News

2015年4月3日(金)

『MHF-G』初のコラボメニューが展開する“モンスターハンター フロンティアG×パセラリゾーツ”をレポート

文:kbj

 4月19日まで開催中のイベント“モンスターハンター フロンティアG×パセラリゾーツ”に、電撃オンラインのkbjが限りなくプライベート感覚で行ってきたのでその模様をお届けします。

“モンスターハンター フロンティアG×パセラリゾーツ”

 “モンスターハンター フロンティアG×パセラリゾーツ”は、LOSCABOS新宿店、BENOA(銀座店/横浜店)、Three Monkeys Cafe(上野店/秋葉原店/横浜関内店/天王寺店)にて行われている“パセラリゾーツ ダーツバー”と『モンスターハンター フロンティアG』のコラボレーションイベント。『モンスターハンター フロンティアG』初となるオリジナルコラボメニューを展開している他、モンスターの装飾を施したダーツ台や複数のキャンペーンなども実施されています。

“モンスターハンター フロンティアG×パセラリゾーツ” “モンスターハンター フロンティアG×パセラリゾーツ”
“モンスターハンター フロンティアG×パセラリゾーツ” “モンスターハンター フロンティアG×パセラリゾーツ”

 今回お邪魔したのは、LOSCABOS新宿店さん。コラボ企画としてダーツゲームも用意されているのですが、取材時が夕飯前だったこともあり、まずはコラボメニューを頼むことに! 腹が減っては動けないのはゲーム中のハンターも我々も同じ。ダーツしようにも、空腹で手がプルプル震えて狙えませんからね! 

“モンスターハンター フロンティアG×パセラリゾーツ” “モンスターハンター フロンティアG×パセラリゾーツ”
▲モニターでは『MHF-G』のPVが流れています。食事やダーツ、会話の合間に見るのもあり?
“モンスターハンター フロンティアG×パセラリゾーツ” “モンスターハンター フロンティアG×パセラリゾーツ”

 今回のコラボでは、コラボドリンク5種、コラボフード3種類が用意されています。まずは、ドリンクから紹介していきましょう。なお、価格はすべて税込です。

“モンスターハンター フロンティアG×パセラリゾーツ”

 ドリンクは5種類あるのですが、ソフトドリンクは1つだけのようです。しかも、LOSCABOSはバーということもあってか、アルコール度数は全体的に高いとか……アルコールに強くないkbj的に大丈夫か!?

●『天翔龍シャンティエン(アルコール)』 750円

“モンスターハンター フロンティアG×パセラリゾーツ” “モンスターハンター フロンティアG×パセラリゾーツ”

 シャンティエンを思わせる綺麗なブルーが印象的な1杯。ウォッカベースで甘さは控えめのため、しっかりアルコールをたしなみたい人にオススメです。中には青いゼリーが入っていて、食感も楽しめます。

●『金塵龍ガルバダオラ(アルコール)』 800円

“モンスターハンター フロンティアG×パセラリゾーツ” “モンスターハンター フロンティアG×パセラリゾーツ”

 表面には、ガルバダオラがまき散らすような金粉きらめくドリンク。ワインベースのカクテルで、アルコールは強めですが、味はフルーティーで飲みやすいです。「女性にも好まれるはず!」とバーの人は説明していました。……レジェンドラスタでも連れてこようかな?

●『創音竜ポボルバルム(アルコール)』 750円

“モンスターハンター フロンティアG×パセラリゾーツ” “モンスターハンター フロンティアG×パセラリゾーツ”

 3層になっていて、鮮やかな見た目が印象的な『創音竜ポボルバルム』。それぞれの層の味を楽しんだ後、混ぜて飲むと違った印象になります。後味はさっぱりしているのですが、これもアルコールがやや強めで、アルコールに弱いkbjは“混乱やられ”のような状態になりました。これがポボルバルムのゆえん!?

●『雅翁龍イナガミ(アルコール)』 750円

“モンスターハンター フロンティアG×パセラリゾーツ” “モンスターハンター フロンティアG×パセラリゾーツ”

 日本酒をベースに、コーラを加えたカクテル。炭酸の喉越しが爽快で、味もコーラと柑橘系ということで飲みやすいのですが……アルコール度数は高めです。飲んでいたら睡眠状態のような気持ちになりました。これがイナガミのゆえん……って天丼か!(ソロクエストなのでセルフ突っ込み)

●『炎角竜ヴァルサブロス(ノンアルコール)』 650円

“モンスターハンター フロンティアG×パセラリゾーツ” “モンスターハンター フロンティアG×パセラリゾーツ”

 kbj的に、今回のドリンクの中ではベースキャンプのように安心する存在の『ヴァルサブロス』。ストロベリーの甘さに、キリッとした炭酸が加わることで、くどいような甘いドリンクになるのを防いでいます。

“モンスターハンター フロンティアG×パセラリゾーツ” “モンスターハンター フロンティアG×パセラリゾーツ”

 さらに、ドリンクにはチェリーが! これはヴァルサブロス戦のポイントとなるサボテンコロコロを再現しているのかもしれません。こういうこだわりはおもしろくていいですね。

●『棘竜エスピナス』 600円

“モンスターハンター フロンティアG×パセラリゾーツ” “モンスターハンター フロンティアG×パセラリゾーツ”

 人気モンスターのエスピナスをイメージしたメニュー。こってりしたアボカドを、トマトと水菜でさっぱりとさせています。エビや水ナスが味に深みを加えています。前菜としても、おつまみとしても適していますね。

“モンスターハンター フロンティアG×パセラリゾーツ”

 こちらのメニューは、ダーツをしながらでも食べやすいフィンガーフードとなっているのもうれしい配慮です。モンスターのように、がぶりといきましょう。

●『可愛い相棒パートニャー』 600円

“モンスターハンター フロンティアG×パセラリゾーツ” “モンスターハンター フロンティアG×パセラリゾーツ”
“モンスターハンター フロンティアG×パセラリゾーツ” “モンスターハンター フロンティアG×パセラリゾーツ”

 ハンター好みにさまざまなカスタムを楽しめるパートニャーを模したデザートのようなフード。見た目がアイルーのようにかわいらしいメニューになっています。いろいろな味があるのも楽しいですね。甘すぎないので、ちょっと小腹を満たしたい人にも向いているかと。

●『大巌竜ラヴィエンテ』 1,600円

“モンスターハンター フロンティアG×パセラリゾーツ” “モンスターハンター フロンティアG×パセラリゾーツ”
“モンスターハンター フロンティアG×パセラリゾーツ” “モンスターハンター フロンティアG×パセラリゾーツ”
“モンスターハンター フロンティアG×パセラリゾーツ” “モンスターハンター フロンティアG×パセラリゾーツ”

 長いソーセージに加えて、マッシュポテトもあり、かなり食べごたえがある『ラヴィエンテ』。32人で挑む大討伐クエストのように、ボリュームは多めですが、実際には5~6人向けのメニューのようです。というわけで鬼人化してから、ラヴィエンテのはぎとり(切り分け)をすることに。

 味付けは、周りにある唐辛子からもわかるようにピリからです。お酒がすごくすすむ味になっていますし、見た目としても盛り上がるのでオススメです。あと、撮影時にはかけませんでしたが、力強いステーキソースもついてきます。味が変わるので、お好みでどうぞ。個人的にはかけないのが好きでしたね。あと、周りにあるナッツや揚げた唐辛子も、地味にお酒が進むおつまみになります。

“モンスターハンター フロンティアG×パセラリゾーツ”
▲多数のフード&ドリンクがあるので、複数人で来ることをオススメします。普段のクエストはラスタやパートナーがいるのでさみしくありませんが、食べきれないと残念なので……。
“モンスターハンター フロンティアG×パセラリゾーツ” “モンスターハンター フロンティアG×パセラリゾーツ”
▲コラボメニュー1品注文につき、オリジナルコースターが1枚配布されます。写真は後半に配布されるもので、新モンスターのヴァルサブロスやハルドメルグもありました。
“モンスターハンター フロンティアG×パセラリゾーツ” “モンスターハンター フロンティアG×パセラリゾーツ”
“モンスターハンター フロンティアG×パセラリゾーツ” “モンスターハンター フロンティアG×パセラリゾーツ”

 コラボキャンペーンとして“ダーツゲーム「カウントアップ」に挑戦”があります。最初に目標となるスコアを宣言し、それを上回るとアイテムが抽選でもらえるというものです。400点以上は“カシラの差し入れG”が抽選で3,500人に、500点以上は“狩人御用達・至高の逸品セット”が抽選で1,400人に、600点以上は“オリジナルデザインマグカップ”が抽選で10人に当たります。こちらは1回の来店につき、3回まで挑戦できるもので、納得のスコアが出るまで挑戦してみては?

“モンスターハンター フロンティアG×パセラリゾーツ”
▲今回のためにデザインされたマグカップ。しっかりした作りなので普段使いにも向いてそうです。
“モンスターハンター フロンティアG×パセラリゾーツ”
▲というわけで、600点以上を狙い挑戦してみましたが……結果は全然足りませんでした。なお、最初に400点を目標とした場合、例え500点以上を記録しても、そちらに移り変えることはできないのであしからず。

 また、各店舗を巡ってコラボメニューを楽しみつつグッズ入手を目指すキャンペーンも開催中です。ルートは2つあり、ベノア2店舗を巡るものと、スリーモンキーズカフェ3店舗を巡るものです。どちらも最終地は“LOSCABOS新宿店”となっています。抽選で、今回のために作られた“記念デザインプレート”(10人)や、ポボルバルムが描かれた“オリジナルデザインTシャツ”(100人)が当たります。特に記念プレートはかなり豪華なので、ぜひ狙ってみてください!

“モンスターハンター フロンティアG×パセラリゾーツ” “モンスターハンター フロンティアG×パセラリゾーツ”
▲“記念デザインプレート”▲“オリジナルデザインTシャツ”

 ここまでご覧になられて「でも『モンスターハンター フロンティアG』は遊んだことがないし!」とか「最近プレイしていないし」という方もいらっしゃるのではないでしょうか? そんな方々もご安心ください! コラボはゲームを知らない人でも楽しめる内容になっていますし、(もちろん知っていればより楽しめます)、『MHF-G』自体もさまざまなハンターを広く受け入れる体制ができているのです。

“モンスターハンター フロンティアG×パセラリゾーツ” “モンスターハンター フロンティアG×パセラリゾーツ”

 現在、無料で楽しめるトライアルコースがハンターランク(HR)99まで解放されているので、誰でもプレイできます。また、4月8日までの期間限定で久しぶりに『MHF-G』を再開するハンターを対象にした“タダごとではない!無料復帰キャンペーン”が実施中。4月15日の大型アップデート“G7”で復帰するために、最短ルートで現役復帰できるエリア“修練区”が新設されています。2,800円相当の特典が無料でもらえる復帰キャンペーンも合わせて開催されているので、こちらもチェックしてみてください。

 急に宣伝チックになってしまいましたが、ちょっとお店によって、コラボフードを食べて、ダーツを楽しめばいいだけです。それで興味を持ったら狩りの世界に飛び込んでみては?

(C)CAPCOM CO., LTD. ALL RIGHTS RESERVED.

データ

▼『モンスターハンター フロンティアG7 プレミアムパッケージ』
■メーカー:カプコン
■対応機種:PS3
■ジャンル:アクション
■発売日:2015年4月15日
■希望小売価格:5,800円+税
イメージ
▼『モンスターハンター フロンティアG7 プレミアムパッケージ』
■メーカー:カプコン
■対応機種:PS Vita
■ジャンル:アクション
■発売日:2015年4月15日
■希望小売価格:5,800円+税

Amazon.co.jp で詳細を見る

イメージ
▼『モンスターハンター フロンティアG7 プレミアムパッケージ』
■メーカー:カプコン
■対応機種:Wii U
■ジャンル:アクション
■発売日:2015年4月15日
■希望小売価格:5,800円+税

Amazon.co.jp で詳細を見る

イメージ
▼『モンスターハンター フロンティアG7 プレミアムパッケージ』
■メーカー:カプコン
■対応機種:Xbox 360
■ジャンル:アクション
■発売日:2015年4月15日
■希望小売価格:5,800円+税

Amazon.co.jp で詳細を見る

▼『モンスターハンター フロンティアG7 プレミアムパッケージ』
■メーカー:カプコン
■対応機種:PC
■ジャンル:アクション
■発売日:2015年4月15日
■希望小売価格:5,800円+税
 
■『モンスターハンター フロンティアG7 プレミアムパッケージ』の購入はこちら
Amazon.co.jp

関連記事

関連サイト

注目記事

アイコン別記事一覧

※クリックすると、ソートされた記事一覧に移動します。