News

2014年11月1日(土)

ADV『HOLY BREAKER!』が12月28日に発売。樋上いたる×樫田レオが魔女と退魔師の戦いを描く

文:ごえモン

 ビジュアルアーツの新ブランド“HINOUE ITARU design office.”から、12月28日にWindows PC用ADV『HOLY BREAKER! -THE WITCH BETRAYED BLUE MOON WICCA-』が発売されることが明らかとなった。

『HOLY BREAKER!』ロゴ画像
『HOLY BREAKER!』キビージュアル
▲本作のキービジュアル。中央に描かれた2つの月が意味するものとは? 2つの世界を2分するかのように佇むタワー、2人の構図、色合いなどが印象的だ。

 本作は、現代日本と“2つの月の世界”を行き来する少女たちの戦いを描いたアクション・ノベル。選択肢はなく、主人公を除いたメインキャラクターはフルボイスとなる。

 原画を手掛けるのは、数々のKey作品でイラストレーターを担当してきた樋上いたるさん。シナリオは、PCゲーム『Angel Beats!』を担当することが決定している樫田レオさんが執筆する。また、サウンドをどんまるさんが、主題歌を飛蘭さんが手掛けることが決定している。

 なお、『HOLY BREAKER!』は12月28~30日に開催されるイベント“コミックマーケット87”で限定販売される予定だ。価格は3,000円(税込)。

【ストーリー】

 世界は、武器によって創られた。国造りの神話、王の証………さまざまな伝承に謳われる、十の武器。そのすべてを手に入れたものは、あらゆるものを破壊する力を手にするという。

 2つの月が浮かぶ時、伝説は現実となり、武器の秘められた力が覚醒する。今、その2つの月の下で、黒い魔女と、白い退魔師が対峙している。

 その戦いを目撃した主人公は、やがて2人の背負った宿命に巻き込まれていくことに。現代日本と、そして“2つの月の世界”を行き来する少女たちの戦いを描いたアクション・ノベル。

■登場キャラクター

●天舞ミナセ(テンマ=ミナセ)

戦闘服姿の天舞ミナセ
▲戦闘服姿の天舞ミナセ。

 戦乱の影に黒の魔女あり。歴史の闇で、つねに暗躍してきたと言われる謎めいた存在。

 ……と噂されていると自分では言っているものの、その実、世間知らずでへっぽこな女の子。記憶力は著しく低く、少し前のこともよく覚えていない。食欲と睡眠欲はいつも旺盛。

 十の武器の1つである鎌を所持しており、その戦闘能力は高い。

私服姿のミナセ 私服(コート)姿のミナセ
▲私服▲私服(コート)

●安倍晴歌(アベノ=ハルカ)

戦闘服姿の安倍晴歌
▲戦闘服姿の安倍晴歌。

 十の武器の1つである鎖を代々継承する、退魔師・安倍家の娘。歴史ある一族の中でも、最強の霊力を秘めていると言われており、ずば抜けた強さを誇る。

 上品な立ち振る舞いながら、感性豊かで、物事に無邪気なまでに反応する。十の武器をその手に集めようとしており、密かに行動している。やや潔癖気味。

私服姿の安倍晴歌
▲私服

●主人公・和泉九十九(イズミ=ツクモ)

 高校二年生。ミナセと晴歌の戦いを目撃して、その戦いの渦中に身を置くことになる。

 いろいろなことを抱え込みやすく、何にでも首を突っ込んでしまう性格。灯子という入院中の姉がおり、その身を案じている。

■イベントCG

ミナセが描かれたイベントCG
▲ミナセが描かれたイベントCG。腕や足、鎌から出ている青い炎のようなものはなんなのだろうか?
晴歌が描かれたイベントCGのラフ
▲こちらは晴歌が描かれたイベントCGのラフ。浮遊感があふれるイラストとなっている。

■背景

晴歌のアジト
▲晴歌のアジト
ミナセの家(外観)
▲ミナセの家(外観)
ミナセの家(中庭)
▲ミナセの家(中庭)
ミナセの家(居間)
▲ミナセの家(居間)
2つの月が浮かぶ空
▲2つの月が浮かぶ空

(C)VisualArt’s

データ

▼『HOLY BREAKER! -THE WITCH BETRAYED BLUE MOON WICCA-』
■メーカー:ビジュアルアーツ(HINOUE ITARU design office.)
■対応機種:PC
■ジャンル:ADV
■発売日:2014年12月28日
■希望小売価格:3,000円(税込)
※レーティング:15歳以上推奨

関連記事

注目記事

アイコン別記事一覧

※クリックすると、ソートされた記事一覧に移動します。