News

2014年11月13日(木)

『新次元ゲイム ネプテューヌVII』の正体不明な敵の詳細が判明! 専用フィールドでの戦闘を解説【電撃PS】

文:電撃PlayStation

 11月13日(木)発売の『電撃PS Vol.578』では、『ネプテューヌ』シリーズのナンバリング最新作、PS4『新次元ゲイム ネプテューヌVII』の最新情報を掲載。これまで正体不明だった敵の詳細やバトルを解説している。

『ネプテューヌ』
▲パープルハートたちと比べるとかなりの大きさを誇る正体不明の敵。『電撃PS Vol.578』では、ネプテューヌの大きさを1nepuとしたとき、この巨大な敵か何nepuになるのかも考察している。

 この巨大な敵は“ダークメガミ”と呼ばれる存在であることが判明。誌面では、その3Dモデルも公開している。さらに、ダークメガミのデザインを担当した鷲尾直広氏のコメントもあわせて掲載しているので要チェックだ。

 また、ダークメガミとの戦闘は通常のバトルフィールドとは異なる専用フィールドで行われることも明らかとなった。下のキャラクターがそのフィールドを展開しているようだが、彼女はいったい何者なのだろうか。彼女の正体ダークメガミとのバトルシステムの詳細は本誌でがっつり解説しているので、刮目してほしい!

『ネプテューヌ』
▲きゃぴきゃぴした雰囲気を持つこのキャラクター。新たに登場する守護女神なのだろうか・・・・・・。彼女が使うスキル“夢幻粉砕拳”の解説もぜひ注目してほしい。

 今回チラ見せした情報以外にも、零次元で出会うもう1人のネプテューヌのスキル新ダンジョン・ジングウザクラ公園もばっちり紹介。また、シリーズおなじみの落下ネタや敵なのに愛されているあのキャラクターの情報もお届けする。

『ネプテューヌ』
▲モザイク&目線入りでも誰かわかってしまうこの人。衣装がNEWバージョンになっている点に注目だ。
『ネプテューヌ』
▲『ネプテューヌ』シリーズおなじみの落下ネタ。今回落下しているのはいつもと違うキャラのようだが・・・・・・。

 さらに、ネプテューヌ役・田中理恵さんと天王星うずめ役・本多真梨子さんのインタビューも掲載。本作で3役を演じることになった田中さんと、シリーズ初参加の本多さんが『VII』舞台裏を語っている。

 これらの『新次元ゲイム ネプテューヌVII』最新情報は、11月13日発売の『電撃PS Vol.578』に掲載。“次期ネプテューヌ新作タイトルのヒロインになれるかもしれないゲイムギョウ界総選挙”5票分の応募券も付属しているので、『ネプテューヌ』ファンはぜひチェックしてほしい。

 なお、『電撃PlayStation』はkindleやBook☆Walkerをはじめとする電子書籍ストアでも購入できるので、こちらもお試しあれ。

(C)2015 IDEA FACTORY / COMPILE HEART

データ

▼『電撃PlayStation Vol.578』
■プロデュース:アスキー・メディアワークス
■発行:株式会社KADOKAWA
■発売日:2014年11月13日
■定価:648円+税
 
■『電撃PlayStation Vol.578』の購入はこちら
Amazon.co.jp
イメージ
▼『新次元ゲイム ネプテューヌVII(ビクトリィーツー)』
■メーカー:コンパイルハート
■対応機種:PS4
■ジャンル:RPG
■発売日:2015年4月23日
■希望小売価格:6,980円+税

Amazon.co.jp で詳細を見る

関連記事

関連サイト

電撃PlayStation

最新号紹介

  • 電撃PlayStation Vol.618

    電撃PlayStation Vol.618表紙画像

    2016年7月14日発売
    特別定価:694円+税

    【表紙&スペシャル座談会&総力特集】
     PSO2 × FFXIV(コラボ記念 特別企画)
    【付録冊子16P】イースVIII
    【PS EXTRA】テイルズ オブ ベルセリア
    【電撃特報】限界凸旗 セブンパイレーツ
     SAO ホロウ・リアリゼーション
    【特別企画】バイオハザード7
     ペルソナ5 / 神獄塔 メアリスケルター
     フィリスのアトリエ / FFXI / マイクラ
    【データ付録】イースVIII
     ルフランの地下迷宮と魔女ノ旅団
     英雄伝説 空の軌跡 the 3rd Evolution
     PSO2 / DDON / チェンクロV

    >> 詳細はこちら