News

2014年10月17日(金)

PS4システムソフトウェア バージョン2.00の情報が公開。新機能の“シェアプレイ”とは?

文:ゴロー

 SCEは、PS4の次回アップデート“PS4システムソフトウェア バージョン2.00”の情報を公開した。

PS4システムソフトウェア バージョン2.00

 バージョン2.00では、シェア機能が大幅に拡張される。新たに追加される“シェアプレイ機能”は、自分がプレイしているゲームにフレンドを招待できるというもの。招待したフレンドにコントローラの操作権を渡してプレイしてもらう、2人協力プレイをするなど楽しみを共有できる。なお、ゲームプレイにおいて、招待されるフレンドはそのゲームソフトを所有していなくても可能だという。

PS4システムソフトウェア バージョン2.00
PS4システムソフトウェア バージョン2.00

 さらに、これまでFacebookのみだったビデオクリップのアップロード機能にYouTubeが対応するなど、さまざまな機能が実装される。

PS4システムソフトウェア バージョン2.00

■“PS4システムソフトウェア バージョン2.00”の概要

・シェアプレイ

 SHAREボタンを押すと自分がホストとなり、同じパーティーにいるメンバーをネットワーク越しにビジターとして招待し、いっしょにゲームプレイを楽しめる。

PS4システムソフトウェア バージョン2.00

・YouTube

 ビデオクリップをYouTubeにアップロードできる。

PS4システムソフトウェア バージョン2.00

・テーマ

 各種テーマに対応。ホーム画面を自分好みに変更できる

PS4システムソフトウェア バージョン2.00 PS4システムソフトウェア バージョン2.00

・USBミュージックプレイヤー

 USBミュージックプレイヤーを使って、USBストレージ機器に保存された音楽ファイルを再生できる。

PS4システムソフトウェア バージョン2.00

・ブロードキャスト

 配信者が画面に簡易メッセージを入力できる。

PS4システムソフトウェア バージョン2.00

・Live from PlayStation

 気に入った配信者をフォローできる。

PS4システムソフトウェア バージョン2.00

・コンテンツエリアとライブラリー

 ホーム画面のコンテンツエリアに並んでいる“What’s New”以外の16個目以降のコンテンツが、[ライブラリー]の中に移動される。

(C)2014 Sony Computer Entertainment Inc. All Rights Reserved.

関連サイト

関連記事

注目記事

アイコン別記事一覧

※クリックすると、ソートされた記事一覧に移動します。