであった。

城姫クエスト-マチ★アソビの陣-

 続く質問は、出身地にある城や過去に行ったことのある城、思い入れのある城はどこかというもの。加隈さんは、作中でも人気の高い熊本城に行ったことがあるようだが、新「一口城主制度」を使い天守閣に「芳名板」を掲示することはできなかったようで、次の機会には忘れないようにしたいと話した。

 阿久津さんは今春に小田原城へ旅行に行かれたそうで、資料展示なども含めてたっぷり2時間ぐらいは楽しんだとのこと。さらに小田原城址公園にある動物園なども訪れ、甲冑を着ている他の観光客と一緒に写真撮影を楽しむなど、かなり満喫された様子だった。

 五十嵐さんは、マチ★アソビから帰る途中で彦根城に立ち寄ったそうだが、あいにくの雨模様だったらしく、マスコットキャラであるひこにゃんが屋根のあるところから動けなかったという悲しいエピソードを披露。また、高い位置にあるので登るのが大変だったとも。他にも仕事で広島城にも訪れたようで、AR(拡張現実)技術を使い、現存する城址に、当時の城郭の様子を再現したCGを重ねて楽しんだエピソードなども披露した。

城姫クエスト-マチ★アソビの陣-

 ここからは各声優への個別質問として、まずは加隈さんへの質問が読み上げられた。古風な言葉を使う勝瑞城の台詞収録が難しくなかったかというものだが、加隈さん曰く、難しい言葉が多いため、収録の慣れとは別に日本語の勉強からはじめたとのことで、やはり時報は特に大変だった模様。現在、5城姫の声を担当する加隈さんだが、経験を積み5城姫目の収録では、かなりリテイクなども少なくなったと話した。

 そんな勝瑞城だが、実は徳島の城であり、徳島駅からも10分ほどで勝瑞駅に着くという話も。現在は城址になっているようだが、徳島城が登場していない現在、唯一の徳島の城と言えるので、機会があれば訪れてみてはいかがだろうか。

 続いての阿久津さんへの質問には、名古屋在住の城主により、地元の名古屋城が緑なのは銅の瓦がさびた結果、青銅=緑になったといううんちくが含まれていた。しかし、名古屋城がスカートの中身は見せることができないと言っているが、スカートの中身は白と銅のしましまなのか、それとも緑と白のしましまなのか、どう思いますかという、関係があるのかないのかよく分からない、しましまにひとかたならぬこだわりを持った質問が届く。

 最終的にどんなしましまかは不明だったものの、五十嵐さんのはいてない発言に始まり、阿久津さんによれば名古屋城といえばしゃちほこなので、しゃちほこがプリントされているのではという推察、さらに飛躍して、そもそもしゃちほこがガードしているのではとあらぬ方向へと話が進み、集まったファンからも笑いが起こっていた。

 最後の五十嵐さんへの質問は、現在使用しているスマホでは、城姫クエストが重くてまともに動かないので、どの機種なら快適にプレイができますかという質問。見当がつかないようなので、ここは五十嵐さんに決めてもらいたいと思ったようだ。

 五十嵐さんはAndroid端末を使って遊ばれているようだが、発売されたばかりのiPhone 6、それも画面が大きい方がゲームを楽しめるので、iPhone 6 plusにしようというアドバイスがなされていた。また、もしそれでも迷うようなら、ショップの店員さんにゲームが快適に遊べるものというのを強く伝え、きっちり選んでもらうようにとのフォローもあった。

城姫クエスト-マチ★アソビの陣-

 他にもステージでは、声優陣のサイン入り色紙をかけてのジャンケン大会も開催。スケジュールの都合がつかなかった加隈さんはステージ城でサインを急いで書き、その間に阿久津さんと五十嵐さんによりジャンケンが進められた。

 台風の影響によりスケジュール調整が厳しく、やや駆け足気味となってしまったが、最後に五十嵐さんが明石城の台詞をぜひ聞いて欲しいと挨拶し、阿久津さんは他にも高知城、鳥取城、月山富田城を演じていることを踏まえ、阿久津パーティーを作って欲しいと話す。加隈さんは、自分が演じた城姫以外も魅力的で目移りしてしまうが、そんなハーレム状態も楽しんで欲しいと語って、ステージは無事終了した。

城姫クエスト-マチ★アソビの陣-

■“マチ★アソビ Vol.13”開催概要
【日時】
ファーストラン:2014年9月27日(土)~10月10日(金)
クライマックスラン:10月11日(土)~12日(日)
※クライマックスランは、台風19号の接近により3日間から2日間の開催へと変更。
【場所】徳島県徳島市
【料金】参加無料

データ

▼『城姫クエスト』
■プラットフォーム:GREE
■対応端末:iOS/Android
■ジャンル:SLG
■サービス開始日:2014年8月15日
■事前登録開始日:2014年5月27日
■事前登録終了日:2014年8月14日
■料金:基本無料/アイテム課金
■企画:KADOKAWA/GREE developed by AZITO

関連サイト

アプリ人気ランキング

集計期間:7/1~7/31

  1. 1 『Fate/Grand Order(フェイト/グランドオーダー)』

    『Fate/Grand Order(フェイト/グランドオーダー)』

    TYPE-MOON / FGO PROJECT

  2. 2 『アイドルマスター シンデレラガールズ スターライトステージ』

    『アイドルマスター シンデレラガールズ スターライトステージ』

    バンダイナムコエンターテインメント

  3. 3 『Shadowverse(シャドウバース)』

    『Shadowverse(シャドウバース)』

    サイゲームス

アプリ人気ランキングに投票

アプリ人気ランキングをもっと見る

アクセスランキング(過去1週間)

  1. 1

    【FGO攻略】水着イベント第2部情報まとめ。ドロップ品や敵編成はここで確認(随時更新)

  2. 2

    【FGO攻略】夏・水着イベント情報まとめ。サーヴァントの特効一覧も(随時更新)

  3. 3

    『FGO』水着セイバーやマリーが8月22日より登場。夏・水着イベント第2部の情報解禁

  4. 4

    『FGO』弓トリア、水着マリー、ぶん殴りルーラーのマルタ狙いでガチャ80連

  5. 5

    『モンスト』キスキル・リラが登場。新アビリティ“治癒の祈り”持ち

  6. 6

    【FGO攻略】水着清姫(ランサー)の性能は? バスターでNPを獲得できて清姫ちゃん大勝利

  7. 7

    【FGO攻略】水着モードレッド(ライダー)のNP獲得量が修正。宝具の連続使用が可能に

  8. 8

    『フェイト/グランドオーダー』プレゼントボックスの受け取り期限に主人公はストレスを感じる

  9. 9

    【FGO攻略】水着マルタの性能を紹介。初登場となる単体攻撃宝具持ちルーラーの実力は?

  10. 10

    【スパロボ クロスオメガ】“冥王”ベルタの全身イラストが初登場!(オオチP情報局#2)

[集計期間:08月18日~08月24日]

ページ
トップへ