News

2014年11月7日(金)

『CoD AW』発売直前生放送はマルチプレイで大盛り上がり! 新ルール“アップリンク”で因縁の戦いも

文:イトヤン

 スクウェア・エニックスより、11月13日に字幕版が発売されるPS4/PS3/Xbox One/Xbox 360/PC用ソフト『コール オブ デューティ アドバンスド・ウォーフェア』。本作の発売を前にした11月5日、“『コール オブ デューティ アドバンスド・ウォーフェア』発売直前公開生放送~ADVANCEDな気になるトコロ...徹底的に見ていただきます!~”と題した、公式生放送が配信された。ここでは東京・秋葉原で行われた、現地での公開生放送の模様をお届けする。

『CoD AW発売直前公開生放送~ADVANCEDな気になるトコロ...徹底的に見ていただきます!~』

 『コール オブ デューティ アドバンスド・ウォーフェア』は、2054年の近未来を舞台にした『コール オブ デューティ(CoD)』シリーズの最新作。Sledgehammer Gamesのシナリオチームが手掛ける魅力的なストーリーと、次世代機に合わせて開発された圧倒的なグラフィックが、これまでにない革新的なゲーム体験をさせてくれるFPSだ。

『CoD AW発売直前公開生放送~ADVANCEDな気になるトコロ...徹底的に見ていただきます!~』

■日本初公開のキャンペーンモードに、吹き替え版に出演している声優2人がチャレンジ!

 東京・秋葉原のe-sports SQUAREで行われた公開生放送は、シリーズの熱心なファンが見守るなか、MCの森一丁さんとアシスタントMCの渚さんによる司会で、番組がスタート。まず最初に、スクウェア・エニックスの代表取締役社長である松田洋祐さんが登場した。

『CoD AW発売直前公開生放送~ADVANCEDな気になるトコロ...徹底的に見ていただきます!~』
▲MCの森一丁さん(写真左)と、アシスタントMCの渚さん(写真右)。
『CoD AW発売直前公開生放送~ADVANCEDな気になるトコロ...徹底的に見ていただきます!~』
▲スクウェア・エニックス 代表取締役社長の松田洋祐さん。

 松田社長は、先行して発売された海外でも、本作が高い評価を獲得していると語った上で、本作を開発したSledgehammer Gamesのジェネラル・マネージャー、グレン・スコフィールドさんからのメッセージを紹介した。メッセージによると、スコフィールドさんは日本で本作を発売できることを非常に嬉しく思っており、字幕版が発売される11月13日には、オンラインでぜひ日本のプレイヤーと対戦したいとのことだ。

『CoD AW発売直前公開生放送~ADVANCEDな気になるトコロ...徹底的に見ていただきます!~』
▲Sledgehammer Gamesのジェネラル・マネージャー、グレン・スコフィールドさん(写真右)から日本のファンに向けて寄せられたメッセージを、松田社長が読みあげた。

 続いて、スクウェア・エニックスで『CoD』シリーズのローカライズプロデューサーを担当している、塩見卓也さんが登場。今から40年後の近未来を舞台にしたストーリー設定や、新装備の“エグゾスケルトン”による2段ジャンプやダッシュでスピーディーなプレイが楽しめるといった、本作の概要について解説を行った。さらに、字幕版に続いて12月4日に発売される、吹き替え版のキャストも紹介された。

『CoD AW発売直前公開生放送~ADVANCEDな気になるトコロ...徹底的に見ていただきます!~』
▲塩見卓也さんは『CoD』シリーズのローカライズプロデューサーとして、ファンにはおなじみだ。
『CoD AW発売直前公開生放送~ADVANCEDな気になるトコロ...徹底的に見ていただきます!~』
▲ハリウッドスターのケヴィン・スペイシーが演じる、民間軍事会社“アトラス・コーポレーション”の社長ジョナサン・アイアンズの声は、大塚芳忠さんが担当。
『CoD AW発売直前公開生放送~ADVANCEDな気になるトコロ...徹底的に見ていただきます!~』
▲主人公ミッチェルの声を演じるのは高橋広樹さん。
『CoD AW発売直前公開生放送~ADVANCEDな気になるトコロ...徹底的に見ていただきます!~』
▲ミッチェルの同僚であるギデオンの声を小西克幸さんが演じる。
『CoD AW発売直前公開生放送~ADVANCEDな気になるトコロ...徹底的に見ていただきます!~』
『CoD AW発売直前公開生放送~ADVANCEDな気になるトコロ...徹底的に見ていただきます!~』
『CoD AW発売直前公開生放送~ADVANCEDな気になるトコロ...徹底的に見ていただきます!~』
▲ほかにも豪華な声優陣が出演して、物語を盛り上げている。

 吹き替え版のキャストが紹介されたところで、この放送のゲストである声優の白熊寛嗣さんと岡林史泰さんの2人がステージに登壇。本作の吹き替え版に出演しているだけでなく、シリーズのプレイ経験も豊富な2人が、日本初公開となるキャンペーンモードを、実際に体験することになった。

『CoD AW発売直前公開生放送~ADVANCEDな気になるトコロ...徹底的に見ていただきます!~』
▲本作の吹き替え版に出演している、声優の岡林史泰さん(写真左)と白熊寛嗣さん(写真右)。

 キャンペーンは1人用のため、白熊さんがプレイを受け持ち、岡林さんは隣で解説するというかたちに。今回挑戦したキャンペーンモード冒頭のミッションでは、アメリカ海兵隊に所属する主人公が、韓国に降下して戦うことになる。

 2人はまず、緻密なグラフィックで表現された大都市のリアルな街並みに、驚きの声を上げていた。また、本作の最大の特徴である“エグゾ”を使ったジャンプやダッシュに関しては、最初はややとまどいを見せていたものの、やがて白熊さんが操作に慣れてくると、軽快なフットワークで移動を行っていた。ほかにも、投げると照準をあわせた敵に向かって飛んでいく“スマートグレネード”といった、近未来ならではの新装備にも、2人は大いに興味を惹かれたようだった。

『CoD AW発売直前公開生放送~ADVANCEDな気になるトコロ...徹底的に見ていただきます!~』
▲会場のモニターにはプレイ中のゲーム画面だけでなく、操作している白熊さんの様子も映し出されていた。
『CoD AW発売直前公開生放送~ADVANCEDな気になるトコロ...徹底的に見ていただきます!~』
▲キャンペーンモードには今回も、シリーズおなじみのシークレットアイテムである“インテル”が用意されている。

■スクウェア・エニックスの社長も参加したマルチプレイは、波乱の展開に……!?

 キャンペーンモードに続いては、マルチプレイの模様が公開された。まず最初に行われたのは、最大4人で参加可能な協力プレイの“エグゾ・サバイバル”だ。

 “エグゾ・サバイバル”は、ウェーブ形式で次々と襲いかかってくる敵をチームで協力して撃退するというもので、ラウンドの合間には戦闘で獲得したポイントを使って、武器やエグゾのカスタマイズが可能だ。

『CoD AW発売直前公開生放送~ADVANCEDな気になるトコロ...徹底的に見ていただきます!~』

 この協力プレイでは、白熊さんと岡林さんに加えて、アシスタントMCの渚さんと、スクウェア・エニックスの松田社長も参加することとなった。

 松田社長といえば、昨年の『CoD:ゴースト』発売記念イベントにおいて、マルチプレイの実演でハンドガンを駆使した戦いを繰り広げたことから、一部で“ハンドガン社長”と呼ばれるようになったほどのFPS好きとして知られている。とはいえ「さすがにハンドガンで戦うのは大変だった」そうで、今回はアサルトライフルによるプレイとなった。

『CoD AW発売直前公開生放送~ADVANCEDな気になるトコロ...徹底的に見ていただきます!~』
▲声優の2人に加えて、松田社長とアシスタントMCの渚さんも協力プレイに参加。このメンバー構成が、波乱を呼ぶことに……。

 このモードでは本来、参加者の連携プレイが重要なのだが、今回の4人はなぜかバラバラな行動をとってしまう。さらには松田社長が敵弾に倒れると、ほかの3人が恩を売ろうと(?)一斉に救援に駆け寄るといった現象も発生してしまい、わずか5ラウンドで全滅するという事態に。これには松田社長も「慣れるまではキツかったですね」と苦笑いしていた。

『CoD AW発売直前公開生放送~ADVANCEDな気になるトコロ...徹底的に見ていただきます!~』
▲ヘッドホンをつけてプレイに臨む松田社長。ところがいざゲームがスタートすると、いきなり敵弾に倒れてしまい、ほかのメンバーが救援に駆けつけるといった場面も。

 『CoD』シリーズといえば、なんといってもオンライン対戦ということで、今度はチームデスマッチにチャレンジ。先の4人に加えて、実況プレイヤーの猫マグロさんと加齢た声さんの2人が助っ人に加わった6人のチームと、会場に来ていた観客から選ばれた6人のチームで対戦することとなった。

『CoD AW発売直前公開生放送~ADVANCEDな気になるトコロ...徹底的に見ていただきます!~』
▲ニコニコ生放送の実況プレイで知られる加齢た声さん(写真左)と猫マグロさん(写真右)の2人が、ゲストチームの助っ人としてチームデスマッチに参加した。
『CoD AW発売直前公開生放送~ADVANCEDな気になるトコロ...徹底的に見ていただきます!~』
▲ゲストチームと対戦するのは、来場していた観客から選抜された6人のチームだ。対戦に参加した観客の中には、このように本格的なギリースーツを身につけている人も。

 今回の対戦で使用されたマップは、古代の遺跡がジャングルに囲まれているというロケーションで、屋外ならではの開けた場所や、高低差のある場所が多数存在している。そのため参加者のみなさんはほぼ初見ながらも、エグゾによるブーストジャンプを駆使した戦いを果敢に繰り広げていた。

 そんななかで実況プレイヤーの猫マグロさんは、投下されたケアパッケージを使って本作のスコアストリークを解説するという、余裕のあるプレイを見せていた。だが、そんな余裕が影響したのか(?)、対戦結果はわずか2ポイント差の接戦ながらでゲストチームが観客チームに敗北するというかたちに。とはいえ本作らしい、ハイテンポで立体的な戦いぶりをしっかりと確認することができた。

『CoD AW発売直前公開生放送~ADVANCEDな気になるトコロ...徹底的に見ていただきます!~』
▲救援物資から入手したスコアストリークの1つ“ウォーバード”を使って、地上を掃射する猫マグロさん。対戦中ながらも、実況配信で培った巧みな解説で楽しませてくれた。

■全国大学対抗戦で決勝を争った2チームが、新モードで因縁の再戦!

 ここでゲストチームがいったん退場し、代わってステージに登場したのは、前作『CoD ゴースト』を使用した“全国大学対抗戦”の覇者“ニコニコゲームマスター選抜チーム”と、準優勝“中央大学FPS部”の面々。両チームが『CoD アドバンスド・ウォーフェア』という新しい舞台で再び相まみえることとなった。

『CoD AW発売直前公開生放送~ADVANCEDな気になるトコロ...徹底的に見ていただきます!~』
▲“コール オブ デューティ ゴースト 全国大学対抗戦”で優勝した、ニコニコゲームマスター選抜チームのみなさん。
『CoD AW発売直前公開生放送~ADVANCEDな気になるトコロ...徹底的に見ていただきます!~』
▲同じく、大学対抗戦で準優勝となった、中央大学FPS部のみなさん。

 対戦は2種類のルールを使って行われたが、最初にプレイしたのは、マップ上にある複数のエリアを占領していく“ドミネーション”だ。対戦の舞台が高層ビルの屋上にある庭園ということで、ブーストジャンプを連発していると、ビルから転落してしまうといったハプニングも発生する。

 対戦の前半はほぼ互角の状況で折り返した両チームだが、後半に入るとニコニコマスターチームが着実にポイントを重ねる。最終的には200対146と、やや点差が開いたかたちで勝利した。

『CoD AW発売直前公開生放送~ADVANCEDな気になるトコロ...徹底的に見ていただきます!~』
▲スコアストリークの1つ“システムハック”は、敵チーム全員のミニマップや残弾数の表示といったHUDを、一時的に使用不能にしてしまう。接戦となった今回の対戦では、両チームでシステムハックの応酬が繰り広げられていた。

 続いての対戦は、本作からの新ルール“アップリンク”だ。これは、マップ上に落ちているサテライトドローンを拾って、敵チームのアップリンクステーションにドローンを投げ込んだり、ドローンを抱えて飛び込んだりすればスコアが獲得できるというもの。FPSの対戦というよりは、サテライトドローンをボールに見立てたバスケットボールやラグビーに近い、ユニークな競技となっている。

『CoD AW発売直前公開生放送~ADVANCEDな気になるトコロ...徹底的に見ていただきます!~』

 こちらの対戦では、ニコニコマスターチームが終始、優位にプレイを進めていき、中央大学FPS部サイドから思わず「強いなぁ」という声がこぼれることも。最終的に17対10というスコアで、ニコニコマスターチームが勝利した。

『CoD AW発売直前公開生放送~ADVANCEDな気になるトコロ...徹底的に見ていただきます!~』
▲“アップリンク”は、空中に浮かぶアップリンクステーションにサテライトドローンを運んで投げ込むという、スポーツに近いルールとなっている。それだけに、チーム内での連携や役割分担が重要だ。

 結果的に、どちらの対戦ルールもニコニコマスターチームが勝利。中央大学FPS部はリベンジを果たせず、その表情からは悔しさがにじみ出ていたが、メンバーはいずれも「楽しくプレイできた」とコメントしていた。

 対戦終了後は、本作を使った“全国大学対抗戦”の開催が発表された。日程などの詳細は決定次第、公式サイトなどで告知するとのこと。

『CoD AW発売直前公開生放送~ADVANCEDな気になるトコロ...徹底的に見ていただきます!~』
▲前作に引き続き、『CoD アドバンスド・ウォーフェア』でも全国大学対抗戦が開催決定!

■社長へのプレゼントだった“リミテッド エディション”を急遽、開封!

 “全国大学対抗戦”の開催をアナウンスしたところで、番組出演者がふたたび登壇。ゲームの発売日などの告知をしたあとに、ゲームと同時発売される『Xbox One コール オブ デューティ アドバンスド・ウォーフェア リミテッド エディション』の実物が登場した。

『CoD AW発売直前公開生放送~ADVANCEDな気になるトコロ...徹底的に見ていただきます!~』

 これは、『CoD アドバンスド・ウォーフェア』をイメージしたカスタム デザインが施されたXbox One本体と、同作字幕版のゲーム利用コードなどが同梱された限定セットだ。ステージに置かれている製品は、じつはマイクロソフトから松田社長に贈られたものだという。ここで松田社長のOKが出たため、急遽“開封の儀”が行われた。

 渚さんが意外な大ざっぱさを発揮して強引に開封しようとするなど、悪戦苦闘の末になんとか開封すると、美しいデザインのXbox One本体とコントローラーに、感嘆の声が挙がっていた。ちなみに開封されたこのセットはなんと、生放送を観ていた方の中から抽選で1名にプレゼントされることになり、コメントを寄せていた視聴者も大いに盛り上がっていた。

『CoD AW発売直前公開生放送~ADVANCEDな気になるトコロ...徹底的に見ていただきます!~』
▲松田社長へのプレゼントだった『リミテッド エディション』をゲスト一同で開封!
『CoD AW発売直前公開生放送~ADVANCEDな気になるトコロ...徹底的に見ていただきます!~』 『CoD AW発売直前公開生放送~ADVANCEDな気になるトコロ...徹底的に見ていただきます!~』
▲十字キーが金色に輝くコントローラーや、キャンペーンに登場する“センチネル”のマークがペイントされたXbox One本体など、リミテッド エディションはインパクトの強いデザインとなっている。

 番組が終了したあとの会場は本作の試遊で盛り上がり、来場者に混じって白熊さん、岡林さん、渚さんらがさっそくプレイを始めていたのが印象的だった。番組で操作していた出演者まで夢中にさせてしまうあたり、本作のボルテージの高さを物語っていると言えるだろう。

『CoD AW発売直前公開生放送~ADVANCEDな気になるトコロ...徹底的に見ていただきます!~』
▲会場の“e-sports SQUARE”に用意された試遊コーナーでは、来場者がゲームを自由に楽しむことができた。

 なお、今回の会場となった東京・秋葉原“e-sports SQUARE”では、11月6日~7日、9日~13日の期間限定で、『CoD アドバンスド・ウォーフェア』のキャンペーンやマルチプレイを試遊できる先行体験イベントを開催中だ。一刻も早くゲームを遊んでみたい人は、ぜひ秋葉原まで足を運んでみてほしい。

『CoD AW発売直前公開生放送~ADVANCEDな気になるトコロ...徹底的に見ていただきます!~』

(C)2014 Activision Publishing, Inc. ACTIVISION, CALL OF DUTY, and CALL OF DUTY ADVANCED WARFARE are trademarks of Activision Publishing, Inc.

データ

▼『コール オブ デューティ アドバンスド・ウォーフェア(字幕版)』
■メーカー:スクウェア・エニックス
■対応機種:PS4
■ジャンル:FPS
■発売日:2014年11月13日
■希望小売価格:7,800円+税

Amazon.co.jp で詳細を見る

▼『コール オブ デューティ アドバンスド・ウォーフェア(吹き替え版)』
■メーカー:スクウェア・エニックス
■対応機種:PS4
■ジャンル:FPS
■発売日:2014年12月4日
■希望小売価格:7,800円+税

Amazon.co.jp で詳細を見る

▼『コール オブ デューティ アドバンスド・ウォーフェア(字幕版)』
■メーカー:スクウェア・エニックス
■対応機種:PS3
■ジャンル:FPS
■発売日:2014年11月13日
■希望小売価格:7,800円+税

Amazon.co.jp で詳細を見る

▼『コール オブ デューティ アドバンスド・ウォーフェア(吹き替え版)』
■メーカー:スクウェア・エニックス
■対応機種:PS3
■ジャンル:FPS
■発売日:2014年12月4日
■希望小売価格:7,800円+税

Amazon.co.jp で詳細を見る

▼『コール オブ デューティ アドバンスド・ウォーフェア(字幕版)』
■メーカー:スクウェア・エニックス
■対応機種:Xbox One
■ジャンル:FPS
■発売日:2014年11月13日
■希望小売価格:7,800円+税

Amazon.co.jp で詳細を見る

▼『コール オブ デューティ アドバンスド・ウォーフェア(吹き替え版)』
■メーカー:スクウェア・エニックス
■対応機種:Xbox One
■ジャンル:FPS
■発売日:2016年10月6日
■希望小売価格:未定
▼『コール オブ デューティ アドバンスド・ウォーフェア(字幕版)』
■メーカー:スクウェア・エニックス
■対応機種:Xbox 360
■ジャンル:FPS
■発売日:2014年11月13日
■希望小売価格:7,800円+税

Amazon.co.jp で詳細を見る

▼『コール オブ デューティ アドバンスド・ウォーフェア(吹き替え版)』
■メーカー:スクウェア・エニックス
■対応機種:Xbox 360
■ジャンル:FPS
■発売日:2014年12月4日
■希望小売価格:7,800円+税

Amazon.co.jp で詳細を見る

▼『コール オブ デューティ アドバンスド・ウォーフェア(字幕版)』
■メーカー:スクウェア・エニックス
■対応機種:PC
■ジャンル:FPS
■発売日:2014年11月13日
■価格:オープン
 
■『コール オブ デューティ アドバンスド・ウォーフェア(字幕版)』の購入はこちら
Amazon.co.jp
▼『コール オブ デューティ アドバンスド・ウォーフェア(字幕版)限定版』
■メーカー:スクウェア・エニックス
■対応機種:PS4/PS3/Xbox One/Xbox 360
■ジャンル:FPS
■発売日:2014年11月13日
■価格:8,800円(税込)
 
■『コール オブ デューティ アドバンスド・ウォーフェア(字幕版)限定版』PS4版の購入はこちら
Amazon.co.jp
 
■『コール オブ デューティ アドバンスド・ウォーフェア(字幕版)限定版』PS3版の購入はこちら
Amazon.co.jp
 
■『コール オブ デューティ アドバンスド・ウォーフェア(字幕版)限定版』Xbox One版の購入はこちら
Amazon.co.jp
 
■『コール オブ デューティ アドバンスド・ウォーフェア(字幕版)限定版』Xbox 360版の購入はこちら
Amazon.co.jp
▼『Xbox One コール オブ デューティ アドバンスド・ウォーフェア リミテッド エディション』
■メーカー:日本マイクロソフト
■対応機種:Xbox One
■発売日:2014年11月13日
■価格:49,980円+税
▼『Xbox One ワイヤレス コントローラー(コール オブ デューティ アドバンスド・ウォーフェア)』
■メーカー:日本マイクロソフト
■対応機種:Xbox One
■発売日:2014年11月13日
■価格:6,980円+税
▼『Xbox Live 12ヶ月+1ヶ月 ゴールド メンバーシップ コール オブ デューティ アドバンスド・ウォーフェア バージョン』
■メーカー:日本マイクロソフト
■対応機種:Xbox One/Xbox 360
■発売日:2014年11月13日
■価格:4,980円+税

関連サイト

関連記事

注目記事

アイコン別記事一覧

※クリックすると、ソートされた記事一覧に移動します。