News

2015年4月17日(金)

『ゼノブレイドクロス』のドールの機体デザイン7種が公開。見た目をとるか、性能をとるか……

文:ゴロー

 Wii U用RPG『XenobladeX(ゼノブレイドクロス)』のドールに関する最新情報が公開された。

※画像はすべて公式サイトからキャプチャしたもの。

『XenobladeX(ゼノブレイドクロス)』
▲敵ドールと戦っているイメージイラストが公式サイトで公開されている。こちらはメカデザイン担当の鈴木康士さんが描いたものだ。

 その他、公式サイトで連載中のショートストーリー“24 Hour Happy People”が更新。今回のPART.4では、ドールの“とある事故”の責任を押し付けようとする、2人の言い争いから物語が始まっている。

『XenobladeX(ゼノブレイドクロス)』

■強大な敵と戦うブレイドの切り札・ドール

 ストーリーを進めると“ドールラインセンス認定試験”を受けられるようになり、合格することで惑星ミラの探索やバトルに役立つ兵器“ドール”を入手できる。

 ドールは、移動に便利な車両形態に変形できる他、“フライトパック”の開発に成功すると飛行形態にもなれる。行動できる範囲が大幅に広がるので、ぜひ入手して大空から各地を探索してみよう。

●『XenobladeX(ゼノブレイドクロス)』ドール紹介動画

 ドールは“ライトタイプ”“ミドルタイプ”“ヘビィタイプ”に分類され、それぞれのタイプの中に特徴の異なる数々の機種がある。

『XenobladeX(ゼノブレイドクロス)』

▽ドールの機種

・Formulaシリーズ……搭載ギア【JINRAI】
 ライトフレームをベースとした標準配備の機体。高速戦闘を得意とする軽量二輪型で、基本フレームはすべてのドールの基礎となっている。価格も手頃な入門機体。

『XenobladeX(ゼノブレイドクロス)』

・Urbanシリーズ……搭載ギア【OBORO】
 ライトフレームベースの都市配備型の機体。耐久性と格闘性能が高いが、装甲が強化されたぶん、機動性と稼働時間は落ちる。ビークル形態での操作性に優れる。

『XenobladeX(ゼノブレイドクロス)』

・Welsシリーズ……搭載ギア【HAGANE】
 ライトベースながらもミドルフレームクラスの出力を誇るカスタム機体。クセは強いが非常に高性能。同機開発時に専用開発された“G-BUSTER”をショルダーマウントに標準装備する。

『XenobladeX(ゼノブレイドクロス)』

・Lailahシリーズ……搭載ギア【NAGI】
 ミドルフレームベースのカスタム機体。機体重量は増加しているが、高い出力により機動性は損なわれておらず、ライトクラスの機動性をコンセプトとしている。同機開発時に専用開発された“F-Rifle”をショルダーマウントに標準装備する。

『XenobladeX(ゼノブレイドクロス)』

・Infernoシリーズ……搭載ギア【HIBANA】
 ミドルフレームベースのカスタム機体。主力機として開発され、生産配備数が多い。高い耐久性と、遠近バランスの取れた攻撃性能を持つ。同機開発時に専用開発された“B-Gatling”をショルダーマウントに標準装備する。

『XenobladeX(ゼノブレイドクロス)』

・Mastemaシリーズ……搭載ギア【GEKITETU】
 ヘビーフレームベースの多脚型機体。遠距離レンジでの戦闘に優れる反面、機体重量的に機動性に劣る。同機開発時に専用開発された“M-Sniper”をショルダーマウントに標準装備する。ビークル形態での操作性に難がある。

『XenobladeX(ゼノブレイドクロス)』

・Amdusiasシリーズ……搭載ギア【KURENAI】
 ヘビーフレームベースの装軌型機体。格闘レンジ重視で設計されるため近接戦闘に優れている。全ドールの中で最も高い耐久性と格闘力を誇るが、値段が高く入手しづらい。同機開発時に専用開発された“E-Scythe”をショルダーマウントに標準装備する。

『XenobladeX(ゼノブレイドクロス)』

■ドールを使ったバトルのポイント

 ドールを使用したバトルでは、両手に装備したハンドウェポンでオートアタックを行い、その他の部位に装備した武器で最大8つのアーツを放っていく。

 下の動画は、原生生物との戦いをドール視点で収録したもの。生身でいる仲間と比べて、ドールの与えるダメージがケタ違いに大きいのがわかる。

●『XenobladeX(ゼノブレイドクロス)』ドールバトル動画

▽アーツ

・バックウェポン(左右)
 レールガン、ミサイル、グレネードランチャーなど、高威力のアーツを放つ。

・ショルダーウェポン(左右)
 ミサイル、チェインガン、レーザー兵器など、バックウェポン以上に強力なアーツを使える。

・アームウェポン(左右)
 シールドやバルカンなど、補助的なアーツ効果を持つものが多くある。

・スペアウェポン(左右)
 ビームサーベルやハンドグレネードなどリキャストタイムが短いのが特徴だ。

『XenobladeX(ゼノブレイドクロス)』

▽オーバークロックギア

 生身での戦闘と同様、TPを3000消費すれば“オーバークロックギア”を発動できる。オーバークロックギア発動中は燃料を消費せず、アーツを打ち放題だ。

▽コックピットモード

 アーツを使っていると、一定の確率で“コックピットモード”になる。この時、すべてのアーツのリキャストが溜まり、すぐに再使用できる。

『XenobladeX(ゼノブレイドクロス)』

▽キャッチ

 敵を“崩し”状態にした後は、“キャッチ”を行って一定時間敵を拘束できる。攻撃が確実に命中するうえにダメージアップ効果もあるので、積極的に狙っていきたい。

『XenobladeX(ゼノブレイドクロス)』

▽DollFuel

 飛行形態でいる時とアーツを使った時に、ドールは燃料を消費する。燃料はドールから降りると少しずつ回復する他、ニューロサンゼルスで燃料補給することもできる。

『XenobladeX(ゼノブレイドクロス)』

■ドールのカスタマイズ

 ブレイドホームにあるコンソールでは、ドールの装備変更、ネーミング変更、カラーリング変更など、ドールの管理・カスタマイズを行える。

●『XenobladeX(ゼノブレイドクロス)』ドールカスタマイズ動画

 公式サイトでは、開発スタッフがカスタマイズした複数のドールがコメント付きで掲載されている。多彩なカスタマイズパターンから、お気に入りのパーツを探してみては?

『XenobladeX(ゼノブレイドクロス)』
『XenobladeX(ゼノブレイドクロス)』

(C) 2015 Nintendo / MONOLITHSOFT

データ

▼『ゼノブレイドクロス』
■メーカー:任天堂
■開発:モノリスソフト
■対応機種:Wii U
■ジャンル:RPG
■発売日:2015年4月29日
■希望小売価格:7,700円+税

Amazon.co.jp で詳細を見る

▼『ゼノブレイドクロス(ダウンロード版)』
■メーカー:任天堂
■開発:モノリスソフト
■対応機種:Wii U
■ジャンル:RPG
■配信日:2015年4月29日
■価格:7,700円+税

関連記事

関連サイト

注目記事

アイコン別記事一覧

※クリックすると、ソートされた記事一覧に移動します。