News

2014年11月16日(日)

東方新作『弾幕アマノジャク ゴールドラッシュ』や『Oculus Rift』対応のゲームで大盛況の“デジゲー博2014”

文:ゴロー

 本日11月16日、都内の秋葉原UDX2階 アキバスクエアで“デジゲー博2014”が開催された。

“デジゲー博2014”
“デジゲー博2014”
▲デジゲー博は、同人ゲームやインディーゲームの展示・頒布が行われるイベント。今回はその第2回目にあたる。

 今年のデジゲー博は、『Oculus Rift』を使用したVRコンテンツが目立っていた。特に目を引いたのは、同人ゲームサークル“Hydrangea”による、ドラゴンに乗って飛行しながら銃でボールを壊していくゲーム。プロトタイプ版だが、あたかもドラゴンとともに大空を飛んでいるような爽快感が味わえる。

“デジゲー博2014”
▲ロデオマシンに乗りながらの、少し変わったゲームプレイ。こちらは1回100円で体験できる。
“デジゲー博2014”
▲割り箸袋を『Leap Motion』がトラッキングし、画面内の手の位置に銃を出現させているという。

 『Oculus Rift』を使用したVRコンテンツは、その他にもシューティングゲームや対戦アクションといった以外に、ルンバに乗る猫の気分になれるもの、駆逐艦に搭乗して各艦艇を観閲できるものなどユニークな作品があった。

“デジゲー博2014”
▲駆逐艦 雪風に乗って大海原を航海。近くを通り過ぎる大和や赤城を観閲できる。
“デジゲー博2014”
▲ルンバに乗った猫の気分を味わえる『ねこのるんば』。
“デジゲー博2014”
▲ロボットに搭乗して戦うアクションゲーム。こちらは4人オンライン対戦が可能になっている。
“デジゲー博2014” “デジゲー博2014”

 また、イベント中はサークル合同企画として“同人シューティングゲームキャラバン in デジゲー博2014”が実施されていた。これは一部出展者のブースを利用したスタンプラリー&スコアアタック企画。指定のSTGをプレイし、7つ以上のスタンプを集めることでオリジナルグッズがプレゼントされ、総合スコアランキングの上位3名には表彰&豪華景品が進呈される。

 対象の同人STGの中でも大きな注目を集めていたのが、ZUN氏の東方新作『弾幕アマノジャク ゴールドラッシュ』だ。10番目の反則アイテムを手にした天邪鬼が反則的に弾幕を破壊するゲームで、難易度は低めに作られているという。

“デジゲー博2014”
“デジゲー博2014” “デジゲー博2014”
▲『東方Project』の神主ことZUN氏。▲デジゲー博限定のお披露目となるため、常に人だかりが。
“デジゲー博2014” “デジゲー博2014”
▲“同人シューティングゲームキャラバン in デジゲー博2014”の対象である他のSTGも賑わっていた。

(C)デジゲー博準備会

関連記事

関連サイト

注目記事

アイコン別記事一覧

※クリックすると、ソートされた記事一覧に移動します。