News

2014年10月13日(月)

徳島アニメ大使の中村繪里子さんに何をしてもらう? マチ★アソビ『アイマス』ステージで浅倉さん&下田さんが一緒に考えた

文:megane

 徳島県徳島市にて10月11日~12日に開催された“マチ★アソビ vol.13”。2日目にあたる10月12日に徳島市立文化センターで『アイドルマスター』ステージが行われた。

『アイドルマスター』

 ステージに登場したのは天海春香役の中村繪里子さん、萩原雪歩役の浅倉杏美さん、双海亜美・真美役の下田麻美さん、そして司会の高橋佑馬さんの4人。

『アイドルマスター』
▲左から下田麻美さん、浅倉杏美さん、中村繪里子さん。

 まずは今回のこのステージが、劇場版『アイドルマスター』の徳島での打ち上げパーティにあたるとして、シャンパンが開けられた。午前中からシャンパンを飲んでしまっていいのかと言っていた3人だったが、このシャンパンはノンアルコールのようで、一安心とも残念とも思える表情の3人。

『アイドルマスター』
▲シャンパンで乾杯!

 まずは、「繪里子よ大志(大使)を抱け 任され眉山でこれから」というお題のトークが行われた。

『アイドルマスター』

 これは、初日に開催された開会式で中村さんが徳島アニメ大使に任命されたのをきっかけに行われたもの。中村さんがこれから徳島アニメ大使として、どのような活動をするのがよいかというのを話し合うというコーナーだ。

 そもそも徳島アニメ大使として任命されたきっかけは、中村さんが数年前に徳島駅の1日駅長をやった際に「もっと徳島に貢献できたら」と県知事とも話をしていたことが始まりとか。その後、こうしてお話が来ることになったという。これについて中村さんは「言えば叶うんです」という言葉を残した。

 さてこのコーナー、中村さんの大使としての活動を応援すると思いきや、実際は「繪里子にムチャぶりし大使(たいし)」という趣旨のもとで行われるもの。浅倉さんからは“すだちくんをオマージュした全身タイツ”という案が、そして下田さんからは“阿波踊りで徳島一周”という案が提示された。これをドッキングして、すだちくんのような全身タイツで阿波踊りをしながら徳島を練り歩く”という案に落ち着いた。

『アイドルマスター』

 一方の中村さんは大使としてより現実的な案を提示。新たなすだちブランドとして“アイマすだち”を作ったり、1日新札としてアニメ大使券を作ってみてはどうか、などの案が出された。なお、ここで書かれたものはすべて県庁へ提出されるとのこと。

『アイドルマスター』
▲何枚にも分けて書かれていた中村さん自身の大使案。

 続いて10月4日~5日に開催された9thコンサートの話題に。1人につきソロパート3曲という過酷なライブになった今回について、下田さんはタオルを回したりする演出を思いついていたとコメント。

『アイドルマスター』

 浅倉さんは、自身がよく感動してライブで泣いてしまうことから、今回は泣かないように心がけたと語った。これは楽しいことを伝えるにはやはり泣き顔ではなく、笑顔のほうがいいだろうという思いから来ているという。しかし、結局は泣いてしまったとのこと。

 中村さんについて、他の2人からはMCでの素晴らしさを賞賛されるコメントが寄せられた。中村さん自身はこれまでの『アイマス』での活動の中で、誰かの真似をしているだけになっていて、『アイマス』に対して自身の愛が感じられないと思われるときもあったと語る。今回の9thコンサートは中村さんにとって、自分だけの『アイマス』との向き合い方を見つけられたと述べ、『アイマス』を繋いでいく、という自分なりの関わり合い方を語った。

 最後は劇場版のエンディング曲である『虹色ミラクル』についての話題に。この曲はエンディングということでアニメ中には振り付けがない曲だが、ライブで歌うにあたって演出担当からカメラへの指示などもあり、1列になって虹を作るという演出も作られたとのこと。というわけで3人で『虹色ミラクル』を熱演して、ステージは幕を閉じた。

『アイドルマスター』
『アイドルマスター』
▲中村さんのお気に入りの振り付け。虹を作る部分。
『アイドルマスター』
▲浅倉さんのお気に入りの振り付け部分。
『アイドルマスター』
▲下田さんのお気に入りの振り付け部分。

関連サイト

関連記事

注目記事

アイコン別記事一覧

※クリックすると、ソートされた記事一覧に移動します。