News

2015年3月20日(金)

『ブレス オブ ファイア 6』でも“竜変身”は健在! キャラや育成・バトルの新情報を紹介

文:キャナ☆メン

 カプコンは、iOS/Android/PC用オンラインRPG『ブレス オブ ファイア 6 白竜の守護者たち』の新情報を公開した。記事では、新たに公開されたプロモーション動画の“完全版”、世界観や基本的なゲームシステムなどを紹介する。

『ブレス オブ ファイア 6』
『ブレス オブ ファイア 6』

 『ブレス オブ ファイア 6 白竜の守護者たち』は、スマートフォン・タブレット・PCに対応し、シンプルな操作でバトルを楽しめるオンラインRPGとして開発中のタイトル。今作でも“竜”をめぐる壮大な物語が描かれ、その主人公となるプレイヤーキャラクターは、歴代作の主人公と同様、“竜”に変身する力を持つ。バトルでは、竜変身により敵を一掃するほどの強力な攻撃を繰り出すことが可能だ。また、1人で冒険する以外にも、最大4人で力を合わせて強敵に挑む“マルチミッション”などをプレイできる。

プロモーション動画【完全版】

『ブレス オブ ファイア 6』 『ブレス オブ ファイア 6』
▲迫力の戦闘シーンや、物語のカギとなる“竜の歌”をアニメで描いたプロモーション動画。“竜の歌”に合わせて広がるニーナの白い翼や、彼女とは対照的な黒い翼を持つ少女など、気になる描写が多数盛り込まれている。

 なお、本作のサービス開始時期については、2015年春とアナウンスされていたが、“2015年中”に変更となる。先行テストの実施時期は、2015年夏から秋の間になるとのことだ。

■『ブレス オブ ファイア 6』プロローグ■

 はるか昔、神話の時代。すべての生物を凌駕する強大な力と、神々に比肩する崇高な徳を持つ一族がいた。“竜”と呼ばれるその一族によって、世界は進化を享受し、大いなる繁栄を成した。

 ある日を境に、竜の一族は“白き竜”と“黒き竜”に分かれ、激しい戦を始めた。巨大な竜同士の衝突は、天変地異を引き起こし、世界は荒れ果て、多くの生命がその姿を消した。やがて、1人の勇敢な若者の活躍によって戦は収束した。そして、竜の一族は静かに姿を消した。

 それから幾星霜……

 白き竜と黒き竜の戦が伝説となり、伝説が神話となった今、再び竜をめぐる混沌の時代が始まろうとしていた。

 険しい山々に囲まれた北方の軍事国家、インシディア帝国。

「ただひとつの“チカラ”の下に、弱者も強者もない、平等な平和を」

 帝国軍は現皇帝・シュタインバーグによる“大いなる思想”のもと、世界統一に向けて進軍を開始。圧倒的な武力を誇る“黒竜騎士団”と技術の粋を集めた最新の戦闘兵器の前に、多くの国が屈し、帝国の領土として飲み込まれていった。

 人々は、安住の地、家族、あるいは自らの命を失った。ある者は煙のくすぶる焼け野原を前にして、ある者は愛する者の亡骸を抱き、そして、ある者は薄れゆく意識の中で帝国の暴虐を打ち払う英雄の出現を願った。

 その願いに呼応するように、いま再び、竜の血が脈動を始める。

 竜は静かに目覚めの時を待っている。
 運命に立ち向かう、守護者たちとともに……。

■キャラクター紹介

 物語に深くかかわるキャラクターのうち、幾人かを紹介する。フリッツ、ヴィルヘルム、シュタインバーグの3名は、新たに公開されたキャラクターだ。なお、公式サイトのキャラクター紹介ページでは、声優が公開済みのキャラクターについてはサンプルボイスを聴ける。試聴して、キャラクターやドラマのイメージを膨らませてみよう。

ニーナ 声優:氷上恭子
『ブレス オブ ファイア 6』
▲美しい声と奇跡の歌唱力を持つ飛翼族の少女。名前以外のすべての記憶を失っており、いつも不安げな表情を浮かべている。彼女の歌声が紡ぐ“竜の歌”が主人公の運命を大きく変えることとなる。
ギリアム 声優:安元洋貴
『ブレス オブ ファイア 6』
▲強靭な肉体を誇るウルバ族の戦士。その姿とは対照的に、家族や友人に暖かく、周囲からは兄貴分として慕われている。ただし、繊細さに欠けるところがあり、何気ないヒトコトで誰か(特にアミリア)を怒らせてしまうこともしばしば。
アミリア 声優:中原麻衣
『ブレス オブ ファイア 6』
▲のんびりとした温和な性格のアルガル族の女性。どことなく知的な雰囲気を醸し出しているが、自分の思い通りにコトが運ばないと、猛烈にフキゲンになってしまうなど、やや、コドモっぽい部分がある。ギリアムのことは少し苦手らしい。
ペリドット 声優:戸松遥
『ブレス オブ ファイア 6』
▲ある目的で放浪の旅を続けている吟遊詩人。口数の少ない神秘的な少女で、その見かけに反して語り口はどこか大人びている。“とある人物”に会うためドラグニール村を訪れたところ、主人公と邂逅(かいこう)を果たす。
フリッツ
『ブレス オブ ファイア 6』
▲国民から絶大な支持を得ているグランツ王国の国王。一国の王とは思えぬほどにフランクで、破天荒な性格をしている。しかし、民を守るための戦となると、その気質を一変させ、鬼神の如き力で敵軍を圧倒する。
ヴィルヘルム
『ブレス オブ ファイア 6』
▲グランツ王国内で主人公たちに近づく身なりの良い謎の少年。フリッツ王を深く尊敬し、彼を見習い“高貴かつ勇敢に”と振る舞っているが、その幼さは隠し切れず、精神的にもろい一面を見せることも多い。
シュタインバーグ
『ブレス オブ ファイア 6』
▲大陸北部インシディア帝国を治める皇帝。革命軍のリーダーとして旧政権を打倒、帝政を敷いて初代皇帝の座についた。力を以って統治することこそが、永劫の平和に繋がるという信念の元に、大幅な軍備拡充を行ない、周辺諸国への侵攻を開始した。

■物語を追う“ストーリーミッション”

 ストーリーミッションを通じて、プレイヤーは、帝国との戦いや、“竜の歌”をめぐる冒険など、『ブレス オブ ファイア 6 白竜の守護者たち』の物語を体験していく。物語の発端は、公式サイト内の“ドラグニールの村の崩壊”というエピソードより確かめられるので、ぜひ目を通してほしい。

『ブレス オブ ファイア 6』 『ブレス オブ ファイア 6』
▲主人公は、プレイヤーの分身となるキャラクター。ドラグニールの村で生まれ育つも、村が崩壊し、その際に消息を絶った兄を探すため、仲間たちと一緒に旅立つ。

■シリーズおなじみ“竜変身”は健在

 今作でも、主人公はバトル中に竜変身が可能。『ブレス オブ ファイア 6 白竜の守護者たち』では、ゲージをためて“D-トランスモード”を発動することで、絶大な竜の力を解き放って敵を一掃する。

『ブレス オブ ファイア 6』
『ブレス オブ ファイア 6』
『ブレス オブ ファイア 6』

■主人公は転職可能!

 シリーズ初の要素となるシステムが、主人公の“転職・衣装チェンジ”。主人公はノービスというクラスから始まるが、成長すると新たなクラスへ転職できる。さらに、特殊性能が付いた衣装を装備すると、それに応じて見た目も変化する。

『ブレス オブ ファイア 6』
『ブレス オブ ファイア 6』

■最大4人でプレイする“マルチミッション”

 オンラインRPGとなる今作では、最大4人で協力し、強敵に挑む“マルチミッション”をプレイ可能。マルチミッションのバトルでは、スキルの“相乗効果”がカギになるという。

『ブレス オブ ファイア 6』 『ブレス オブ ファイア 6』
▲4人で協力できるマルチミッションでは、強力なアイテムを入手できるという。

■コミュニケーションの場となる“城下町”

 オンラインロビーの役割を果たす“城下町”では、マルチミッションのためにパーティ募集をしたり、気軽に世間話をしたり、他のプレイヤーとのコミュニケーションを楽しめる。

『ブレス オブ ファイア 6』

■世界観をより深く知るための設定を紹介

 最後に、『ブレス オブ ファイア 6 白竜の守護者たち』の世界観を構築するスポットや種族の設定を紹介する。目を通しておくと、より深く本作の世界を楽しめるはずだ。


【ドラグニール村】

 主人公と仲間たちが暮らす村。小さいながらも様々な種族の人々が集い、懸命に日々を営んでいる。いつの頃からとも知れぬ竜にまつわる伝承が残されてはいるが、村に住む人々の記憶からは薄れつつあった。古来のしきたりに従い、主人公の一族が“ムラオサ”と呼ばれる代表者になり、代々ドラグニール村の統率をしている。

『ブレス オブ ファイア 6』

【未明の森】

 うっそうとした広葉樹林が果てしなく広がる大陸最大の森林地帯。大陸の肥沃な大地の象徴でもある。果実や野草など、森の恵みに溢れており、ドラグニール村の住人にとって、かけがえのない場所である。凶暴な害獣もおらず、非常に穏やか。厄介事といえば、時折、森の奥からゴブリンたちが現れて村の周辺でイタズラをする程度。

『ブレス オブ ファイア 6』

【名もなき遺跡】

 いつの時代に、何の目的で建造されたのかまったく定かでない古代の遺跡。正体不明の奇怪なモンスターたちが棲息し、侵入者を排除しようとするため、容易には近づくことができない。遺跡内部には“竜”を想起させる装飾が残っており、“竜の一族”との関連が疑われる。木々と土砂に大半が埋もれており、遺跡の規模は未知数である。

『ブレス オブ ファイア 6』

【帝国収容所】

 未明の森の西部に築かれたインシディア帝国の捕虜収容施設。急速に領土を拡大しつつある帝国が、侵略した各地で帝国に恭順を示さない人々を反逆者として収監している。さまざまな種族が囚われており、働ける者は終わることの無い労働を強制させられている。帝国直属の獣人部隊が施設の監視を行なっており、その仕打ちは苛烈を極める。囚われた人々は、解放の日を待ちわびている。

『ブレス オブ ファイア 6』

【グランツ王国】

 大陸の中で最古の歴史を誇る王国。強固な守備体制を誇り、数百年もの間、他国からの侵略を防ぎ、繁栄を続けてきた。インシディア帝国の動きが活発化してきたことを受け、国全体で開戦の気運が高まっている。城下町は多くの傭兵・冒険者で活況を見せている。

『ブレス オブ ファイア 6』

【インシディア帝国】

 大陸北部、針葉樹林と堅牢な高峰に囲まれた帝国。かつては周辺国家に資源を搾取されるだけの弱小国であった。しかし、現皇帝シュタインバーグによる革命以後から、大幅な軍備拡充を行ない、周辺諸国の侵攻を開始した。インシディア帝国の将校には、並外れた武力を持つ者がそろい、古代文明の技術を転用した軍備と相まって、短期間のうちに大陸の3分の2を掌握するに至った。

『ブレス オブ ファイア 6』

【竜の一族】

 実在したか否か、未だに議論の対象となる、幻の一族。各地に残る伝承によると、強大な力を持つ白き竜の一族と黒き竜の一族が女神の力を得んと争いその衝突で世界は荒廃を極めた。1人の勇者の活躍によって争いは終息したが、危うく世界を滅ぼしかけた竜の一族は自らの力を忌み、いずこかへと姿を消したという。

『ブレス オブ ファイア 6』

【飛翼族】

 極めて人間に近い外見と特性を持つ種族。先天的に美しい声と歌唱力を持ち、中でも“歌姫”と呼ばれる女性たちの歌には聴く者の魂を強く揺さぶる、不思議な力が秘められている。伝承では、かつてその背中に翼を持ち、巨大な鳥に変身する能力を有していたとされている。

『ブレス オブ ファイア 6』

【アルガル族】

 頭部に特徴的な角を備えた羊の特徴を現す獣人族。比較的温厚な一族であり争いを好まない。ただ、魔力を操ることに関しては、世界に生きる種族の中でも強い適性を持ち望まざる争いに巻き込まれることも多い。アルガル族の操る火や雷は、一部隊を一瞬で灰燼に帰す程度には強力だからだ。代表的なクラスは“マジシャン”。

『ブレス オブ ファイア 6』

(C)CAPCOM CO., LTD. ALL RIGHTS RESERVED.

データ

▼『ブレス オブ ファイア 6 白竜の守護者たち』
■メーカー:カプコン
■対応機種:iOS/Android/PC
■ジャンル:RPG
■サービス開始日:2015年
■プレイ料金:未定

関連記事

関連サイト

注目記事

アイコン別記事一覧

※クリックすると、ソートされた記事一覧に移動します。