News

2014年11月7日(金)

江口拓也さんが“犠牲”にしていることとは? シチュエーションCD『SACRIFICE』収録後インタビュー!

文:電撃Girl'sStyle

 不思議な世界“SACRIFICE(サクリファイス)”を舞台に繰り広げられる、“初恋”がテーマのピュアラブストーリー『SACRIFICE』。そのシリーズ第1弾で、SACRIFICEを支配するリーダー・ノエルを演じた江口拓也さんに、収録後お話を伺いました。 物語やキャラクターはもちろん、江口さんについての裏話も!? ガルスタ11月号で紹介したインタビューの完全版をお楽しみください♪

『SACRIFICE 江口拓也さんインタビュー』

――ノエルや物語について教えてください。

 ノエルは「SACRIFICE」という世界に住んでいる住人ですが、彼がどうしてこの世界にいるかなど、そういう細かい設定は伏せられているのであまり言えないんです。ぜひ本編を聴いて確かめていただきたいですね。

 お伝えできる範囲ですと、「SACRIFICE」の中では、ノエルは王様という立場になるのですが、かといって王様みたいな振る舞いをしているわけではなくて、ほかのメンバーたちと変わらず一緒に過ごしています。

――実際に演じてみてどう感じましたか?

 ヒロインとは、小さい頃に彼が転校したことがきっかけで離れ離れになるんですけれど、その彼女と再会したときのノエルがとても子どもっぽく感じました。ずっと片思いしていたヒロインに対して、素直じゃないというか終始友だちのような感じに接するんです。ただノエル編だと両想いになるわけですから、そのあたりで子どもっぽくない別の部分も見せてくれます。

 演じていて、ほかのキャラクターと比べてもノエルが1番表裏がないかなと思いました。本人は隠しているつもりでも周りから見ればとてもわかりやすいので、演じやすかったですね。ヒロインに対してどこまで突っぱねたらいいんだろうとか、どこまで距離感を縮めたらいいんだろうとか、そういうところは考えながら演じました。

――演じていて切ないなと思ったところはありますか?

 やはり触れられないというところでしょうか。その理由というものは、ネタバレになってしまうので言えないですけれど(笑)。彼らが背負っている運命の、切なさや儚さみたいなものを感じていただければと思います。「SACRIFICE」の世界は、複雑そうに見えますけど意外とシンプルに構成されているので、そのあたりものちのち明らかになっていくんじゃないでしょうか。

――ノエル編ではキャラクター全員が集合しますが、そんなドラマパートを収録されていかがでしたか?

 今回はキャスティングにもかかわらせていただいているので、小野友樹さんと2人でキャラクターを想像しながら声をあてていただきたい方にお願いしました。全員ではないんですけれど、収録も一緒にしまして第一声を聴いたときから、もうバッチリだなと。とてもステキな感じになっております! 収録中も非常に和やかで、終始笑いの絶えない現場でした。とても楽しかったですし、一緒にやれてうれしかったですね。

――「サクリファイス」は犠牲という意味ですが、最近犠牲にしていることはありますか?

 寝る時間を犠牲にして……『ツムツム』しています。楽しいのでついやってしまうんですけれど、『ツムツム』は本当に時間泥棒ですよ。僕はなんというものに手を出してしまったのだと、とても後悔しています(笑)。課金もしちゃっているので、もう引き返せません!!

――幼なじみエピソード、憧れなどありますか?

 僕は結構転校することが多かったので、幼稚園のころから一緒……みたいな幼馴染はいないですね。小学1年生からの4年間一緒だった友だちには、この前久々に会ったりしました。まぁ男しかいないので(笑)、女の子の幼なじみが欲しかったなと思います。家が隣同士で、部屋の窓も隣り合わせで会話するみたいな感じ、いいですよね。そんなことはなく、今にいたりますけど(笑)。

――そういえば、CDに収録されているフリートークでクラスの女子のアドレスを1人も知らなかったというお話もされていましたね(笑)。

 そうなんです。自分の過去話をネタにして、いろいろ犠牲にしています!!(笑)

――手紙、ラブレター、ファンレターにまつわるお話があればお聞かせください。

 やはりファンレターは、何より1番うれしいです。ファンの方がどういうふうに想ってくれているかがダイレクトに伝わるので、ありがたいなと思います。ファンの方からいただいた手紙というものが、僕のエネルギー源です。この仕事をやっているうえで、自分には見えない価値みたいなものを感じることができるので、とてもうれしいですね。

――最後に、読者へメッセージをお願いします!!

 『SACRIFICE』は、RejetさんとゆーたくIIとavexさんのコラボレーション作品です。そのなかで、キャスティングや物語にも全面的にゆーたくIIがかかわらせていただいて、今のところ納得のいくものになっています。楽しんでいただけるような仕掛けや、これからの展開も用意していくので、引き続き『SACRIFICE』という世界観を楽しんでいただけたらうれしいです。


 電撃Girl’sStyle11月号では、キャラクターイラストを手がけるおかざきおか先生の、描き下ろしイラスト連載Vol.2 ユキ(声:小野友樹)を掲載中! アナタに対する甘いメッセージ付きなので、ぜひチェックしてみてくださいね♪

(C)2014 Rejet

データ

▼最初で最後のキスをする物語『SACRIFICE』Vol.1 ノエル CV.江口拓也
■メーカー:Rejet
■発売日:2014年10月29日発売予定
■価格:2,000円+税
 
■最初で最後のキスをする物語『SACRIFICE』Vol.1 ノエル CV.江口拓也の購入はこちら
Amazon.co.jp

関連記事

関連サイト

電撃Girl'sStyle

最新号紹介

  • 電撃Girl’sStyle3月号

     電撃Girl’sStyle3月号表紙画像

    2017年2月10日発売/特別定価980円


    【スペシャル付録】
    ★『あんさんぶるスターズ!』&『ユーリ!!! on ICE』両面B2ポスター
    表紙を飾る『あんスタ!』と、オフショット風の『ユーリ!!! on ICE』のイラストを両面にあしらった、スペシャルなポスター♪

    【巻頭特集『あんさんぶるスターズ!』】
    Switch初表紙記念ということで、今月は『あんスタ!』を8ページで特集します!

    【ハートを伝えて・ハッピーバレンタイン特集】
    ガルスタだけの描き下ろしイラストやショートストーリーが満載です!!
    『DIABOLIK LOVERS』シリーズ
    『ドリフェス!』
    『ボーイフレンド(仮)』シリーズ
    『遙かなる時空の中で3 Ultimate』
    『夢王国と眠れる100人の王子様』
    『罪喰い~千の呪い、千の祈り~ for V』
    『スタンドマイヒーローズ』
    『プリンス・オブ・ストライド』
    『A3!(Act! Addict! Actors!)』
    『アイ★チュウ』
    『茜さすセカイでキミと詠う』>
    『輪華ネーション』

    >> 詳細はこちら