News

2014年12月19日(金)

ニコニコ“闘会議2015”の概要が発表。MSSPの実況やウメハラさん参加の大会など内容盛りだくさん!

文:皐月誠

 12月18日、東京都・六本木のニコファーレにて“闘会議2015”の発表会が開催された。

 “闘会議2015”は、ドワンゴおよびニワンゴの主催によるユーザー参加型のゲームイベント。ゲーム実況とゲーム大会を中心として、さまざまな“ゲーム”に関する催しが行われる。会期は2015年1月31日・2月1日の2日間、会場は千葉県・幕張メッセ。

 チケットは12月18日より、イープラスやローソンチケット、チケットぴあにて販売されている。詳細については、“闘会議2015”公式サイトを参照のこと。

“闘会議2015”

■協賛社の紹介

 今回の発表において、新たにサイバーエージェントの追加協賛が発表された。これにより、協賛会社は計10社となる。また、各社の出展タイトルも発表された。

●任天堂

 『大乱闘スマッシュブラザーズ for Wii U』
 『Splatoon(スプラトゥーン)』
 『マリオカート8』
 他

●ガンホー

 『パズル&ドラゴンズ』
 『ケリ姫スイーツ』
 『ディバインゲート』
 『サモンズボード』
 他

●コロプラ

 『クイズRPG 魔法使いと黒猫のウィズ』
 『白猫プロジェクト』
 他

●mixi

 『モンスターストライク』

●LINE

 『LINE: ディズニー ツムツム』
 『LINEレンジャー』
 『LINEステージ』
 『LINEゲットリッチ』

●サイバーエージェント

 『ガールフレンド(仮)』
 『ウチの姫さまがいちばんカワイイ』
 『戦国炎舞 -KIZNA-』
 他

●スクウェア・エニックス

 『コール オブ デューティ アドバンスド・ウォーフェア』
 『ダイブキック アディション エディション』
 『ブレイブリーセカンド』
 『ドラゴンクエストX オンライン』
 『ドラゴンクエストモンスターズ スーパーライト』
 『ファイナルファンタジーエクスプローラーズ』
 『ファイナルファンタジーXIV: 新生エオルゼア』
 『ララ・クロフト アンド テンプル オブ オシリス』
 他

●セガ

 『世界樹と不思議のダンジョン』(アトラス)
 『maimai ORANGE』
 『ぷよぷよ!!クエスト』
 『チェインクロニクル~絆の新大陸~』
 『ファンタシースターオンライン2』
 『ファンタシースターノヴァ』

●バンダイナムコゲームス

 『ゴッドイーター2 レイジバースト』
 『太鼓の達人』
 他

●PlayStation(SCE)

 『Bloodborne』
 『The Order: 1886』
 その他、PlayStation歴代名作タイトルの体験コーナー

■ゲーム大会ステージ

 3タイトルを種目として、ゲーム大会が開催される。

●『大乱闘スマッシュブラザーズ for Wii U』

【日付】2015年1月31日
【受付】当日10:00より大会ステージブース内にて開始
【ルール】2on2 チームバトル
【参加人数】512人(最大)

“闘会議2015”

 トーナメント制で、ルールは2on2のチーム戦。なお、amiiboに登録したCPU操作キャラクターを伴っての1人による参加も可能だ。腕前はもちろんながら、amiiboをどれほど育てられるかも勝敗を左右するだろう。

 参加受付は、当日10:00より大会ステージの設置されるブース内にて行われる。参加可能な人数は、256チーム/最大512名。

 優勝者には、2人で参加した場合は“闘会議2015”オリジナルのきせかえプレート付き『Newニンテンドー3DS』2台が、1人で参加した場合は同様の『Newニンテンドー3DS』1台&“闘会議2015”オリジナルのAmiibo用ケースが贈られる。

●『コール オブ デューティ アドバンスド・ウォーフェア』

 FPSの代名詞と言える『コール オブ デューティ』。その最新作『アドバンスド・ウォーフェア』の大規模大会が開催される。なお、大会に使用されるプラットフォームはPS4のみ。

 抽選で予選参加者が選ばれ、オンラインの予選を勝ち抜いた者が当日の決勝大会に進出できる。参加者の募集は12月18日より“闘会議2015”公式サイトにて開始されている。その他の詳細なレギュレーションについても、上記リンク先より参照してほしい。

●『ウルトラストリートファイターIV』

 TOPANGAによる、特別マッチ大会。ときどさん、ウメハラさん、マゴさん、ももちさん、ボンちゃんさんといった格闘ゲームのトッププレイヤーが出演し、激戦を繰り広げる。なお、出演者は追加も検討しているとのこと。

■ゲーム実況ステージ

 ニコニコでゲームと言えば実況プレイ。“闘会議2015”では8つの実況ステージが用意されるが、今回はその中から3つが公開された。

●『マインクラフト』

 11月末ごろに最新バージョン“1.8.1”がリリースされた『マインクラフト』。“ニコニコ闘会議”のステージで用いられるワールドは、12月28日に配信予定の24時間生放送において制作するとのこと。このステージに出演するのは、ぬどんさん、大将さん、えふやんさん、茸さん。

●『マリオカート』シリーズ

 『スーパーマリオカート』、『マリオカート64』、『マリオカート8』といったシリーズ選りすぐりの歴代『マリオカート』実況が行われる。こちらの参加者は、P-Pさん、牛沢さん、テラゾーさん、キヨさん。

●自作ゲーム実況

 自作ゲーム(インディゲーム)を実況するステージ。こちらの参加者は、くわさん、コジマ店員さん、ぞのさん、セピアさん。ここでプレイされるゲームは、12月18日より開催されている“ニコニコ自作ゲームフェス5”への投稿作より選出される。

 以上の他、ステージ企画はさまざまなものを検討中とのこと。

■ゲーム実況ストリート

 “ゲーム実況ストリート”は、来場者によるオフ会を楽しむためのコーナー。いくつかのブースが用意され、それぞれで名人による組手やリレー企画が行われるなど、観覧・参加ともに楽しめるエリアになるとのこと。ここに出店されるタイトルは以下の通り。

●“ゲーム実況ストリート”出展タイトル

 自作ゲーム(“ニコニコ自作ゲームフェス5”投稿作品より)
 『不思議のダンジョン2 風来のシレン』
 『スーパーマリオ 3Dワールド』
 『ギルティギア イグザード サイン』
 『ドラゴンクエストX』
 『スーパーマリオ64』
 『マインクラフト』
 『ファイナルファンタジーXIV: 新生エオルゼア』
 他

■レトロゲームエリア

●ゲーム年表&レトロゲーム展示・試遊

 壁一面のゲーム年表や、時代を代表するゲーム機やゲームソフトの展示が行われる。さらに、来場者の個人的な思い出も記入可能だ。

●今日からキミもドット絵デザイナー

 アイロンビーズを使用して、レトロゲームのドット絵キャラクターを作るコーナー。作った作品は、そのまま持ち帰れる。参加は無料。

●裏ワザ研究会

 『スーパーマリオブラザーズ』の“無限1up”に代表される裏ワザを体験できるコーナー。ここで裏ワザを体験すると、何らかの企画につながっていくらしい。

“闘会議2015”

●まるなげひろば

 企画・準備・運営をユーザーに丸投げするエリア。なお、募集受付は終了済み。

■自作ゲームエリア

 自作ゲームに特化したコーナーが設けられる。ここには自作ゲームの歴史を紹介する巨大年表や、試遊台が設置されるとのこと。

●“自作ゲームエリア”出展タイトル
 『ドアドア』PC-8801版
 『東方』シリーズ旧作 PC-98
 “ニコニコ自作ゲームフェス”応募作品
 他

●自作ゲーム相談窓口

 インディ開発者を支援する企画。プロのゲーム開発者が、自作ゲームの持ち込みや相談などを引き受ける。

■アーケードエリア

 アーケード向けの対戦格闘ゲームによる大会。実況者として出演するのは、郡正夫さん、闇マさん、セクシー斉藤さん。参加者の募集は、12月18日より“ニコニコ闘会議2015”公式サイトにて受け付けられている。種目は以下の5タイトル。

●アーケードエリア大会種目タイトル
 『電撃文庫 FIGHTING CLIMAX(Ver.1.30)』
 『DEAD OR ALIVE 5 Ultimate: Arcade』
 『アルカナハート3 LOVEMAX SIXSTARS!!!!!!』
 『ブレイブルー クロノファンタズマ』
 『ブレードアークス from シャイニング』
 他

 なお『電撃文庫 FIGHTING CLIMAX』、『DEAD OR ALIVE 5 Ultimate: Arcade』、『ブレードアークス from シャイニング』の3タイトルについては、優勝者に“D-1 ULTIMATE CLIMAX BLADE”全国大会決勝・優勝決定戦へのシード権が与えられる。

●わっしょい!闘会議Edition

 “トッププレイヤーのゲームプレイを見て楽しむ”というイベント“わっしょい”が行われる。今回の種目は、『テトリス ザ・グランドマスター』、『クリムゾンクローバー』になるとのこと。

■リアルゲームエリア

●リアルRPG

 会場全体を舞台に、TRPGを100人規模で遊んでみようという企画。使用されるタイトルは、『ログ・ホライズン』と『クトゥルフ神話TRPG』の2作。いずれも会場の随所に謎や敵が存在しており、プレイヤーたちは実際に歩きまわって探索や戦闘を行っていくことになる。

●スプラトゥーン

 そして、任天堂の注目タイトル『スプラトゥーン』もリアルで再現することが決定。現在は、“水鉄砲でインクを飛ばして勝負する”というスタイルをどこまで再現するかについて検証しているらしい。なおWii U 用『スプラトゥーン』の試遊台も、4vs4台を2セット設置する予定とのこと。

“闘会議2015”

■アナログゲームエリア

 いわゆる非電源系ゲームを集めたコーナー。テーブルは、すぐに遊べる簡単な“初級”、騙し合いが重要になってくる“中級”、1時間ほどにわたってじっくりと対戦する“上級”の3種類に大きく分かれている。

●ゲームスペース

 『人狼』や『キャプテン・リノ』などを等身大サイズでプレイできるコーナー。普通は卓上でプレイするこれらのゲームだが、ここでは全身を使って楽しめる。

●花札大会

 任天堂公認の花札大会。来場者なら誰でも参加可能で、ルールは“こいこい”が用いられる。

■コスプレエリア

 “ニコニコ闘会議”は、コスプレクロークやコスプレイヤーが遊べるエリアを完備するとのこと。さらに、“お題”に沿ったコスプレイヤーが集まって記念撮影を行う“ニコニココスプレギャザリング”の場も用意される。

■勲章企画

 闘会議でゲームを遊んだ“遊者”には、体験ごとに“勲章”が贈られる。勲章にはさまざまな種類があり、これは何らかの企画に関わってくる模様だ。

■出演者一覧(敬称略)

 郡正夫(アーケードエリア実況)
 闇マ(アーケードエリア実況)
 セクシー斉藤(アーケードエリア実況)
 マックスむらい
 FB777(M.S.S Project)
 KIKKUN-MK-II(M.S.S Project)
 あろまほっと(M.S.S Project)
 eoheoh(M.S.S Project)
 P-P
 牛沢
 テラゾー
 キヨ
 くわさん
 コジマ店員
 スナザメ
 セピア
 ぞの
 大将
 茸
 えふやん
 ドグマ風見
 内藤さん
 ぬどん
 猫マグロ
 原田ダダスケ
 百花繚乱
 レトルト
 他(計、約100名)


 続報については、2015年1月15日に行われる“ニコニコ超会議”と“ニコニコ闘会議”の合同発表会にて告知されるという。その他、年末の14時間生放送や“立っているだけで100万円”企画の実施、元日には本社にて各種ゲームアプリで使えるアイテムコードをお年玉として配布するなど、年末年始も多彩な企画が用意されているので、今後の動向にも注目してほしい。

“闘会議2015”

■“闘会議2015”開催概要
【主催】niconico
【会場】幕張メッセ国際展示場4~7ホール
【開催期間】2015年1月31日10:00~18:00
【開催期間】2015年2月1日10:00~17:00
【入場券】
・一般入場券
 前売券:1,000円 当日券:1,500円 2日通し券:1,500円
・優先入場券(数量限定チケット)
 1日指定券:1,200円 2日通し券:1,700円

(C)niwango, inc. All rights reserved.

関連記事

関連サイト

注目記事

アイコン別記事一覧

※クリックすると、ソートされた記事一覧に移動します。