総合 > 電撃App > 記事一覧 > 『家電少女』に出演する悠木碧さんと小倉唯さんにインタビュー。サイン色紙もプレゼント!
2015-03-31 00:00

『家電少女』に出演する悠木碧さんと小倉唯さんにインタビュー。サイン色紙もプレゼント!

文:金子 光晴

 100人以上の家電少女と一緒に世界を守るという新感覚の家電育成型RPG『家電少女』。今回は、本作に出演する豪華声優陣の中から、悠木碧さんと小倉唯さんの収録現場で直撃インタビュー! 収録の感想や家電製品にまつわるお話を伺ってきました。

『家電少女』

■小さい頃から擬人化を楽しんでいた悠木碧さん

『家電少女』

――家電製品が女の子と合体するという本作ですが、このコンセプトを聞いてどう思われましたか?

悠木碧さん(以下、悠木):もともと擬人化ということに興味があるタイプだったので、すんなりと受け入れられました。私も小さい頃から、お父さんが乗っている車に名前をつけたりすることがあって……。そんなことを思い出して懐かしい気持ちでした。

――お父さんの車には、どんな名前をつけていたんですか?

悠木:例えばアカコちゃん。赤かったんですよ(笑)。それで、次の車は白かったからミルキーっていう名前をつけていました。

――悠木さんが出演されているラジオ番組『あおい・さおりの新番組(`・ω・´)』では、なんでも擬人化してしまう“擬人化図鑑”というコーナーがありますよね。

悠木:そうなんです。ラジオのコーナーでもいろんなものを擬人化しているんですが、その中に家電製品というお題もあったので、そういう意味でも『家電少女』は身近な感じですね。「この子はこういう機能があるから、こういう性格なんだ」っていう部分があるので、そこを強調してあげたほうがそれらしくなるかなと思いました。

――悠木さんが演じられた3人のキャラクターについて教えてください。

悠木:1人目は白黒テレビちゃん。昭和のギャグを飛ばしつつ、みんなを笑わせようとしているんですけど、スベリ気味というキャラクターです(笑)。でも、スベっても気にしない飄々(ひょうひょう)としたところがあって、年齢不詳な感じ。ポーカーフェイスなんだけど、みんなの笑いを誘おうと常にネタを探しているんです。

 2人目はアーケードコントローラーの“みさお”ちゃんです。一見すると大人しそうなお嬢様なんですけれど、ゲームがすごく好きで超元気というキャラクターです。個人的には、彼女の名前が“みさお”ちゃんというところが、一緒にラジオをやっている早見沙織ちゃんのあだ名と同じ(※はや“みさお”り)なので、「おっ」と思いました(笑)。

 3人目はハンディカムちゃんなんですけど、“ロリ腐女子”という設定がありまして。でも、腐女子というよりイケメンハンターなんですよね。イケメンをとにかく激写して、メモリーカードに残すというのが趣味なんです。すごくキュートで明るく元気な外見とは裏腹に、イケメンのことばかり考えている子です(笑)。イケメン以外のことに興味がないらしくて、サバサバと表情を変えていく感じがすごくカワイイ子だと思いました。

『家電少女』
▲ハンディカムの“りあむ”。

――収録の中で印象に残ったセリフはなんですか?

悠木:白黒テレビちゃんだと「ちょっと直しますね(バンバン!)」って自分の頭を叩くところですね。アーケードコントローラーちゃんはやっぱり格闘ゲームが好きらしくて、恋愛シミュレーションゲームを遊ぼうとすると「私の出番はなさそうね」ってしょんぼりするのが、すごくカワイイなと思いました(笑)。ハンディカムちゃんは「工場長か……まっ、撮っとくよ」っていうセリフがすごく好きです。

――悠木さんが最近買った家電製品や、欲しいと思っている家電製品はありますか?

悠木:美麗なグラフィックのゲームがちゃんと遊べる、高性能なグラフィックボードを積んだPCが欲しいなと思ってます。今使っているPCも性能はいいんですけど、自分で組み立てたPCなら、もっと愛着がわくかなと思います(笑)。

 あとは3Dプリンターが欲しいですね。モノを作るのが好きなので、紙粘土とかレジンとかでいろいろ作ったりしているんですけど、そういう制作の過程に3Dプリンターがあったらすごく便利だなと思います。それに、キャラクターのフィギュアを作るのはすっごく大変ですけれど、3Dプリンターでキャラクターを立体化することもできますしね。

 最近買った家電と言えば……、うちで小鳥を飼っているんですけど、部屋に置いておくのが心配なのでWebカメラを付けたんです。それをスマホで遠隔操作して、外出先でもいつでも見られるようにしています。電車の中とかで「元気かな?」って見たりしているんです。うちは家電製品が多いので、家の中が家電少女だらけですね(笑)。

――最近はどんなゲームをプレイされていますか?

悠木:最近は、私が出演しているPC用のMMORPGばかりプレイしていますね。スマホを使ってコンボを調べたりしています(笑)。あと、最近ゲーミングマウスを購入したんですよ。そのMMORPGのコラボ商品で、すごく多機能なので、使ってみたら「こんなに便利なんだ!」って思いました(笑)。

――『家電少女』を楽しみにされているファンの皆さんにメッセージをお願いします。

悠木:この『家電少女』をプレイしていただけたら、日々の生活の中で身近な家電ちゃんたちがよりカワイクなると思います。ゲームをしていない時でも、「あっ、家電ちゃん元気かな?」って思っちゃいますね、きっと(笑)。日常生活が楽しくなるのが擬人化の素敵なところだと思うので、家電少女たちと毎日楽しく過ごしてください!

■ドライヤーを使っていてピンチになった小倉唯さん!

『家電少女』

――家電製品が女の子と合体するという本作ですが、このコンセプトを聞いてどう思われましたか?

小倉唯さん(以下、小倉):「よく考えたな」って思いました。何かを擬人化する作品は、これまでもあったじゃないですか? でも、身の回りの家電製品って無限にあるので、カワイイ女の子がたくさん出てくる作品に仕上げるのはいい発想だなって思いました。

――今回、小倉さんは3人のキャラクターを演じられているそうですが、どんな女の子たちですか?

小倉:まず1人目は懐中電灯なんです。この子はいわゆる不思議ちゃんで、見た目はちょっと幼い感じです。なので、カワイらしい感じで演じさせていただきました。

 2人目はプロジェクターの女の子で、頭にプロジェクターを載せているんですが、それが重くて常に泣いているキャラクターです(笑)。泣き虫で、見たくないホラー映画を見せられて泣いちゃう、みたいな子なんです。

 最後はワインセラーの女の子なんですが、いつも地下室に引きこもっているので、テンションも低めでボソボソ話す感じのキャラクターでした。

――家電製品が題材ということで、セリフも変わった感じのものが多かったのでしょうか?

小倉:セリフは、それぞれの家電にちなんだものが多かったですね。例えば、懐中電灯だったら「親友は豆電球ちゃんだけです」とか(笑)。停電の時は、いざ彼女の出番なので「工場長、落ち着いて。私から離れないでください!」というセリフもあって、けっこうしっかりした子ですね。プロジェクターの子は「いいところなのでトイレに行けないです」とか(笑)。ワインセラーの子は「私の血液はワインです」など……。ちょっとオシャレな感じで、お酒のセリフが多いですね。

『家電少女』
▲ワインセラーの“ほかげ”。

――特に印象に残ったのはどんなところですか?

小倉:懐中電灯ちゃんは、豆電球ちゃんと仲がいいっていうのがカワイイと思いました。家電製品同士で仲よしっていう設定がおもしろいですよね。次は、他の私のキャラクターが誰かと仲よくなったりするのかな?

――小倉さんご自身が最近欲しいと思っている家電製品や、お気に入りの家電はありますか?

小倉:最近欲しいと思っているのはダイソンの掃除機ですね。最初はお布団を掃除したくて、レイコップの布団クリーナーが欲しいなって思っていたんですけれど、CMでダイソンが「吸引力が落ちない!」っていうのをやっているのを見て「いいな!」って思ったんですよ。

 ずっと愛用している家電製品は吸入器! 仕事柄、のどをいたわるために頻繁に使います。私は花粉症なので、特に今の時期は重宝しています。

――掃除機の話題が出ましたけれど、普段からお部屋の整理整頓は小まめにするほうですか?

小倉:そうですね。勉強とか台本のチェックもそうなんですけれど、キレイなところじゃないとできなくて……。部屋をまず片付けてから始めるタイプです。

――何か家電にまつわる思い出はありますか?

小倉:家電の思い出!? そうですね……私は髪が長いので、きちんとドライヤーを使わないと乾くのに時間が掛かっちゃうんです。ドライヤーって、風が出るのと反対のほうから空気を吸っているじゃないですか? ある時、ボケーっとしていたからなのか、そっち側から髪の毛が吸引されちゃって、「イヤー!」ってなったことがありました(笑)。

 その時は一瞬テンパっちゃったんですけれど、ドライヤーを止めてから、ゆっくりゆっくり1本ずつ髪を引き抜いたという思い出があります。それからは一時期、ドライヤー恐怖症になっちゃったんですけれど、今では大丈夫になりました!

――では、『家電少女』を楽しみにしているファンの皆さんにメッセージをお願いします。

小倉:家電製品が美少女になるということで、皆さんも親近感があるテーマだと思います。ぜひ、お気に入りの家電を見つけていただいて、『家電少女』をプレイして楽しんでいただけたらと思います。よろしくお願いします!

■悠木碧さんと小倉唯さんの寄せ書きサイン色紙をプレゼント!

 今回のインタビューにあたって、悠木碧さんと小倉唯さんに寄せ書きのサイン色紙をいただきました! このサイン色紙を抽選で2名様にプレゼントします。ご希望の方は、以下のプレゼントフォームより奮ってご応募ください。締め切りは4月5日(23:59)です。

『家電少女』

読者プレゼントに応募する

データ

▼『家電少女』
■メーカー:番町製作所
■対応端末:iOS
■ジャンル:RPG
■配信日:2015年5月8日
■価格:基本無料/アイテム課金
 
iOS『家電少女』のダウンロードはこちら
▼『家電少女』
■メーカー:番町製作所
■対応端末:Android
■ジャンル:RPG
■配信日:2015年4月30日
■価格:基本無料/アイテム課金
 
Android『家電少女』のダウンロードはこちら

関連記事

関連サイト

アクセスランキング(過去1週間)

  1. 1

    『シャドバ』第12弾パックの新カードを先行公開。注目の“機械”タイプが続々追加!

  2. 2

    『グラブル』水着ユエルがレジェガチャに登場。グランデフェスは3月21日まで開催

  3. 3

    『とある魔術の禁書目録 幻想収束』事前登録開始。黒崎真音さんよる主題歌『JUNCTION』が流れるTV-CM公開

  4. 4

    『ますますマンガで分かる! FGO』主人公を探すマシュの行く手に待ち受けていたのは?

  5. 5

    【スパクロ】ガンダムF91とボルテスV、2機のΩユニットを評価(#430)

  6. 6

    『デビル メイ クライ 5』の魅力とは? 『DMC5』×『D×2』コラボを楽しむための元ネタを解説

  7. 7

    『オルサガ』新15UR“ルナ(声優:本多真梨子)”がプレアニバーサリーガチャに登場。詳細を独占先行公開

  8. 8

    【スパクロ】『スパロボOG』のSRX、グルンガスト改、R-GUNパワードを評価(#431)

  9. 9

    『バンドリ! ガルパ』メインストーリー2章追加。2周年を記念したキャンペーンが実施

  10. 10

    『バンドリ! ガルパ』×『ごちうさ』コラボが開催決定。“ガルパーティ!2019 in 池袋”のキービジュ解禁

[集計期間:03月16日~03月22日]

ページ
トップへ