News

2015年4月10日(金)

『タワー オブ アイオン』のマスターサービスでドキドキ体験! 新たに始まったPvPワールドで頂点を目指せ

文:くろあん

 4月1日を機に従来のサービスが基本無料のライブサービスへと変更され、さらにPvP特化のマスターサービス(こちらも基本無料!)も導入されて大幅なリニューアルを遂げたPC用MMORPG『タワー オブ アイオン』。本作の無料化を記念して多種多様なイベントやキャンペーンが開催されているので、過去にプレイしていた方や本作に興味を持っている方、そして新しく始めるオンラインゲームを探している方は、ぜひ『タワー オブ アイオン』の世界をのぞいてみてください!

『タワー オブ アイオン』

 前回の記事では2つのサービスの違いについて説明しましたが、今回はPvPやRvRといった熱い対人バトルを楽しむための環境が整えられたマスターサービスに焦点を当ててご紹介します。その前に、まずはライブサービスとマスターサービスの2つの違いについて、簡単におさらいしておきましょう!

『タワー オブ アイオン』

■ライブサービスとマスターサービスで2種類の『タワー オブ アイオン』が楽しめる!

●ライブサービス
 これまでの『タワー オブ アイオン』のすべてが引き継がれたサービス。最新のアップデートが逐次追加され、広大なフィールドでの冒険や、世界の謎に迫るストーリーが楽しめます。さらにハウジングといった生活要素など、『タワー オブ アイオン』のすべてを味わいつくすことが可能です。

『タワー オブ アイオン』 『タワー オブ アイオン』

●マスターサービス
 2009年10月当時の“エピソード1.5”をベースに、対人戦(PvP)や要塞戦(RvR)向けに調整を施したサービス。4月1日から新規に開設されたサーバーでプレイすることになるため、お互いに対等な条件で天族と魔族の新たな抗争が始まります!

『タワー オブ アイオン』
サービス種別 移動できるマップ レベル制限 キャラクターの育成 アップデート 要塞戦(PvP、RvR) プレイ料金 有料コンテンツ
ライブサービス すべての地域に移動可能 レベル65 レベルアップは早い 新しい地域追加などの大規模アップデートあり 複数箇所あり 2015年4月1日より無料化 あり
マスターサービス 天界、魔界、アビス レベル45 レベルアップが難しい 基本的に機能や一部コンテンツのアップデートのみ 一部地域のみあり 無料 あり

■マスターサービスにはこんな特徴が!

 マスターサービスは、前述した通りPvPのためにバランス調整がなされているため、もう一方のライブサービスとはまったく異なる特徴を持っています。その違いについて、ご説明しますネ。

●選択できる2次クラスは8種類
 マスターサービスで選択できる2次クラスは、ソードウイング、シールドウイング、シャドウウイング、ボウウイング、スペルウイング、スピリットウイング、キュアウイング、チャントウイングの8種類です。

 メカニックから派生するバレットウイングとギアウイング、アーティストから派生するメロディウイングは選択できません。

ソードマン
『タワー オブ アイオン』
▲ソードウィングとシールドウィングへ派生する1次職。
ストライダー
『タワー オブ アイオン』
▲シャドウウィングとボウウィングへ派生する1次職。
ウィザード
『タワー オブ アイオン』
▲スペルウィングとスピリットウィングへ派生する1次職。
クレリック
『タワー オブ アイオン』
▲キュアウィングとチャントウィングへ派生する1次職。

 それぞれ異なる特徴を持つ8種類の2次職ですが、他のクラスが持たない先鋭化された能力を備えているため、どれもPvPには欠かせません。また、マスターサービスにおけるレベルキャップは現在のところレベル45。成長に必要な時間はライブサービスより格段に多くなっており、およそ3倍近い時間が掛かるそうです。そのため、自分と近いレベルの仲間がたくさんいることになるので、焦らずじっくりと遊ぶのがオススメですネ。

『タワー オブ アイオン』
▲例えば、レベル21から22になるために必要な経験値は1249344となっています。ライブサーバーと比べて全体的に取得経験値が抑えられているので、キャラクターの成長はゆるやかです。

●移動できるエリアは天界・魔界・アビスのみ
 天族対魔族というPvPのコンテンツがメインとなっているので、移動できるエリアも天界、魔界、そして要塞戦が繰り広げられるアビスのみとなっています。龍界やマルクタン神殿、カイジネル神殿などには行くことができません。またレベルキャップに合わせ、ダンジョンもレベル45以下のものしか存在しません。

『タワー オブ アイオン』 『タワー オブ アイオン』
▲天族、魔族ともに、最初に訪れることになるであろうインスタンスダンジョン“ハラメル”。ソロプレイ専用なので、気軽に挑戦することができます。

●PvPは時空の亀裂とアビスがメインに!
 マスターサービスでは、ライブサービスで廃止された時空の亀裂が復活! 時空の亀裂とは、2時間ごとに特定の場所に突如ランダムで出現する時空の穴で、天界と魔界をダイレクトにつなぐワープ装置の役割を果たしています。血気盛んなプレイヤーはこの時空の亀裂を通って敵のエリアに潜入し、ゲリラ的にPvPを仕掛けることになります。

『タワー オブ アイオン』
▲普段は通ることができない時空の亀裂は、各種族のエリアにそれぞれ複数存在。2時間ごとにいずれかの亀裂がランダムで開いて、敵種族のエリアへと移動できるようになります。

 マスターサービスでは、この時空の亀裂を利用する際のペナルティがなくなり、気軽にPvPが行えるようになりました。また、潜入側のプレイヤーに“征服者”、潜入を防ぐ側のプレイヤーに“守護者”のポイントを付与する“征服者、守護者システム”が導入されています。これらのポイントが増加すると“征服者”と“守護者”のレベルが上がり、PvPに関する能力値がアップしていきます。

 なおプレイヤーの“階級”は、主にPvPでのみ獲得できるアビスポイントを基準に決定されます。階級を上げるためには、アビスでPvPを行い勝利することが近道となりますので、ライブサービス以上の激戦が繰り広げられることが予想されます。

『タワー オブ アイオン』
▲全エリアがPvPの対象地域となるアビス。レベル25以上で受けられる特別なクエストをクリアすることで、このエリアに来られるようになります。空中に浮かぶ島から島へは、飛行して移動することに!

 他にも、マスターサービスではすべてのアイテムがトレード可能になったり、取得スキルの調整などが行われていたりします。トレード不可のアイテムは包装紙スクロールで“包装”することで取引できるようになりますが、強化失敗時にはアイテム消失というリスクも! それでは、マスターサービスで実際にプレイした様子をご紹介しますネ。

■マスターサービスなら初心者でも仲間が見つかる!? 実際に遊んでみました!

 4月1日からスタートした『タワー オブ アイオン』のマスターサービスに、さっそく潜入してみましたヨ! 今回のプレイにあたって選択したのは、天族のソードマンです。

『タワー オブ アイオン』
▲キャラクターカスタマイズも『タワー オブ アイオン』の魅力です。今ならスタートダッシュで、好きな名前を取得できる……かも!?

 すべての天族プレイヤーが最初に訪れる地“ポエタ”。ちょこちょことクエストをこなし、モンスターを倒しながら先に進みます。まったりと時間が進む感じで、なんだか初めてMMORPGをプレイしたあの頃を思い出します……。

『タワー オブ アイオン』
▲ポエタは、初めて本作をプレイする人のためのチュートリアルの役目を果たす地域です。ここで、操作方法や各クラスの特徴などを覚えることに。
『タワー オブ アイオン』 『タワー オブ アイオン』
『タワー オブ アイオン』 『タワー オブ アイオン』
▲お使いや討伐だけでなく、いろいろと趣向を凝らしたクエストが用意されています。世界観を掘り下げるちょっとしたエピソードも楽しい!

 レベルアップはゆるやかになっているハズですが、序盤のクエストをこなしながらプレイを進めていく分には、それほど気にならない感じですネ。筆者は1日数時間のプレイで、だいたい3~4日ほど掛けてレベル20に到達できました。

『タワー オブ アイオン』
『タワー オブ アイオン』
▲特にレベル上げのための狩りをする必要もなく、まったりとクエストをこなしていくうちにレベル20になった感じです。最初の目標は、アビスに行けるようになるレベル25ですネ!

 全プレイヤーがレベル1からのスタートとなるので、“ノフサナ訓練所”のような低レベルのインスタントダンジョンでのパーティ募集も、かなり活発に行われていました。まずはPvPより、自分のレベル上げに集中しているプレイヤーが多いようです。レベルキャップが45ですので、今月中に最大レベルに到達してしまうコアなプレイヤーもそれなりに多いかもしれませんネ。

『タワー オブ アイオン』
▲訪れるあらゆる場所が、低レベルの冒険者たちでにぎわっています。一緒に遊ぶ仲間を見つけるなら今がチャンス!
『タワー オブ アイオン』
▲プレイヤー間でアイテムを売買する“取引所”をのぞいてみると、レベル30以上のアイテムはほとんど出品されていませんでした。でも、これからどんどん増えていきそうですね。

 熱いPvPのバトルも、もちろん行われていましたヨ! 時空の亀裂が出現すると、全体チャットで敵種族の出現報告が頻繁に飛び交い、血気盛んなプレイヤーが中心になって即座に討伐に向かっていました。そのあたりの対処や行動の早さは、さすがPvP特化サーバーといった感じです。

『タワー オブ アイオン』
▲魔族出現の報を受けて時空の亀裂付近に急行しましたが、すでに戦闘は終了した後でした……。
『タワー オブ アイオン』
▲アビスでの要塞戦も、小規模ながらすでに始まっています! お互いに、相手との力関係がまだ把握できていないので、手探り状態からのスタートです。
『タワー オブ アイオン』
▲やはりプレイヤー同士のバトルは通常の狩りと比べ、緊張感が段違いですネ。ずっとドキドキしっぱなしです!

 まだまだ始まって間もない『タワー オブ アイオン』のマスターサービス。現状ではレベル10~20台のプレイヤーが多く、みんなで一緒に育っていく感じが、まるでMMORPG黎明期のようです。個人的には、ちょっと懐かしさを感じてうれしくなってしまいました。これからプレイを始めても周りのプレイヤーに十分追いつけるので、オンラインRPGに興味がある方はぜひプレイしてみてくださいネ!

『タワー オブ アイオン』

The Tower of AION(TM) is a trademark of NCSOFT Corporation.
Copyright (C) 2009 NCSOFT Corporation.
NC Japan K.K. was granted by NCSOFT Corporation the right to publish, distribute and transmit The Tower of AION(TM) in Japan. All rights reserved.

データ

▼『タワー オブ アイオン』
■メーカー:エヌシージャパン
■対応機種:PC(対応OS:Windows XP/Vista/7)
■ジャンル:RPG(オンライン専用)
■正式サービス開始日:2009年7月17日
■プレイ料金:基本プレイ無料

関連サイト

注目記事

アイコン別記事一覧

※クリックすると、ソートされた記事一覧に移動します。