News

2014年12月28日(日)

『ニトロプラス ブラスターズ』で男キャラはどうなる? 未発表キャラやシステムに迫る開発者インタビュー

文:ごえモン

 エクサム/ニトロプラスのタッグが贈る対戦格闘ゲーム『ニトロプラス ブラスターズ -ヒロインズ インフィニット デュエル-』のロケテストが本日12月28日に行われました。

『ニトロプラス ブラスターズ -ヒロインズ インフィニット デュエル-』

 本作は、2008年に10周年プロジェクトとして発表された『ニトロプラス格闘ゲーム(仮)』を再構築したタイトル。『Phantom』や『吸血殲鬼ヴェドゴニア』、『装甲悪鬼村正』など複数のニトロプラス作品からヒロインが参戦し、激しいバトルを繰り広げます。

 そんな本作のロケテストが行われる中、エクサムの林和磨ディレクターにお話を伺うことができました。残りのプレイアブルキャラクターやシステム、オススメキャラなどについて聞いていますので、明日29日のロケテに参加しようと思っている人や稼働を楽しみにしている人は、ぜひご確認ください。

【関連記事】格闘ゲーム『ニトロプラス ブラスターズ』最速レビュー! ロケテで使える全キャラを触った感想は?

■プレイアブルキャラはあと5人増える予定

『ニトロプラス ブラスターズ -ヒロインズ インフィニット デュエル-』
▲林和磨ディレクター

――まずはエクサムさんとニトロプラスさんで、どの部分の開発をご担当されているのか教えてください。

 基本的にはすべてエクサムで開発しています。ニトロプラスさんにはキャラの動きやセリフ、BGMとして使っている作品ごとのイメージ曲のアレンジバージョンを監修していただいています。

――ロケテバージョンではプレイアブルキャラ5人とパートナーキャラ10人を使用できましたが、まだまだ増えるのでしょうか?

 今回のロケテでは、キャラセレクト画面にプレイアブルキャラは10枠、パートナーキャラは16枠ありましたから(笑)、今後まだまだ増える予定です。

――枠があった分は増えて、さらにそれ以上に増える可能性もあるのでしょうか?

 11キャラ以上になる可能性はなくはないですが、今後の開発状況次第ですね。本作はパートナーを2人選択できるので、なるべくたくさんのキャラを入れたいと思っています。

――本作には『ヒロインズ インフィニット デュエル』とサブタイトルがついていますので難しいとは思いますが、個人的にはニトロプラスといえば男キャラだと考えています。『ニトロ+ロワイヤル -ヒロインズデュエル-』には『鬼哭街』の主人公である孔濤羅も登場しましたが、今後、男性キャラが追加される可能性はあるのでしょうか?

 確かにニトロプラスさんの男キャラは人気があるのですが、そこは『ヒロインズ インフィニット デュエル』なので、今のところ男性キャラを入れるのはどうかなと思っています(笑)。もともとの『ニトロワ』もヒロインメインの対戦格闘だったこともあるので、その流れを汲んでいる形ですね。

――なるほど。あと5人、どの女性キャラが選ばれるのか楽しみしております。さて実際にプレイして感じたのですが、かなりゲームスピードが速い印象がありました。

 そうですね。動かしていて気持ちよく、爽快にレスポンスよく遊んでもらいたいと意識して開発しています。『アルカナハート』とはまた違った速さになっていますが、慣れれば特に速いということもないと考えています。

――パートナーキャラが相手の攻撃で消えず、出してしまえば必ず発動するという攻撃的な仕様になっていますが、これも爽快さを意識されているからなのでしょうか。

 初心者向けというと変ですが、遊びやすさ、押しやすさを意識した結果です。『アクアパッツァ』はパートナーを攻撃すると消える仕様でしたが、慣れていない方だと呼ぶタイミングが難しいんですよね。呼んだのはいいけど、すぐに攻撃されて何も出ないまま終わってしまうこともあります。本作の場合は、パートナーは呼べば必ず結果につながりますので、気軽に出していただければと思います。

『ニトロプラス ブラスターズ -ヒロインズ インフィニット デュエル-』

 また、『アクアパッツァ』のパートナー攻撃は必殺技くらいのイメージでしたが、本作では超必殺技レベルの強さをパートナーに持たせています。使える回数がキャラによって少ないこともありますが、その分強力です。

 ガード時にDボタンを押すと発動できる“バニシングガード”もそうなのですが、発動にゲージを消費しませんし、ブロッキングのようにタイミングよく押す必要もなく、押しっぱなしにしていれば相手の攻撃を相殺できます。とにかく、パートナーの呼びやすさとバニシングガードの押しやすさは意識して作っています。

 パートナーを呼んだ時に自分の行動がキャンセルされ、そのまますぐに次の行動に移れるところもそういった意図とあわせています。

――パートナーを呼んだ瞬間に自分の行動をキャンセルできるのは、連続技の発展につながって、上級者の方たちにとって研究がいがありそうですね。

 そうですね。パートナーもそうですし、A+B+Cボタンで発動できる“インフィニットブラスト”も、攻撃中に出せば行動をキャンセルできます。ちなみにDボタンのエスケープアクションは通常動作に対して全部キャンセルがかけられるのですが、インフィニットブラスト中は必殺技にもキャンセルがかけられようになります。

 コンボを伸ばせる要素がいろいろと入っているので、マニアックな人たちはそのあたりをうまく利用していただければと。通常時は割と補正がきいているので、『アルカナハート』と比べるとそんなにコンボがつながらないと思います。ですがパートナーとインフィニットブラストをうまく使っていけば、相当伸びるので、やり込み要素として探してもらいたいですね。パートナーは2人選べるので、コンボ研究としては結構おもしろいと思います。

『ニトロプラス ブラスターズ -ヒロインズ インフィニット デュエル-』

――ラウンド開始時にはパートナーゲージが0だったところは意外でした。

 最初からガンガンパートナーを出していくよりは、途中からだんだんと盛り上がっていくほうがいいという意図がありました。細かいところを言うと、今の段階でのバージョンではありますが、開始時にパートナーを使えるようになるまでの時間と、一回使った後に再度使えるようになるまでの時間が違います。最終的にはどうなるかはわかりませんが、すぐに使えるようになるキャラと、しばらく経った後にそこそこの回数使えるキャラがいますので、それぞれのパートナーの特徴としてとらえてもらえればと思います。

■3ゲージを消費するまだ見ぬ必殺技も!

――必殺技ゲージ(パワーゲージ)はたまりやすい印象です。

 調整中なのでどうなるかはわかりませんが、現状では攻められているほうがたまりやすく、また、バニシングガードで相殺するとたまりやすいです。インフィニットブラストを発動すると自動的にゲージが増えるようになるので、うまく活用すればMAXの3ゲージまでたまります。

 ロケテ版では実装していないのですが、ゲージがMAXの時にだけ発動できるすごい必殺技があります。実装されたら、使ってもらうとおもしろいと思います。

『ニトロプラス ブラスターズ -ヒロインズ インフィニット デュエル-』

――さらなる必殺技があるんですね! それは楽しみです。そんなパワーゲージは1ラウンドごとにリセットされますが、どのような意図があるのでしょう。

 次のラウンドにゲージを持ちこさないのは、エクサムのゲームとしては初めてなんです。パワーゲージもインフィニットブラストも、パートナーゲージもリセットされますので、ため続けても損なんです。

 最近のゲームはゲージの管理が面倒臭いという話もあると思いますので、1ラウンドの中で使い切っていただいて、全力勝負をしていただければと思います。その代わり展開が速くなりますので、よく見ていないといけません。

 ゲージを増やすために、いきなりインフィニットブラストを発動させてしまうことも手ですね。コンボ向けに発動した場合は効果時間が短くなりますので、人によっては損だと感じるかもしれません。攻め攻めで攻めている側は、コンボで押し込めば勝てるという状況であれば、キャンセルに使ってもいいですから、そこはプレイの幅が広がるところかなと思います。

――Eボタン長押しで横にふっ飛ばすヘビィアクションが出せますが、こちらの使いどころは?

 ヘビィアクションの長押し攻撃はガードを崩すことが可能ですが、バニシングガードで相殺できますので、攻防の駆け引きを握っているところですね。例えば沙耶だと打ち上げられるので、必ずしも横ではありません。コンボと崩しとして使っていただければと思います。しかし、ためるまでに時間がかかるので、どのくらい崩しに使えるのかというところは考えていかなければいけないのですが。

――オリジナルのコンボを繰り出せるヴァリアブルラッシュについてはいかがでしょう?

 ヴァリアブルラッシュは、ボタン同時押しで発動できるのですが、キャラの向きも関係ないですし、割と出始めの無敵時間が長いので、暴れとしても使えると思います。ボタンを好きなように押してもらうだけで乱舞の超必みたいになり、結構ダメージを与えられるので、一発逆転も可能です。格闘ゲームに慣れていない人は、最初にこれを使っていただくだけで楽しいと思います。

 また、A・B・Cボタンの各ボタンの連打でそれぞれ違うコンボになります。Bボタンを連打すれば最後に打ち上げになり、そこで自動で飛び上がるのでそのままエリアルに入れます。実はA→A→A、B→B→B、C→C→Cだけではなくて、A→B→Cと押すと違うコンボになりますので、組み合わせを探っていただいてもおもしろいと思います。相手がガードしていても発動しますので、相手をゆさぶることも可能です。

■開発者イチオシのパートナーキャラの使い方は?

――林さんのイチオシキャラは誰になりますか。

 開発の途中なのでなんとも言えませんが、モーラはクセがないので扱いやすいと思います。その代わり飛び道具がないので、そこだけはアインなどと比べると使いづらいかもしれませんね。そのアインもスピードはあるのですが、体力が少ないという個性があります。

『ニトロプラス ブラスターズ -ヒロインズ インフィニット デュエル-』
▲モーラ
『ニトロプラス ブラスターズ -ヒロインズ インフィニット デュエル-』
▲アイン

――パートナーだと誰になるでしょう。

 アナザーブラッドなどの与ダメージが高いキャラは呼べる回数が少ないので、慣れないうちは回転のいいキャラと悪いキャラの2人を選ぶといいかもしれませんね。例えば、何回も呼べる愛原奈都美や石馬戒厳と、呼べる回数が少ないアナザーブラッドやドラゴンなどですね。

 アナザーブラッドなどはここ一番のコンボの最後で呼んで一気に体力を奪い、回転のいいキャラは立ち回りに使うのがオススメかもしれません。戒厳は当たればひざ崩れのダウンを起こすので、そのままコンボにもっていけますし。

『ニトロプラス ブラスターズ -ヒロインズ インフィニット デュエル-』
▲アナザーブラッド
『ニトロプラス ブラスターズ -ヒロインズ インフィニット デュエル-』
▲ドラゴン
『ニトロプラス ブラスターズ -ヒロインズ インフィニット デュエル-』
▲愛原奈都美
『ニトロプラス ブラスターズ -ヒロインズ インフィニット デュエル-』
▲石馬戒厳

 沙耶は近寄られると厳しいところがあるので、沙紅羅の当身で返すといった使い方も考えられます。今のバージョンでは沙紅羅の当身が強いですが、まだまだ開発の中で変わっていくと思います。開発状況はまだ40%くらいなので、見栄えも含めて、どんどんバランスを調整していきます。なのでロケテに来てくれた人は、ぜひアンケートを書いてください。今後の開発の参考にさせていただきます。

『ニトロプラス ブラスターズ -ヒロインズ インフィニット デュエル-』
▲沙耶

――以前のバージョンではアルの飛び道具が非常に強かった印象がありました。

 そうですね(笑)。でもロケテバージョンでは少し調整されています。そのあたりも今後の調整内容だと思っています。

『ニトロプラス ブラスターズ -ヒロインズ インフィニット デュエル-』
『ニトロプラス ブラスターズ -ヒロインズ インフィニット デュエル-』
▲アル・アジフ

――最後に本作の稼働を楽しみにしている方にメッセージをお願いします。

 ロケテのバージョンはまだまだ開発中ではありますが、最近の格闘ゲームを触れられている方であれば、違和感なく遊べるゲームになっています。スピードが速いところもありますが、『アルカナハート』のように↓\→A+Bで超必殺技を出せますので、そんなに操作しづらいこともないはずです。パートナーはどんどん呼んでいただければお祭りゲーのような形で楽しめると思いますので、一度触っていただいて、まずはどんなゲームなのか見ていただけるとうれしいです。

(C)EXAMU Inc./Nitroplus

データ

▼『ニトロプラス ブラスターズ -ヒロインズ インフィニット デュエル-』
■メーカー:ニトロプラス/エクサム
■対応機種:AC
■ジャンル:2D対戦格闘
■稼働時期:2015年稼働予定

関連記事

関連サイト

注目記事

アイコン別記事一覧

※クリックすると、ソートされた記事一覧に移動します。