News

2015年4月6日(月)

『ポポロクロイス牧場物語』でピエトロ王子たちが訪れる“夏の大地・ズズール地方”を紹介

文:キャナ☆メン

 マーベラスは、6月18日に発売する3DS用RPG『ポポロクロイス牧場物語』について、主人公のピエトロ王子たちが訪れる“夏の大地・ズズール地方”の情報を公開した。

『ポポロクロイス牧場物語』

 “夏の大地・ズズール地方”では、“マウリシオ牧場”や“ズズール集落”、“ゾウン集落”といった場所に立ち寄ることになる。また本作では、各地を冒険してその土地の“妖精”を解放すると、ピエトロ王子たちの使用できる牧場が増える。以下に、ズズール地方にある各スポットの特徴や、そこで出会うキャラクターたち、妖精を解放すると使える“優しき地熱の牧場”の情報を紹介する。

■ズーモを愛する“マウリシオ牧場”

 突如現れた謎の怪物“黒獣”の脅威から世界を救うため、異国・ガラリランドへ向かったピエトロ王子は、色鮮やかな緑と水が太陽に照らされている夏の大地・ズズール地方を訪れる。

 そこにある“マウリシオ牧場”では、ズーモたちが原因不明の病で元気をなくし、牧場の人たちが困っている様子。ズーモを治療する薬を探しに出て行ったまま戻らない牧場主に代わり、ピエトロ王子たちは薬を探しに向うことになる。

『ポポロクロイス牧場物語』
▲ズーモ
『ポポロクロイス牧場物語』 『ポポロクロイス牧場物語』
▲マウリシオとは、牧場主の名前のこと。ここで働いている人に話を聞くと、ズーモが病で困っていることを耳にする。

■洞窟の中で人々が暮らす“ズズール集落”

 “マウリシオ牧場”の南、切り立つ崖にぽっかりと口を開けた洞窟の中には、夏の厳しい暑さを避けるように作られた“ズズール集落”がある。洞窟の中は日中も太陽の光が入らず、夜のように薄暗いため、ランプが灯っている。

『ポポロクロイス牧場物語』 『ポポロクロイス牧場物語』
▲洞窟の中に作られているため、常に夜のように暗い“ズズール集落”。何か頼み事をされているが、どんな内容だろうか?

■太陽と海のリゾート地“ゾウン集落”

 ズズール地方の集落の1つ“ゾウン集落”は、明るく陽気な人々が暮らす常夏のリゾートのような場所。小船が浮かぶ真っ青な海、そして楽しげな店が建ち並ぶ賑やかな町並みが、訪れる人たちを迎えてくれる。

『ポポロクロイス牧場物語』 『ポポロクロイス牧場物語』
▲マウリシオ牧場からミルクが届かないという話も。ズーモの病の影響は、牧場の外にも及んでいるようだ。

■ズズール地方で解放できる“優しき地熱の牧場”

 ズズール地方で妖精のロマリアを解放すると、“優しき地熱の牧場”という牧場を使用できるようになる。この牧場では、“ブーメランきゅうり”や“光スイカ”といった、夏の大地でしか育てることができない特殊な作物を収穫できる。

『ポポロクロイス牧場物語』 『ポポロクロイス牧場物語』

■夏の大地・ズズール地方のキャラクターを紹介

●ロマリア 声優:西原久美子

「やー、ありがとー、ありがとー! 妖精ロマリアだ! よろしくー!」

『ポポロクロイス牧場物語』
▲“優しき地熱の牧場”をつかさどる妖精。

●マウリシオ 声優:小林通孝

「おまえらが、助けてくれたんだな! いやー、ありがてえ!」

『ポポロクロイス牧場物語』
▲マウリシオ牧場の牧場主でマユリの父。ズーモへの愛情は誰よりも強い。

●マユリ 声優:福圓美里

「まあ……。少年たちの心にもズーモちゃんの魅力が伝わるなんて。ズーモちゃん、すごいわあ!」

『ポポロクロイス牧場物語』
▲ズーモへの愛は父親譲り。行方不明の父を心配している。

※画面は開発中のもの。
(C)Yohsuke Tamori (C)Yoshifumi Hashimoto(Marvelous Inc.) (C)2015 Marvelous Inc.

データ

▼『ポポロクロイス牧場物語』
■メーカー:マーベラス
■対応機種:3DS
■ジャンル:RPG
■発売日:2015年6月18日
■希望小売価格:5,980円+税

Amazon.co.jp で詳細を見る

関連記事

関連サイト

注目記事

アイコン別記事一覧

※クリックすると、ソートされた記事一覧に移動します。