News

2015年4月21日(火)

MSXの『グラディウス』シリーズ最終作『ゴーファーの野望・エピソードII』がプロジェクトEGGで配信

文:キャナ☆メン

 D4エンタープライズは、同社が運営するレトロゲーム配信サービス“プロジェクトEGG”で、本日4月21日から『ゴーファーの野望・エピソードII(MSX版)』を配信している。価格は500円+税。なお、プロジェクトEGGのゲームを遊ぶには、月額会員登録が必要となる。

『ゴーファーの野望・エピソードII』

 本タイトルは、KONAMIから1989年に発売されたシューティングゲームで、『グラディウス』シリーズに連なる1作。プレイヤーは主人公ディヴィッド・バートンとなり、バクテリアンの野望を阻止するため、亜空間戦闘機“ヴィクセン”を操縦して全10のステージに挑むことになる。

 最大の特徴は、ゲーム開始時のウェポンセレクトと、各ステージに隠された追加ウェポンを発見し、ウェポンゲージをパワーアップさせるパワーアップゲージの拡張システム。この2つのシステムにより、プレイヤーは数ある『グラディウス』シリーズでも最多を誇る武装を使用してゲームをプレイできる。

『ゴーファーの野望・エピソードII』 『ゴーファーの野望・エピソードII』

 MSXの『グラディウス』シリーズ最後の作品として、ハード性能の限界に挑戦した本作。シューティングゲームファンや『グラディウス』シリーズファンは、ぜひ遊んでみては?

●あらすじ

 グラディウス暦6718年、ラーズ18世(ジェイムス・バートン)死去。享年77歳。翌年、その数々の偉業を後世に伝えるべく、ジェイムスの丘造成。

 グラディウス暦6790年、ディヴィッド・バートン誕生。ジェイムス・バートンの直系子孫である彼もまた、強力なリーク・パワーの持ち主である。

 19年後、6809年。亜空間戦闘機“ヴィクセン”が完成。かねてより切望されていたバクテリアンの本拠地である亜空間への入り口がこれで開かれたのである。パイロットは、ディヴィッド・バートンその人である。

 亜空間。ヴィクセンに搭載されているA.I.C.〔ARTIFICIAL INTELLIGENCE COMPUTER〕“ガウディ”のソナーが異常をキャッチ。バクテリアン軍が時空超越装置で過去へ向かっていた。バクテリアンの目的は、幼少のジェイムス・バートンを抹殺し、その後の歴史を変えてしまおうというものだった。ヴィクセンの亜空間航法とブラックホール・パワーを使い、あとを追うディヴィッド。バクテリアンの野望を阻止できるのか? そして、再び現在への帰還は……?

『ゴーファーの野望・エピソードII(MSX版)』概要
【ジャンル】シューティング
【メーカー】KONAMI
【配信日】2015年4月21日
【価格】500円+税

(C)Konami Digital Entertainment
(C)2015 D4Enterprise Co.,Ltd.
(C)2015 MSX Licensing Corporation All Rights Reserved.
'MSX' is a trademark of the MSX Licensing Corporation.

関連記事

関連サイト

注目記事

アイコン別記事一覧

※クリックすると、ソートされた記事一覧に移動します。