News

2015年4月5日(日)

富士急アイランドに大迫力の“エヴァ プロジェクションマッピング”が登場。大人気“エヴァ飛車”も復活

文:たけのこ

 富士急ハイランド内の“EVANGELION:WORLD”にて、4月25日より『エヴァンゲリオン』の映像アトラクション“エヴァンゲリオン プロジェクションマッピング”が公開されます。

『ペルソナ4 ダンシング・オールナイト』
▲“エヴァンゲリオン プロジェクションマッピング”イメージ画像

 この映像アトラクションは、エヴァンゲリオン初号機の実物大立体胸像とそのバックの壁面に、床や天井に設置した6台のプロジェクターから映像を投影するというもの。

 胸像の凹凸にピタリと重なる鮮明な映像に、閃光がほとばしるレーザーやエアーといったさまざまな演出が合わさり、屋内ならではの大迫力の映像を楽しめます。なお、公開初日にはオープニングイベントも実施されるとのこと。

『ペルソナ4 ダンシング・オールナイト』
▲高さ約9m、幅約16mというエヴァンゲリオン初号機の実物大立体胸像。

ストーリー

 視察団として富士急ハイランド基地訪れたゲストは、葛城ミサトと碇シンジとともに視察に行くことに。

 しかし、彼らの掛け合いによる和やかな視察の最中、警報音が突然鳴り響く。未確認飛行物体の出現に、緊急発進する初号機だったが……。

 次々と初号機に襲いかかる異形の使徒たちは一体なんなのか。咆哮とともに暴走を始めた初号機はどうなるのだろうか……?

 実物大初号機を舞台に繰り広げられる、光と音による圧倒的な演出とここでしか見られないオリジナルのストーリーに括目せよ!

 この他、2012年に人気を博した『エヴァ』仕様の大型ローラーコースター“エヴァ飛車”が期間限定で復活します。“エヴァ飛車”は、初号機デザインの車両だけでなく、アナウンスやBGM、駅舎や待ち列のモニターなどすべてが『エヴァ』一色。そんな中で、最大落下角度121度を誇る絶叫マシンを体験できます。

『ペルソナ4 ダンシング・オールナイト』
▲『エヴァ』仕様の大型ローラーコースター“エヴァ飛車”。

■エヴァンゲリオン プロジェクションマッピング 概要
【公開日】
4月25日
【上映場所】
EVANGELION:WORLD
【上映時間】
約6分(営業時間中連続上映)
【入館料】
800円(フリーパス利用可)
【映像制作】
株式会社ネイキッド
※設置工事にともない4月6日~24日の期間、“1/1リアル・エヴァ”エリアには入場できません。
※4月5日をもって、実物大エヴァンゲリオン2号機獣化第2形態“THE BEAST”での映像上映は終了し、以降はフォトスポットとして営業されます。

■エヴァ飛車 概要
【オープン日】
4月25日
【乗車定員】
8名
【料金】
1,000円(フリーパス利用可)
【特徴】
・車両デザインの変更(1両は初号機デザイン、残り5両は20周年のロゴを掲出)。
・ホームなどへの大型グラフィック設置。
・乗車中に、キャラクターのセリフや劇中BGMを放送。
・待ち列のモニターにて、劇中の名場面のセリフを富士急バージョンにパロディした“EVA吹替計画”などのオリジナルムービーを放映。
・搭乗記念となるライドフォトが特別バージョンに。※ライドフォト料金500円。

(C)カラー

関連サイト

注目記事

アイコン別記事一覧

※クリックすると、ソートされた記事一覧に移動します。