News

2015年2月18日(水)

『結城友奈は勇者である 樹海の記憶』は1粒で2度美味しい! その特徴を五箇条で紹介

文:まさん

 2月26日にフリューから発売されるPS Vita用ソフト『結城友奈は勇者である 樹海の記憶』。本作は、2014年に放送されたTVアニメ『結城友奈は勇者である』を題材にしたアクションゲーム。TVでは描かれなかったオリジナルストーリーが楽しめる。

『結城友奈は勇者である 樹海の記憶』

 この記事では、本作を遊んだライターのプレイレポートをお届けします。お互いに影響し合う3つのゲームモードについて解説しつつ、本作のポイントを五箇条にならってお届けしていく、発売を楽しみにしているファンも要チェック!!

■一つ、3つのモードで『ゆゆゆ』を堪能! ファンなら遊んでおきたいサービス満載の1本!

 皆さん、こんにちは! 女の子同士の友情とか日常とか悲劇とか、そういうアニメを見ると、なんだか涙腺が緩みっぱなしで、無限の星がかすみがちになるオッサンライター・まさんです。カワイイ女の子が活躍しつつ、あんなことやこんなことになっていく『結城友奈は勇者である』は、ボクの心にグサグサと刺さったアニメなのですが、そんな『ゆゆゆ』がついにゲーム化! この記事では、本作のレビューをお届けしていこうと思います。

『結城友奈は勇者である 樹海の記憶』
『結城友奈は勇者である 樹海の記憶』

 さっそく本作を遊んでみたのですが、プレイして真っ先に感じたのは、想像と違って“まったく違う2つのゲーム”が入っているようなゲームだということでした。

 “ストーリーモード”と“ミッションモード”は、友奈たちを操作して敵を倒していくアクション。“イベント鑑賞”は、原作で見たかった日常イベントを思う存分楽しめるアドベンチャー。片方がオマケなわけではなく、どちらもしっかりとしたボリュームがある。これが、まったく違うゲームが2つ入っていると感じた理由です。

 それぞれのモードも完全に独立しているわけではなく、たとえばストーリーモードやミッションモードを遊ぶと、イベント鑑賞で見られるイベントが開放。逆にイベント鑑賞の中身を開放していくと、アクション時の能力が上昇したりコンボが増えたりといった恩恵が発生する仕組みになっています。

『結城友奈は勇者である 樹海の記憶』
▲選べるイベントが横一列に揃えば、能力の上昇やコンボ数の増加といった恩恵が得られます。それぞれのモードが相互に関係しあっているため、やり込めばやり込むほど、いろいろな要素が楽しめる仕組みです。

 なお、誤解されそうなので先に言っておきますが、本作の“イベント鑑賞”は、いわゆるイベント回想ではありません。イベント鑑賞で見られるショートイベントは、ストーリーモードのメインストーリーとは異なる新規イベントのみ。

 つまり『ゆゆゆ』っぽいシリアス成分の入ったアクションをプレイしていけば、ドタバタ劇のアドベンチャーも楽しめるって寸法です。アニメの設定を活かしたシリアスな話が見られるメインストーリーと、アニメでももっと見たかった日常ドタバタ劇が見られるイベント鑑賞。どっちも楽しめるなんて、ぜいたくな作品だと思いませんか? 

 というわけで、ここからはそれぞれのパートについて触れていくことにします。

『結城友奈は勇者である 樹海の記憶』
『結城友奈は勇者である 樹海の記憶』

■一つ、ストーリーモードとミッションモードの紹介はきちんと! ザコ戦はゆるゆる、ボス戦はガチで戦える本格アクション!!

 本作の中心となる“ストーリーモード”。ここでは、勇者部の5人から好きなキャラクターを選び、アクションで敵と戦っていきます。物語は1話につき1つのステージで構成されており、ザコ戦をこなして移動してから奥にいるボスと戦うのが基本的な流れ。ボスを倒すと封印の儀に移行するので、あとは逃げ回る“御霊”を撃破すればクリアとなります。

『結城友奈は勇者である 樹海の記憶』
▲フィールドはエリアで区切られています。特定のザコを倒していくか、隠されたカギを見つけると奥のエリアに進めるよう