News

2014年10月16日(木)

『フリーダムウォーズ』ver1.20の新要素を紹介。対人戦やイデオロギー戦、大型アブダクターとの一騎打ちなど

文:皐月誠

 SCEは、PS Vita用ソフト『フリーダムウォーズ』に向けて、本日10月16日より“ver1.20”アップデートデータを配信する。

■“ver1.20”追加内容

●PvP(対戦モード)

 プレイヤー同士の対戦に対応。インターネット経由による、最大8人での対人戦が可能となる。対戦時にはプレイヤーに加えてアクセサリも参加するため、計16体のキャラクターが入り乱れる多人数戦を体験できる。

 対人戦は、アクセサリサービスの“対人ボランティア参加申請”メニューから始められる。ルールは“市民探索”と“敵軍排除”の2種類。戦績に応じて所属しているパノプティコンにGDPPを納品できる。

 同じパノプティコンのプレイヤー同士でチームを組んで勝利すれば、敵対パノプティコンのGDPPに差を付けることが可能だ。また、NPCとの訓練を通じて攻略法を研究できる“対人戦演習”も実装される。

※PvP(対戦モード)はインターネットのみでプレイ可能。
※“対人戦演習”は第2情報位階権限(コード)取得後に、オフラインでのみプレイ可能。
※“対人戦演習”ではGDPP、CTPは獲得できない。

『フリーダムウォーズ』 『フリーダムウォーズ』
『フリーダムウォーズ』 『フリーダムウォーズ』
『フリーダムウォーズ』 『フリーダムウォーズ』

・『フリーダムウォーズ』ver1.20 PvP(対戦モード)紹介動画

●個人戦闘技術序列

 “対人ボランティア”では、勝敗および順位に応じて“CTP”が与えられる。CTPの累計値は、“咎人序列”から確認可能だ。CTP累計値は腕前の目安として利用できる。

『フリーダムウォーズ』 『フリーダムウォーズ』

●イデオロギー戦

 イデオロギー戦は、提示される“イデオロギー対立構造”に賛意を示すと“恩赦ポイント”を得られ、それを寄付することで序列が決まるというゲームモード。プレイヤーは結果に応じて、アイテムなどを獲得できる。都市国家対戦とは一味違ったプレイ感覚が魅力だ。

※ver1.20アップデート配信後、準じて“イデオロギー対立構造”が掲示される。
※画面写真と実際に行われる“イデオロギー対立構造”は異なる。

『フリーダムウォーズ』
『フリーダムウォーズ』 『フリーダムウォーズ』

●個別排除ボランティア

 “個別排除ボランティア”は、大型アブダクターの排除を目的としたボランティア。アブダクターが1機のみ出現するので、行動パターンや弱点などをじっくり考察しながら戦える。また、入手した各種資源は通常のボランティアと同様に持ち帰れる。

『フリーダムウォーズ』
『フリーダムウォーズ』 『フリーダムウォーズ』

(C)2014 Sony Computer Entertainment Inc.

データ

▼『フリーダムウォーズ』
■メーカー:SCE
■対応機種:PS Vita
■ジャンル:アクション
■発売日:2014年6月26日
■希望小売価格:5,800円+税

Amazon.co.jp で詳細を見る

▼『フリーダムウォーズ(ダウンロード版)』
■メーカー:SCE
■対応機種:PS Vita
■ジャンル:アクション
■配信日:2014年6月26日
■価格:4,800円+税
▼「フリーダムウォーズ プレイヤーズ ナビゲーター』
■プロデュース:アスキー・メディアワークス
■発行:株式会社KADOKAWA
■発売日:2014年6月5日
■価格:1,000円(税込)
 
■「フリーダムウォーズ プレイヤーズ ナビゲーター』の購入はこちら
Amazon.co.jp

関連記事

関連サイト

注目記事

アイコン別記事一覧

※クリックすると、ソートされた記事一覧に移動します。