News

2015年4月19日(日)

『アーマード・コア』シリーズ待望のタンク型機体が立体化! 機体全長22cmの圧倒的存在感

文:たけのこ

 コトブキヤは、プラモデル『アーマード・コアV ヴァリアブル.インフィニティ.(ACV V.I.)』シリーズの最新作として、『MATSUKAZE mdl.2 拠点防衛仕様』を8月に発売します。価格は18,800円+税。

『MATSUKAZE mdl.2 拠点防衛仕様』

 本製品は、『ACV V.I.』シリーズで初となるタンク型機体のプラモデル。新規造形となる頭部と脚部は、作中同様の高密度感が再現されており、その機体全長は22cmにおよびます。履帯パーツに軟質性のプラ素材を採用し、リアルな質感と組み立てやすさが両立しているとのこと。

 オートキャノン“AM/ACA-127”×2個、オーバード・ウェポンの接続に対応した専用アタッチメント、『V.I.』シリーズ以外のコアパーツが接続可能になるアタッチメントパーツが付属。砲身部は折り畳みギミックがあり、パーツ差し替えで“SHOULDER UNIT”使用時の形態も再現できます。

 また、頭部/コア/腕部/脚部の各部位は組み換えができ、他の『ACV V.I.』シリーズの機体と組み合わせてさまざまなカスタマイズを楽しめます。なお、脚部を除き、『ACV V.I.』シリーズ以外の『V.I.』シリーズとの互換性はないそうです。

『MATSUKAZE mdl.2 拠点防衛仕様』
『MATSUKAZE mdl.2 拠点防衛仕様』
『MATSUKAZE mdl.2 拠点防衛仕様』
『MATSUKAZE mdl.2 拠点防衛仕様』
『MATSUKAZE mdl.2 拠点防衛仕様』
『MATSUKAZE mdl.2 拠点防衛仕様』

 コトブキヤ直営店(秋葉原館/大阪日本橋/オンラインショップ)で購入すると、特典としてサンドカラーのハングドマン頭部と脚部を再現できる“アペンドパーツ”を入手できます。

『MATSUKAZE mdl.2 拠点防衛仕様』

■商品概要

【商品名】
『MATSUKAZE mdl.2 拠点防衛仕様』

【商品サイズ】
1/72スケール、約220mm

【販売価格】
18,800円+税

【発売日】
2015年8月

(C)2015 BANDAI NAMCO Entertainment Inc. / (C)1997-2013 FromSoftware, Inc. All rights rserved.

関連サイト

注目記事

アイコン別記事一覧

※クリックすると、ソートされた記事一覧に移動します。