News

2014年11月19日(水)

『MHF-G』G6アップデートで登場するポボルバルムを狩猟! これまでにない生態を持つモンスターの特長や武具とは!?

文:る~ぱ

 カプコンがサービス中のオンラインハンティングアクション『モンスターハンター フロンティアG(MHF-G)』。11月19日の大型アップデート“G6”で追加される新モンスターの狩猟を体験したので、そのインプレッションをお届けします。

『モンスターハンター フロンティアG』

 オンラインを通じて全国のハンターたちとの狩猟が楽しめる『MHF-G』。定期的に実施されるアップデートにより、進化していく狩猟が本作の魅力の1つです。

 “G6アップデート”では、大型コンテンツ“天廊遠征録”と新モンスター、特異個体モンスターなどが追加されます。今回は、その中からポボルバルムについてレポートします。

■音を操り、自身を強化する新モンスター

『モンスターハンター フロンティアG』

 “G6アップデート”で追加されるのは、創音竜(そうおんりゅう)・ポボルバルム。アカムトルムやオディバトラスのような巨大な体躯を持ち、鈍重な動きが特長の1つ。ハンターが使う狩猟笛を連想させるこのモンスターは、口や尻尾、ヒレが音を鳴らす器官となっており、この音を利用して自身を強化してきます。

『モンスターハンター フロンティアG』 『モンスターハンター フロンティアG』

 音による強化は各器官を部位破壊することで封じることが可能なので、積極的に部位破壊を狙っていきたいところ。ただし、ポボルバルムは破壊した部位を再生してしまうので注意しましょう。なお、音の強化は近くにいるハンターにも効果があるので、あえて部位破壊をしないという戦略も有効。このあたりの駆け引きがおもしろいモンスターとなっています。

『モンスターハンター フロンティアG』 『モンスターハンター フロンティアG』

 攻撃アクションは体躯を生かした体当たりや尻尾なぎ払いの他に、音による衝撃波を使ってきます。特に衝撃波は攻撃頻度が高く、範囲も広いやっかいな行動。さらに、この衝撃には“音やられ”という新しい状態異常が付与されており、攻撃を受けると“踊る”や“笑う”といったアクションが強制的に発動して一定時間身動きが取れなくなってしまいます。反面、突進など移動をともなうアクションの頻度は低いので、余りストレスを感じずに狩猟が楽しめそうです。

■新モンスターの素材から作れる武具を紹介

 ポボルバルムの素材からは各武器種やポボルムシリーズが作成可能です。ガンランスは管楽器、弓は太鼓がモチーフにデザインされており、各所に施された金色の装飾が目を引きます。防具であるポボルムシリーズは新スキル“属性特効”が発動。このスキルは“弱点特効”の属性版のような効果で、例えば、頭部を火属性が弱点とするモンスターに攻撃を当てると、より大きなダメージを与えることが可能になります。 

『モンスターハンター フロンティアG』 『モンスターハンター フロンティアG』
▲大剣“バレナルッシェ”
『モンスターハンター フロンティアG』 『モンスターハンター フロンティアG』
▲双剣“バレナフェール”
『モンスターハンター フロンティアG』 『モンスターハンター フロンティアG』
▲ガンランス“バレナレイド”
『モンスターハンター フロンティアG』 『モンスターハンター フロンティアG』
▲狩猟笛“バレナストル”
『モンスターハンター フロンティアG』 『モンスターハンター フロンティアG』
▲弓“バレナロヴェ”
『モンスターハンター フロンティアG』 『モンスターハンター フロンティアG』
▲ポボルムシリーズ(剣士)▲ポボルムシリーズ(ガンナー)
『モンスターハンター フロンティアG』 『モンスターハンター フロンティアG』
▲創音奏GXシリーズ(剣士)▲音紡奏GXシリーズ(ガンナー)

 “G6アップデート”では、今回紹介したポボルバルムの他に、特異個体やG級対応などモンスターも多数登場。新コンテンツ“天廊遠征録”やパートニャーの調整、既存コンテンツのリファインと内容も盛りだくさんなので、今後の情報も要チェックですよ!

(C)CAPCOM CO., LTD. 2007, 2014 ALL RIGHTS RESERVED.

データ

▼『モンスターハンター フロンティアG6 プレミアムパッケージ』
■メーカー:カプコン
■対応機種:PS3
■ジャンル:アクション
■発売日:2014年11月19日
■希望小売価格:5,800円+税

Amazon.co.jp で詳細を見る

▼『モンスターハンター フロンティアG6 プレミアムパッケージ』
■メーカー:カプコン
■対応機種:PS Vita
■ジャンル:アクション
■発売日:2014年11月19日
■希望小売価格:5,800円+税

Amazon.co.jp で詳細を見る

▼『モンスターハンター フロンティアG6 プレミアムパッケージ』
■メーカー:カプコン
■対応機種:Wii U
■ジャンル:アクション
■発売日:2014年11月19日
■希望小売価格:5,800円+税

Amazon.co.jp で詳細を見る

▼『モンスターハンター フロンティアG6 プレミアムパッケージ』
■メーカー:カプコン
■対応機種:Xbox 360
■ジャンル:アクション
■発売日:2014年11月19日
■希望小売価格:5,800円+税

Amazon.co.jp で詳細を見る

関連サイト

関連記事

注目記事

アイコン別記事一覧

※クリックすると、ソートされた記事一覧に移動します。

ゲーム実況エクストリーム
再生数ランキング(04/17~04/23)

  1. 1

    【MHW】壊れ性能の新防具と鑑定武器の強さと仕様「マム・タロト」は最高の神アップデート【モンハンワールド】

  2. 2

    【MHW】新モンスター「マム・タロト」は期間限定クエストだった!有利に戦える方法や環境利用、肉質や弱点属性など【モンハンワールド】

  3. 3

    【MHW】落石利用で「マム・タロト」を達成度MAXで攻略、調査前と調査後の比較【モンハンワールド】

  4. 4

    【MHW】歴戦個体に閃光弾が一部無効に!?ツタの葉の増殖や調査クエストのソートが可能に「第二弾大型アップデート」に伴う仕様変更【モンハンワールド】

  5. 5

    【MHW】驚愕!アップデートで有料ダウンロードコンテンツがサイレント修正「乱れ桜は春爛漫」の詳細【モンハンワールド】

  6. 6

    【MHW】アステラ祭No.1の神クエスト!HR、痕跡、装飾品、竜玉、紅玉、宝玉が同時に収集できる「丘の上の雪見桜」【モンハンワールド】

  7. 7

    【MHW】大幅下方修正!最強のコンテスト大剣「竜熱機関式【鋼翼】改」がサイレント調整、影響は少なそう?【モンハンワールド】

  8. 8

    【MHW】新要素16人で討伐!新モンスター「爛輝龍 マム・タロト」の実機プレイはカプコンTVで【モンハンワールド】

  9. 9

    【MHW】マルチ!最強の鑑定武器狙いで「マム・タロト」をしばくモンスターハンターワールドなのである【モンハンワールド】

  10. 10

    【MHW】発掘武器復活か?「鑑定武器」やマム・タロトの武器や防具、重ね着が生産可能に【モンハンワールド】