News

2014年12月25日(木)

魔力のよる学園バトルが展開される『十三矛盾の魔技使い』。13人の視点で物語が語られる【電撃文庫新作紹介】

文:電撃オンライン

 十階堂一系先生が執筆する、電撃文庫『十三矛盾の魔技使い(ソルヴァナイト)』の紹介記事をお届けします。

『十三矛盾の魔技使い』

■余計な言葉は要らない――
 魔と魔が激突するバトルロイヤル・マギ・アクション!

“魔技”――それは世界を変える技術。

 その最先端を走る学園の首席称号“ソルヴァナイト”こそは、魔技の世界のトップ層であることを、最上の魔技使いであることを、何より雄弁に証明する。しかし、本年の学年最優秀生徒たる順位を得た生徒が――十三人も!?

 さあ、たった一人だけが勝ちぬけられる泥試合が始まる。十三の矛盾が激突する、生き残り競争が始まる。才能が集う驚異の世代“上澄みの集中”。その真のトップを巡って、天才たちの天災的な大乱闘が、今始まる――!

『十三矛盾の魔技使い』

【物語のここに注目!】

■最強の魔技使い“ソルヴァナイト”の栄光は誰の手に?
 13人の少年少女が魔銃を手にバトルロワイヤルに挑む!!

 魔力による学園バトルが読みたいという読者に、オススメの新作ノベルがこちら! 舞台となるのは、魔技(マギ)と呼ばれる奇跡の能力を習得する日本屈指の超エリート校――ソルヴァ三道魔技学園。この学園では学期末テストの最優秀者を“ソルヴァナイト”として称え、数々の特権を与えています。ところが、今年の1学年は“上澄みの集中”と呼ばれるほど天才達が集っており、満点を出した生徒が13人も……。

 そこで校長が取った行動は、13人の生徒を直接戦わせ、真のソルヴァナイトを1人選出しようというもの。13人は特殊な屋外グラウンドを戦場に、マジックガン(魔銃)とお得意の魔技を1つだけ使ったバトルロワイヤルに挑みます。

 友達同士、ライバル関係、恋愛感情、上昇志向……。さまざまな人間関係と思惑が絡む中、誰がどのような方法で最後の1人まで生き残るのか。華麗な魔技と頭脳バトルに注目です!!

 また、本作は13人の視点で描かれたモノローグで物語が進んでいくのもポイント。登場人物たちがバトルに挑む心境がストレートに伝わってくる構成になっています。お気に入りのキャラクターを応援しながら読むのもオススメです!

【登場人物のここに注目!】

■最終バトルに選ばれた6人の女子生徒たちをチェック!!
 魔技を使えば体格で勝る男子生徒に勝つことも可能――?

 13人の登場人物の行動が影響し合い、バトルが進んでいく本作。生徒たちの性格がそのまま魔技のチョイスにも反映されており、真のトップを選ぶバトルロワイヤルを盛り上げてくれます。限定された空間の中に多くの学生たちが押し込められ、総当たり戦が避けられない状況下。よく知った同級生13人だからこそのアクシデントもあり。

 電撃文庫ファンとしては、男子生徒に交じって戦う女子生徒6人の活躍にも注目!! 奥ゆかしい大和撫子の雪流奈々(ゆきながれなな)、巨乳すぎて男子の視線を集める八切なつめ(やつぎり)、茶髪ギャル系のツンデレ少女・沢里十二衣(さわりかさね)、好きな人は束縛したい系の西間天狐(にしまてんこ)、寡黙なクールビューティーの給黎敬人(きゅうれいけいと)、内気でオドオドしている小動物系の小牧柚(こまきゆう)……。

 この豊かすぎる個性!! 戦いの結末とは別に、女の子同士の交流も気になります! 口絵にある下着をまとった6人のピンナップポスターをチェックして顔を覚えてね♪

(C)十階堂一系/KADOKAWA CORPORATION 2014
イラスト:雛咲

データ

▼『十三矛盾の魔技使い(ソルヴァナイト)』
■著:十階堂一系、イラスト:雛咲
■プロデュース:アスキー・メディアワークス
■発行:KADOKAWA
■発売日:2014年11月8日
■価格:本体630円+税
 
■『十三矛盾の魔技使い(ソルヴァナイト)』の購入はこちら
Amazon.co.jp

関連サイト

注目記事

アイコン別記事一覧

※クリックすると、ソートされた記事一覧に移動します。