News

2015年2月3日(火)

シリコンスタジオがGDC 2015に出展! ミドルウェア『YEBIS 3』の導入事例としてバンナムの新作ゲームを展示

文:まり蔵

 シリコンスタジオは、3月2日~6日にかけて米国サンフランシスコで開催される“Game Developers Conference 2015(GDC 2015)”に出展することを明らかにした。

シリコンスタジオ

 シリコンスタジオのブース(ブース番号:316)では、昨年のGDC 2014でリアルタイムデモを公開した同社開発のレンダリングエンジン『Mizuchi』、ポストエフェクトミドルウェア『YEBIS 3』、C#ゲームエンジン『Paradox』の3製品が展示される。

■各製品の展示について

・Mizuchi

 物理ベースレンダリングを導入している『Mizuchi』に付属する専用ツールを展示。CEDEC 2014で公開したリアルタイムデモ『Museum』を使い、どのようなワークフローで『Mizuchi』を利用できるのか実際に確認できる。PCでの展示に加えて、PS4でのリアルタイムデモも展示されるとのこと。

・YEBIS 3

 『YEBIS 3』のリアルタイムポストエフェクトのデモを、PCで見ることができる。また『OROCHI 3』、『YEBIS 3』によって開発されたバンダイナムコゲームスのPC向け最新作『RISE OF INCARNATES』(販売:バンダイナムコゲームス、開発:バンダイナムコスタジオ)、PCおよびコンシューマー向けタイトル『MXGP』(販売:バンダイナムコゲームスアメリカ、開発:Milestone)を『YEBIS 3』の導入事例としてプレイアブルで展示するという。

●バンダイナムコゲームス 馬場龍一郎氏から寄せられたコメント

 シリコンスタジオ様とは以前より開発会社としての良好な関係を築いておりました。本作は約3年前、次世代映像表現とスピーディかつアクション性の高い世界市場で勝負できる日本発の大型タイトルとして企画。その開発の立ち上げにあたり、ハード転換期における将来性や国内開発におけるサポート体制、PC開発環境下におけるスタッフ効率などを社内外で模索・検討した結果、最適なエンジンとして『OROCHI 3』、『YEBIS 3』を選択しました。もちろんまだまだ進化を続けるエンジンかと思われますので、本作はもとより他タイトルへの採用を検討しております。

株式会社バンダイナムコゲームス
第一事業本部 第2ディビジョン 第5プロダクション
ゼネラルマネージャー
馬場龍一郎

・Paradox

 完全無料で利用できるオープンソースのC#ゲームエンジン『Paradox』を展示。最新バージョンの機能やツールを体験できる。

■シリコンスタジオブースでミニセッションを開催!

 期間中、ブース内で8回のミニセッションが開催される。各製品につき10分ずつ、80インチのモニタを使って製品の概要や特徴を紹介。セッションは1コマにつき『YEBIS 3』→『Mizuchi』→『Paradox』の順に行われる。セッションスケジュールは以下の通り。

日付

コマ割り

2015年3月4日(水)

(1)11:00-11:30
(2)14:00-14:30
(3)16:00-16:30

2015年3月5日(木)

(1)11:00-11:30
(2)14:00-14:30
(3)16:00-16:30

2015年3月6日(金)

(1)11:00-11:30
(2)13:30-14:10

■GDC展示中日に参加費無料のカジュアルパーティを開催

 シリコンスタジオは、来場者との交流の場として同社主催のカジュアルパーティを開催する。同社ブースで配布するチケットを持っていれば、参加費は無料。シリコンスタジオの日本人スタッフが出迎えてくれるとのことだ。

■カジュアルパーティ 概要
【開催日時】2014年3月5日19:00~21:00
【参加費】無料(完全招待制)
【定員】80名
【会場】Kombu Kitchen
747 Market Street 4th Floor - inside Sports Club/LA
San Francisco, California 94103
415-633-3966 main
※フォーシーズンズホテルと同じ建物となる。
※立食形式で食事と飲み物(飲み放題)が提供される。

関連サイト

注目記事

アイコン別記事一覧

※クリックすると、ソートされた記事一覧に移動します。