News

2014年12月24日(水)

『絶体絶命都市』の版権をグランゼーラが取得しシリーズ再始動。『4』の情報は2015年秋に公開

文:キャナ☆メン

 グランゼーラは、アイレムソフトウェアエンジニアリングが保有していた『絶体絶命都市』の新規作品を含むシリーズタイトルに関する全世界での販売権・知的財産権を取得した。これにより、以下の発表が行われた。

『絶体絶命都市』

■これまでのシリーズタイトルの販売再開

 現在、下記の旧作タイトルのダウンロード配信について、準備・検証を進めているという。

・絶体絶命都市(PS2:ゲームアーカイブス)
・絶体絶命都市2 -凍てついた記憶たち-(PS2:ゲームアーカイブス)
・絶体絶命都市3 -壊れゆく街と彼女の歌-(PSPダウンロード版)

『絶体絶命都市』
▲『絶体絶命都市』のゲーム画面。

 配信可能であることが明確になり次第、配信開始日などの情報を同社Webサイトなどで公開するとのこと。

■新作および関連タイトルの展開予定

 『絶体絶命都市』シリーズの新作および関連タイトルに関しては、発表できる段階になり次第、情報を明らかにするとしている。なお、2011年3月14日に発売中止となった『絶体絶命都市4 -Summer Memories-』に関する情報公開は、2015年秋ごろを予定しているとのこと。

(C)Granzella Inc. All rights reserved.

関連記事

関連サイト

注目記事

アイコン別記事一覧

※クリックすると、ソートされた記事一覧に移動します。