News

2015年1月9日(金)

『Razer Orbweaver 2014』が1月30日に発売。メカニカルスイッチを搭載した左手用キーパッドの最新版

文:チョロ松

 MSYは、あらゆる場面で活躍するフルプログラミング可能な30個のキーとオリジナルメカニカルグリーンスイッチを搭載した左手用キーパッド『Razer Orbweaver 2014』を2015年1月30日に発売する。価格は16,800円(税別)。

『Razer Orbweaver 2014』

 『Razer Orbweaver』は、ジャンルを問わずあらゆるゲーマーの手にピッタリとフィットし、機能的なゲームプレイをサポートしてきた左手用のキーパッド。そのリニューアルバージョンとなる『Razer Orbweaver 2014』は、6000万回の打鍵回数(前モデルよりも1,000万回アップ)に耐えるタフさを誇っている。さらに0.7mmから0.4mmに短縮されたリセットポイントなど、耐久性と高速性の両面でグレードアップしているのが特徴だ。

『Razer Orbweaver 2014』

■Razerメカニカルスイッチ
 ゲーム専用に最初から設計されたRazerメカニカルスイッチは、一連の作動とリセットポイントが最適化されているため、かつてないレベルの迅速なレスポンスを実感し、自分のゲーミング能力を向上できる。各キーは確実でなめらかな手応えになるように設計されているので、重要な状況下でもさらに迅速かつ高精度な対応が可能。

■フルプログラミング可能な30個のキーと8方向サムパッド
 フルプログラミング可能な30個のメカニカルキーにより、指先1つでさまざまなスキルやホットキー、マクロを実行できる。同じくプログラミング可能な 8方向サムパッドは、移動用パッドとしてはもちろん、必殺技のレパートリーを広げるモディファイアキーとしても使用可能。

■調整可能なハンドサイズ・サムレスト・パームレストモジュール
 調整可能なサムモジュールとリストレストモジュールを搭載した『Razer Orbweaver 2014』は、長時間におよぶゲーミングセッションでも快適にキーパッドを操作できるように、ユーザーの手に合わせたカスタマイズが可能。パーツを前後にスライドさせることで、親指、手のひら、手首のラインにぴったりとフィットし、しっかりと受け止める。手や手首にかかる疲労と負担を軽減し、人間工学的に最適なフォームを 保ったまま操作に集中する事ができる。

■Razer Synapse 2.0
 『Razer Synapse 2.0』 はRazer独自の設定ソフトウェアで、ボタンの割り当てや作成したマクロなど、それらすべての設定をクラウドへ自動保存できる。どこからでも即座にクラウドからユーザーの設定を読み込むことが可能。シームレスな体験を実現するために、マウスだけでなくその他のRazer周辺機器もサポートしている。

『Razer Orbweaver 2014』
『Razer Orbweaver 2014』
『Razer Orbweaver 2014』

■製品仕様
・押し込み圧50gのフルメカニカルキー
・Razer Synapse 対応
・編組ファイバーケーブル
・フルプログラミング可能な30個のキー
・プログラミング可能な8方向サムパッド
・快適性を高める調整可能なハンドサイズ・サムレスト・パームレスト
・8種類のキーマップを瞬時に切り替え可能
・文字数制限なしのマクロ機能
・制限なしのゲームプロファイルを保存可能
・暗い環境でも操作性に優れるバックライト付きキーパッド
・使いやすいRazer Configuratorソフトウェア
・サイズ:154mm(横幅)×202mm(縦幅)×55mm(高さ)
・重量:395g

■システム要件 ・USBポート付きのPC/Mac
・Windows 7/Windows Vista/Windows XP(32-bit)/Mac OS X(v10.7-10.9)
・インターネット接続
・最低200MBのハードディスク容量
・製品の全機能とソフトウェアのアップデートを有効にするには、『Razer Synapse』の登録(有効なemailアドレスが必須)、ソフトウェアのダウンロード、ライセンスへの同意、インターネット環境が必要になる。アクティベート後は、すべての機能がオプション選択によるオフラインモードでもご利用可能。

Copyright (C) 1999-2015 Razer USA Ltd. All rights reserved.

関連記事

関連サイト

注目記事

アイコン別記事一覧

※クリックすると、ソートされた記事一覧に移動します。