News

2014年11月12日(水)

『マリオカート8』追加コンテンツ第1弾を一足早く体験! キャラ、マシン、コースの情報を総まとめ

文:MAC佐藤

 マリオたちがカートやバイクに乗ってレースを繰り広げる、Wii U用ソフト『マリオカート8』。11月13日に配信される追加コンテンツ第1弾をひと足先に体験できたので、その詳細をレポートする。

 追加コンテンツ第1弾では、3体のキャラクター、4台のマシン、8つのコースが新たに楽しめる。今回、これらの追加要素に加えて『amiibo』を使ったレースも体験できたので、プレイしてわかったことを盛り込みつつ紹介していこう。

 なお、同コンテンツはゲームメニュー内の“カタログ”から800円(税込)にて購入できる他、追加コンテンツ第2弾とまとめて予約購入するとお買い得な“第1弾+第2弾パック”も販売される(詳細は後述)。

■リンク、タヌキマリオ、ネコピーチの3体が新たに参戦!

 追加キャラクターであるリンク、タヌキマリオ、ネコピーチの性能が判明した。それぞれのキャラ性能はもちろん、個性的なジャンプアクションにも注目だ。

●リンク

 『ゼルダの伝説』シリーズでおなじみ、緑の衣をまとう勇者。シリーズによってリンクの外見は異なるが、『マリオカート8』に登場するのは『スカイウォードソード』のリンクがモデルとなっている。キャラ性能的には重量級に分類され、クッパやワリオと並ぶスピードの持ち主。タイムアタックで真価を発揮する。

『マリオカート8』
▲ジャンプアクション成功時は、立ち上がって剣を振ったり高くかかげたりしてアピール。試しにジャンプアクション中の剣をライバルに当ててみたが、変化はなかった。

●タヌキマリオ

 『スーパーマリオブラザーズ3』や『スーパーマリオ3Dランド』に登場する、ゆっくりと空から降下したり、地蔵に変身したりする能力を持ったマリオ。『マリオカート8』では普通のマリオと比べると少しだけ軽く、加速性能が高い。ややスピードが速い中量級に分類されるようだ。

『マリオカート8』
▲ジャンプアクション成功時は、しっぽを振ってアピールする。反重力エリアでは、地蔵マリオに変身することも!?

●ネコピーチ

 『スーパーマリオ 3Dワールド』に登場する、壁を登ったり爪でひっかいたりする能力を持ったピーチ。『マリオカート8』ではオリジナルボイスを収録しての登場となる。加速性能が高めの中量級にあたり、普通のピーチと比べて少しだけ軽い。

『マリオカート8』
▲ジャンプアクション成功時は、振り向きながら手を上下に振るなど、かわいらしい仕草を見せてくれる。

■『F-ZERO』のブルーファルコンなど4台のマシンが追加!

 新たに登場するマシンはBダッシュ、マスターバイク、ブルーファルコン、タヌキバギーの4台。これらはマシンパーツの“フレーム”に分類される。

 また、4台のマシンのほかにも、ホイールにトライフォースを描いた“トライフォースタイヤ”と、帆の部分にハイラル王国の紋章が描かれた“ハイラルカイト”の2つのパーツも合わせて追加される。マスターバイクと組み合わせるとよく似合うので、ぜひ試してほしい。ちなみに、トライフォースタイヤはリングタイヤと同等のスピード性能を持ち、ハイラルカイトは加速が高いタイプとなっている。

●Bダッシュ

 『マリオカートDS』で初登場し、パッケージを飾っていた人気マシン。フォーミュラカーのような流線型のフォルムが特徴的だ。『マリオカート8』ではターボワンやスーパースターなどと並ぶ、最高速重視のサーキット向けマシンとなっている。

『マリオカート8』

●マスターバイク

 馬をモチーフにしたデザインのバイクで、側面には“ハイリアの盾”も備え付けられている。他のバイクに比べてサイズが大きく、圧倒的な存在感を誇る。前傾姿勢で乗車するハングオンタイプであり、スピードもバイクの中では最速。ドリフト時はイン側に切り込んでいくため、コーナーを鋭く曲がれる。

『マリオカート8』

●ブルーファルコン

 『F-ZERO』に登場するキャプテン・ファルコンが操っていたマシンで、SFC版のオリジナルイラストを元にデザインされている。最高速度はBダッシュやスーパースターと比べて見劣りするものの、反重力エリアでのスピードはトップクラスだ。

『マリオカート8』

●タヌキバギー

 前面から見るとタヌキの顔のような愛嬌のあるデザインだが、見た目に反して意外と重量があり、ライバルとのぶつかり合いに強い。また、滑りにくく、砂漠や雪山などのオフロードでも軽快に走れる。最高速度は優秀だが、加速性能が低いので、他のパーツで補おう。

『マリオカート8』

■リメイクから新規まで、楽しい仕掛けが満載の8コース!

 追加されるコースは、2つのカップにそれぞれ4コース(計8コース)。“たまごカップ”は、GC ヨッシーサーキット、エキサイトバイク、ドラゴンロード、ミュートシティの4コース。“ゼルダカップ”は、Wii ワリオこうざん、SFC レインボーロード、ツルツルツイスター、ハイラルサーキットの4コースで構成されている。それぞれのコースの特徴や見どころを紹介していこう。

【たまごカップ】

●GC ヨッシーサーキット

 『マリオカート ダブルダッシュ!!』で初登場し、その後『マリオカートDS』でリメイクコースとして登場。シリーズの中でも特に人気が高いサーキットが、HD画質で復刻した。上空から見るとヨッシーの形をした島となっており、1周の距離が長めでコーナーが非常に多い。ドリフト&ミニターボを駆使してコーナーを制していくことがポイントとなる。

『マリオカート8』
『マリオカート8』
▲複雑な形のコーナーもある。惑わされないように、ライン取りを覚えてうまく切り抜けていこう。
『マリオカート8』 『マリオカート8』
▲島の形だけでなく、木の実や看板など、オブジェクトにもヨッシーに関するものが散りばめられている。
『マリオカート8』 『マリオカート8』
▲沿道にさまざまな色のヨッシーが観戦しているなど、ヨッシーづくしで見た目にも楽しいコースだ。

●エキサイトバイク

 ファミリーコンピュータで発売されたレースゲーム『エキサイトバイク』をモチーフにしたコース。スタートゲートや背景のフラッグといった細かい部分も『エキサイトバイク』風にアレンジされている。競技場のトラックのような単純な形状の周回コースだが、レースのたびに坂、ダート、ジャンプ台の位置が変化するという、これまでのシリーズにない斬新なギミックが施されている。ファミコン版にあったエディットモードに似た感覚で、オールドファンにはうれしい演出だ(※タイムアタックモードではギミックの位置は固定になる)。

『マリオカート8』
『マリオカート8』
▲スタート時のストッパーも再現されている。カウントが0になると下に倒れて、レーススタート!
『マリオカート8』 『マリオカート8』
▲坂が多いので、連続でジャンプアクションを決めつつ加速していくことがポイントとなる。
『マリオカート8』 『マリオカート8』
▲巨大なモニターやライダーの造形物など、ところどころにあるオブジェクトにも注目。
『マリオカート8』
▲レース後のハイライト映像では、ファミコン版のように真横からの視点で映されることも。
『マリオカート8』
▲4つのモニターを見比べてみれば、同じ場所でもギミックの配置が異なることがわかるハズ! レースのたびに変わるので、毎回新鮮な感覚で楽しめる。

●ドラゴンロード

 巨大なドラゴンを模して作られたアジア風のコース。『マリオギャラクシー2』に登場するボスキャラの“ガブリュウ”をモデルにしており、曲がりくねった身体の体内や背中、腹を駆け抜けていく。この場所はジュゲムの修行の里となっていて、コースのいたるところにジュゲムの像や絵が配置されている。

『マリオカート8』
『マリオカート8』
▲コースのほとんどが反重力エリアで占められている。ドラゴンの口から体内へ入り、背中へと抜けていく。
『マリオカート8』 『マリオカート8』
▲各所のコーナーは一見複雑だが、そのほとんどがドリフトしやすい形で、ミニターボへ無理なくつなげられるため、気持ちよく走れる。
『マリオカート8』 『マリオカート8』
▲修行中らしいジュゲムの姿が絵や像になっている。雲に乗っていない姿が新鮮(笑)。

●ミュートシティ

 『F-ZERO』に登場する“ミュートシティ”をアレンジした近未来的なコース。ダッシュボードが多く、全体が反重力エリアという『F-ZERO』らしい構成で、ジャンプした時の浮遊感や壁にぶつかった時のエフェクトもしっかりと再現されている。なお、コース上にコインは配置されていないが、エネルギー回復ゾーンを走ればすぐに最大数の10枚までたまる。

『マリオカート8』
『マリオカート8』
▲スピード感はシリーズ史上最高!? キャプテン・ファルコンのMiiレーシングスーツを着てブルーファルコンに乗れば、まるで『F-ZERO』をプレイしている気分に!
『マリオカート8』 『マリオカート8』
▲連続でダッシュボードに乗れば、加速状態のまま突っ走れる! 『F-ZERO X』に登場したチューブのような形状の道も登場する。
『マリオカート8』 『マリオカート8』
▲スピンや転倒してコインを失った場合は、エネルギー回復ゾーンで補充しよう。回復時のリングが立ち上るエフェクトも再現されている。

【ゼルダカップ】

●Wii ワリオこうざん

 『マリオカートWii』で登場した、夕暮れが美しい鉱山を舞台としたコース。所々に激しいアップダウンがあり、ジェットコースターに乗っているような感覚を味わえる。Wii版は洞窟の中を走るトロッコにぶつかると転倒してしまったが、本作では洞窟内が反重力エリアとなっており、トロッコにぶつかることでスピンターボが可能に! コース外には働いているヘイホーたちの姿も見られる。彼らのリズミカルな応援がBGMに重なって聴こえてくることも。

『マリオカート8』
『マリオカート8』
▲コースの途中にあるゲートには、誇らしげなワリオの絵が描かれている。ワリオが運営している金の鉱山のようだ。
『マリオカート8』 『マリオカート8』
▲道幅は広めだが、ガードレールがない場所が多くコースアウトしやすいので、注意して走ろう。
『マリオカート8』 『マリオカート8』
▲線路を走るトロッコの車輪も反重力状態となっており、ぶつかっても転倒せず、逆にスピンターボで加速できる! 積極的に狙っていこう。

●SFC レインボーロード

 『マリオカート』シリーズのグランプリモードで、ラストを飾ってきたレインボーロード。その原点である初代『スーパーマリオカート』バージョンが、『8』でリニューアルして登場する。

 光り輝く7色のパネルで構成された神秘的なコースになっており、懐かしいBGMのリズムに合わせてパネルがうっすらと明滅するといった演出も。要所に出てくるスーパードッスンは道をふさぐように落下してくるので、通過するタイミングの見極めが重要だ。

『マリオカート8』
『マリオカート8』 『マリオカート8』
▲SFC版と同じく、平面的でシンプルなコースとなっているが、壁やガードレールは一切存在しない。いかにインコースギリギリを攻めてタイムを縮められるか、極めがいのあるコースとなっている。
『マリオカート8』 『マリオカート8』
▲ルートが二又に分かれているところは、普段は左右のどちらかへ進むことになるが、ダッシュキノコがあればジャンプ台を利用して中央の穴を飛び越えられる!
『マリオカート8』
▲スーパードッスンの落下の衝撃でコースが波打つようにうねるが、これを利用したジャンプアクション&ミニターボでタイムを縮められる。

●ツルツルツイスター

 北極に遠征しているキノピオたちが作ったコースで、黄色と緑色の2本の道が絡み合っている。2本の道を行き来しながら走れる場所もあり、状況に応じたルート選択がポイントとなる。コース名からもわかるように路面が凍りついて滑りやすくなっているため、オフロードに強いタイヤでレースにのぞみたい。

『マリオカート8』
『マリオカート8』
▲スタート地点付近はキャンプになっているらしく、多数のキノピオたちの姿が見られる。
『マリオカート8』 『マリオカート8』
▲低い道へ飛び降りてルートを変更できる場所もある。最短ルートを探すだけでも楽しいコースだ。
『マリオカート8』 『マリオカート8』
▲所々に浮かぶ流氷を利用することでショートカットできる場所も……!?

●ハイラルサーキット

 『ゼルダの伝説』のハイラル城と、その城下町やハイラル平原を舞台にしたコース。ここではコインのグラフィックがルピー(『ゼルダ』シリーズの通貨)に変わる他、敵キャラについてもバサバサがキースに、パックンフラワーがデクババに変化している。細かい部分もこだわって作られており、『ゼルダ』ファンなら思わずニヤリとする要素が満載だ。ギターやドラムを使ってレースゲーム風にアレンジしたBGMも必聴。

『マリオカート8』
『マリオカート8』 『マリオカート8』
▲ハイラル平原を駆け抜けつつ、丘の上からグライダーで飛んでハイラル城内へ突入。コインがルピーになっているなど、グラフィックの変化にも注目。
『マリオカート8』 『マリオカート8』
▲城内には触ると光るスイッチがあり、接触時はスピンターボが発動する。そして、3つすべてのスイッチを光らせれば、おなじみの効果音とともにダッシュボードが出現!
『マリオカート8』
▲ダッシュボードに乗ってマスターソードに触れるとトライフォースが出現し、さらに加速できる!

■『amiibo』でMiiレーシングスーツを着てなりきりプレイ!

 『amiibo』は、Wii U GamePadの読み取り部分にタッチすることで任天堂の特定のタイトルと連動させて遊べるキャラクターフィギュア。『マリオカート8』では、対応するキャラクターをモチーフにしたMiiレーシングスーツを入手できる。このMiiレーシングスーツは、ドライバーをMiiにした時に選ぶことができ、そのキャラクターになりきってレースを楽しめる。

『マリオカート8』
『マリオカート8』 『マリオカート8』

 キャラクターはマリオ、ルイージ、ピーチ、ヨッシー、ドンキーコング、リンク、キャプテン・ファルコン、カービィ、サムス、フォックスの10種類。Miiレーシングスーツ入手の流れは以下の通りだ。

『マリオカート8』
▲ゲームメニュー画面で+ボタンを押すと、amiibo画面が表示される。
『マリオカート8』
▲ここでWii U GamePadの読み取り部分にamiiboをタッチすれば、Miiレーシングスーツを入手できる。
『マリオカート8』
▲キャラクター選択画面でMiiを選ぶと入手したスーツが表示され、好きなスーツを着てレースに参加できる。

■第2弾は2015年5月に配信予定! まとめて購入するとお買い得♪

 追加コンテンツ第2弾は、むらびと、しずえ、ほねクッパのキャラクター3人、新マシン4台、新コース8つがセットとなっている。配信は2015年5月とまだ先だが、現在予約購入を受付中だ。

『マリオカート8』

 第1弾と第2弾の価格はそれぞれ800円(税込)だが、2つまとめて1,200円(税込)で購入できるお得なパックが登場(※第1弾と第2弾を個別購入した場合は対象外)。第1弾+第2弾パックの価格にあわせた1200円分のオリジナルニンテンドープリペイドカードも発売されているので、購入する際は利用してみては?

(C) 2014 Nintendo
(C) 2014 Nintendo Original Game: (C) Nintendo / HAL Laboratory, Inc.
Characters: (C) Nintendo / HAL Laboratory, Inc. / Pokémon. / Creatures Inc. / GAME FREAK inc. / SHIGESATO ITOI / APE inc. / INTELLIGENT SYSTEMS / SEGA / CAPCOM CO., LTD. / BANDAI NAMCO Games Inc. / MONOLITHSOFT
※amiiboの画像は開発中のものです。実際の製品とは異なる場合があります。また、製品特性上、個体差が生じる場合があります。あらかじめご了承ください。

データ

▼『Wii U マリオカート8 セット(シロ)』
■メーカー:任天堂
■対応機種:Wii U
■ジャンル:レース
■発売日:2014年11月13日
■希望小売価格:32,800円+税
 
■『Wii U マリオカート8 セット(シロ)』の購入はこちら
Amazon.co.jp
▼『Wii U マリオカート8 セット(クロ)』
■メーカー:任天堂
■対応機種:Wii U
■ジャンル:レース
■発売日:2014年11月13日
■希望小売価格:32,800円+税
※初回生産限定
 
■『Wii U マリオカート8 セット(クロ)』の購入はこちら
Amazon.co.jp
▼『マリオカート8』
■メーカー:任天堂
■対応機種:Wii U
■ジャンル:レース
■発売日:2014年5月29日
■希望小売価格:5,700円+税

Amazon.co.jp で詳細を見る

▼『マリオカート8(ダウンロード版)』
■メーカー:任天堂
■対応機種:Wii U
■ジャンル:レース
■配信日:2014年5月29日
■価格:5,700円+税

関連サイト

関連記事

注目記事

アイコン別記事一覧

※クリックすると、ソートされた記事一覧に移動します。